「09 絶対的一方通行」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

09 絶対的一方通行」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #right(){【登録タグ:&tags()】}
 
 #inc(Script/track)
 #divid(track_args){
 |album=[[廻]]
 |circle=[[凋叶棕]]
 |vocal=めらみぽっぷ
 |lyric=RD-Sounds
 |arrange=RD-Sounds
 |original=夜が降りてくる ~ Evening Star;ネクロファンタジア
 }
 #divid(lyrics){
 子供の頃に
 少し無茶をして
 
 通りがかった道すがら
 
 始まったちいさな冒険を
 覚えているかしらね
 
 意気揚々の出だしも
 段々と勢いを失い
 
 しまいには迷子になって
 
 立ち尽くしたこの景色を
 覚えているかしらね
 
 さぞかし心細かったでしょうね
 
 綻びを見る度に
 心の何処かで思い出しなさい
 どうしようもない程
 世界は理不尽に塗れている事を
 
 見るな。来るな。
 知るな。渡るな。
 
 それ以上こちらに歩みを進めるな。
 
 聞くな。寄るな。
 &ruby(わか){理解}るな。探るな。
 
 手に入れる価値のあるものなどどこにある。
 
 変わりきってからしか気付けはしないのだ
 後戻りなど出来ない事に
 
 夜が覆い隠す
 非常識のその裏側を覗き見てはいけない
 
 ありのままの世界を
 今貴女が立たされているところの何たるかを察せよ
 
 そうして、大人しく、何も知らずに、ただ夜に怯えていれば良かったのに
 
 
 どうしようもない程
 世界は幻想に塗れているのだと
 
 当たり前の世界が崩れ去る
 忘れられた世界が&ruby(あらわ){顕現}れる
 その全てを何よりも
 美しいと思ってしまったから
 
 …囚われたのだ。
 
 
 見るな。来るな。
 知るな。渡るな。
 
 あまりにも絶対的な“とおりゃんせ”に背も向けず
 
 聞くな。寄るな。
 &ruby(わか){理解}るな。探るな。
 
 行きはよくても帰りはもう&ruby(こちらがわ){幻想入り}。
 
 どうか赦して欲しいと
 置き去りにした貴女の姿に乞うこともできずに
 
 非可逆世紀への一方通行
 通れば取り返しはつかない
-…私の様に。
+…&ruby(あなた){私}ももはや
 
 戻ろうとすることさえ
 出来ないのだと気付いた時には
 全てが遅すぎた
 
 もはや なにもかも なにもかも ああ!
 }
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。