※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「円環時間」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

円環時間」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+**《円環時間》
+>No.276 Command <[[第四弾]]>
+>NODE(0)/COST(0)
+>効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
+>発動期間:瞬間
+>
+> 〔このカード〕はあなたのノードが相手プレイヤーのノードより2枚以上少なくなければプレイできない。目標の〔ノード1枚〕を破棄する。
+>
+>&italic(){「ちょっとは引かないと、痛い目に合うわよ」}
+>
+>Illustration:[[香水草]]
+----
+***コメント
+コマンドカードでのノード破棄を行えるカード。
+使用制限として「相手より2枚以上ノードが少ない」ことが条件。
+ノードロックカードでありながら、ノードロック対策としても機能するという特殊なカード。
 
+[[仙符『鳳凰卵』]]の互換カードであり、現環境で「先攻1ターン目の[[マナの生成]]」に唯一対抗出来るカードである。
+他にも[[葉符『狂いの落葉』]]や[[兎角同盟]]などのノード加速を若干抑制する意味も持ち、何よりコスト0という点がノード数でアドバンテージを取りたいノードロックでは非常にありがたいカードとなる。
+逆に、ある程度ノードを拘束する事が出来た後では腐るばかりであり、序盤で引けなかった場合を考慮すれば安易な採用は躊躇われる。
+
+前述の通り、ノードロックされた際の対策カードとしても機能する。
+一方的にノードを減らされた時、このカードでその差を縮める事が出来るからだ。
+
+いずれの場合でも使用タイミングには注意。一度プレイされたカードは、例え解決時にノードが足りなくてもそれが無効になる事は無いからだ。
+例えば通常のノードセットと[[マナの生成]]でノード2に増やされ(いずれもノードが増えるのは解決時なのでこの時点では使えない)、[[サニーミルク]]をプレイされてしまえばいくらこのカードでノードを削っても手遅れであり、こうなると間に何らかの行動が挟まれない限りこのカードでノードを削るタイミングは存在しない事になる。
+(参照:[[優先権]])
+
+-逆に言えば、解決時にコストを必要とするカードに干渉で撃てば効果を不発にする事が出来るかもしれない、という事でもある。そのような状況は稀だろうが、覚えておいて損は無いはず
+----
+***関連
+-[[第四弾]]
+-[[Revision Package]]
+----