ヒーロー あらすじ・レビュー

「ヒーロー あらすじ・レビュー」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ヒーロー あらすじ・レビュー」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

#region(第一期) 世界観:変身ヒーロー、異能者が街で悪を裁いたり逆に悪となったり…そんな話。 舞台:架空の大都市 時は現代、所は日本の架空都市…… この国は今、異能者・超能力者・超科学の力の坩堝と化していた! 降って湧いた異能を思うがままに振るう犯罪者、ヴィラン。ヴィランに鉄槌を下し平和を守る異能者狩りの異能者、ヒーロー。 麗源新貴はヒーローを名乗りながら今ひとつ正義へ踏み出せないコンプレックスを持つニート。 真性道程はヴィランを名乗りながら今ひとつ犯罪へ踏み出せないコンプレックスを持つ無職。 己の在り方に疑問を持つ彼らは、とある金持ちのパーティ会場に展示されているという宝石・ブラックダイヤを巡って共同戦線を組む。 一癖も二癖もある異能者達を軸にした暴力と能力の渦中、正義と悪の一晩限りの狂騒劇は今夜も幕を上げる――――! 異能者達のひたすら痛快な能力バトルを軽快なテンポで転がす序盤と、レイゲンや道程の存在で物語の主軸が見えてきた中盤から。 [[三浦]]のデビュースレでもあり、魅力的なキャラクター達が右往左往するシナリオとして評価が高い。 [[コクハ]]さんが大暴れしたスレでもある #endregion #region(第二期) 8 名前:真性 ◆8SWM8niap6 [sage] 投稿日:2010/03/29(月) 04:46:06 0 ここで唐突に前回までのあらすじッ!! スティール邸から無事ブラックダイヤモンドを盗み出し逃げおおせた俺こと真性道程は引き篭っていたッ! あれから数日が経過したが依然黒ゴスからの連絡はなくッ!ダイヤが降ったあの日から街の治安が異常に悪化したので おうちで大人しくしていた方が得策という結論に至ったのだったッ!!どうなる俺!どうすんの俺!? 引き篭っていた真性道程の元に彼の師匠・黒ゴスから新たなご下命が届いた。 スティール邸にて捕縛されたヴィランを救出すべく異能者収容施設『矯正所』に乗り込む真性達。 意気込む彼らに声をかけたのは、レギン・マサイドと名乗る巨大な老人だった……。 目的なくバトルを繰り返していた第一期とは打って変わって『矯正所』を舞台にした攻城戦と救出劇の第二期。 ヌルい遠足程度のシナリオかと思いきや、[[ガチャピン]]ことレギンの策略により衝撃に次ぐ衝撃の展開! 激アツのラストバトルとその決着、そして前代未聞のエンディングは必見! #endregion #region(第三期) 『悪い』とは何ぞや? という問いに対して、多くの人々は『ただしくないこと』と答えるだろう。 法や倫理や道徳があって、そこから逸脱した者が悪者。ヴィラン。アウトロー。 それはすなわち『正義の敵』。物語の中の悪役は、得てしてヒーローの怒りを買って滅ぼされる。 おどろいたことに『悪』という概念は受動的だ。その存在の大前提に『正義』からの離反があり逸脱がある。 対して正義もまた悪に対して受身だ。存在しないヴィランを殴りにいくヒーローなんか存在しない。 振り上げた正義という名の拳を打ち下ろす悪がなければ、そもそもの存在意義が瓦解してしまう。 結局正義を名乗る者は、『目の前の敵が悪だ』という理論で武装しなければ何も立ちいかなくなってしまうのだ。 じゃあ『悪にとっての敵』ってなんだ? 『自分と対立する存在』が『悪』ならば、一体物語の悪役は何に滅ぼされるというのだろうか。 矯正所の事件で投獄された真性道程。事件の傷痕は未だ癒えず鬱々とした毎日を繰り返す彼の元に一人の男が訪ねてくる。 彼の名乗った所属組織は革命結社『フラタニティ』。アウトローの間で伝説にまでなった真性のネームバリューを求めての勧誘だった。 脱獄しフラタニティに参入した真性は、展覧会襲撃やメタルボーガー強奪を経て、地元高校をテロリストとして占拠する暴挙に出る……! 大量の新規参入者を迎えて始まった第三期。『正義』と『悪』の根源に迫るテーマでヒーローとヴィランの決着に動く。 しかしながらたくさんいた新規はほぼ全員がFOし、最終的に童貞と[[ミドリマ>三浦]]の殴り合い大舌戦という流れに。 お互い中の人の意地が見え隠れする一歩も引かない論戦ののち、ミドリマが一方的に説教して退場。 女子高生にビンタされて叱られる無職という意味不明な状況のままクライマックスへ移行し、色々消化不良のまま終了した。 #endregion #back(left,hr)
