「01 真実の詩」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

01 真実の詩」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #right(){【登録タグ:&tags()】}
 
 #inc(Script/track)
 #divid(track_args){
 |title=空飛ぶ巫女の不思議なくらい理不尽な毎日
 |album=[[騙]]
 |circle=[[凋叶棕]]
 |vocal=めらみぽっぷ
 |lyric=RD-Sounds
 |arrange=RD-Sounds
 |original=童祭 ~ Innocent Treasures;Endless
-|media=
+|media=sm24226274;sm24313149
 }
 #divid(lyrics){
 ―ぼくを見つめて、何もいわない、この人は。
 困っているようで、哀しいようで、怒っているようで、泣いているような、-とても難しい顔をしていたけど。
 ぼくは、言ってやったんだ。だいじょうぶだって。みんな、そう言っていたから。
 信じることは素敵なんだ―
 
 ―ぼくは、知らなかった。
 
 たった一つ、「大事なもの」が、
 もし、在るならば、いったい何を選べばいいんだろう?
 答えを求めて、家にも帰らず、探し歩いた。
 
 ―そうしていつかぼくは、あの人に出会ったんだ。
 
 輝くような笑顔とともに告げられた「答え」
 絶対の自信を帯びた、その、金の瞳。
 
 
 「それは、ただ、簡単なのさ。
 “人を信じて生きてゆけ”
 それ以外に大事なものなど、あるはずないぜ」と、力強く。
 
 夢がある、現と共に。
 互いに手を取りながら。
 
 ぼくはその目で、聞いていたんだ。
 その口が、奏でる言葉、真実の詩を。
 
 
 ぼくらが、&ruby(歩く){歩いていく}この道が、
 歪んでなど、いないように。
 
 真実はきっと、そう。
 ただ、まっすぐに、続いているのか。
 
 
 ―ぼくは、わからなかった。
 
 たった一つ「大事なもの」は
 人によって、それぞれ違っているんじゃないかと。
 答えを求めて、更なる道を、探し歩いた。
 
 ―&ruby(そうしていつかぼくは){そうしてぼくは}、あの人たちに出会ったんだ。
 
 ぼくが受け取った答えは、遍く通じていた。
 結局全てはあの人と同じ「信じること」
 
 「人を信じ、生きてゆけ」と。
 「人の言葉を信じよ」と。
 「大事なものがそばにおわすから、力の限り信じなさい」と。
 「信じられるものこそを、自らの手で選び取れ」と。
 「ただ、己の正義を信じよ」と。
 
 さぁ、もう疑うことはない。
 真実の詩を唄おう。
 
 
 最後に出逢ったあなたは、何も言わずにいたけれど、
 その深い&ruby(め){瞳}はぼくをまっすぐ射抜いていた。
 
 …もしかして、泣いているの?
 何が悲しくて、泣いているの?
 ぼくのことを探していたと、その様子からわかったけど、
 
 ぼくはもう、迷わないよ。
 胸に宿したこの光。
 真実の詩、遠く響けよ。
 
 そうして幾千里を照らす標となれ。
 ぼくらが、歩いていく、この道を、まっすぐに。
 }
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。