#region(第一期) 世界観:変身ヒーロー、異能者が街で悪を裁いたり逆に悪となったり…そんな話。 舞台:架空の大都市 時は現代、所は日本の架空都市…… この国は今、異能者・超能力者・超科学の力の坩堝と化していた! 降って湧いた異能を思うがままに振るう犯罪者、ヴィラン。ヴィランに鉄槌を下し平和を守る異能者狩りの異能者、ヒーロー。 麗源新貴はヒーローを名乗りながら今ひとつ正義へ踏み出せないコンプレックスを持つニート。 真性道程はヴィランを名乗りながら今ひとつ犯罪へ踏み出せないコンプレックスを持つ無職。 己の在り方に疑問を持つ彼らは、とある金持ちのパーティ会場に展示されているという宝石・ブラックダイヤを巡って共同戦線を組む。 一癖も二癖もある異能者達を軸にした暴力と能力の渦中、正義と悪の一晩限りの狂騒劇は今夜も幕を上げる――――! 異能者達のひたすら痛快な能力バトルを軽快なテンポで転がす序盤と、レイゲンや道程の存在で物語の主軸が見えてきた中盤から。 [[三浦]]のデビュースレでもあり、魅力的なキャラクター達が右往左往するシナリオとして評価が高い。 [[コクハ]]さんが大暴れしたスレでもある #endregion #region(第二期) 8 名前:真性 ◆8SWM8niap6 [sage] 投稿日:2010/03/29(月) 04:46:06 0 ここで唐突に前回までのあらすじッ!! スティール邸から無事ブラックダイヤモンドを盗み出し逃げおおせた俺こと真性道程は引き篭っていたッ! あれから数日が経過したが依然黒ゴスからの連絡はなくッ!ダイヤが降ったあの日から街の治安が異常に悪化したので おうちで大人しくしていた方が得策という結論に至ったのだったッ!!どうなる俺!どうすんの俺!? 引き篭っていた真性道程の元に彼の師匠・黒ゴスから新たなご下命が届いた。 スティール邸にて捕縛されたヴィランを救出すべく異能者収容施設『矯正所』に乗り込む真性達。 意気込む彼らに声をかけたのは、レギン・マサイドと名乗る巨大な老人だった……。 目的なくバトルを繰り返していた第一期とは打って変わって『矯正所』を舞台にした攻城戦と救出劇の第二期。 ヌルい遠足程度のシナリオかと思いきや、[[ガチャピン]]ことレギンの策略により衝撃に次ぐ衝撃の展開! 激アツのラストバトルとその決着、そして前代未聞のエンディングは必見! #endregion #region(第三期) 『悪い』とは何ぞや? という問いに対して、多くの人々は『ただしくないこと』と答えるだろう。 法や倫理や道徳があって、そこから逸脱した者が悪者。ヴィラン。アウトロー。 それはすなわち『正義の敵』。物語の中の悪役は、得てしてヒーローの怒りを買って滅ぼされる。 おどろいたことに『悪』という概念は受動的だ。その存在の大前提に『正義』からの離反があり逸脱がある。 対して正義もまた悪に対して受身だ。存在しないヴィランを殴りにいくヒーローなんか存在しない。 振り上げた正義という名の拳を打ち下ろす悪がなければ、そもそもの存在意義が瓦解してしまう。 結局正義を名乗る者は、『目の前の敵が悪だ』という理論で武装しなければ何も立ちいかなくなってしまうのだ。 じゃあ『悪にとっての敵』ってなんだ? 『自分と対立する存在』が『悪』ならば、一体物語の悪役は何に滅ぼされるというのだろうか。 矯正所の事件で投獄された真性道程。事件の傷痕は未だ癒えず鬱々とした毎日を繰り返す彼の元に一人の男が訪ねてくる。 彼の名乗った所属組織は革命結社『フラタニティ』。アウトローの間で伝説にまでなった真性のネームバリューを求めての勧誘だった。 脱獄しフラタニティに参入した真性は、展覧会襲撃やメタルボーガー強奪を経て、地元高校をテロリストとして占拠する暴挙に出る……! 大量の新規参入者を迎えて始まった第三期。『正義』と『悪』の根源に迫るテーマでヒーローとヴィランの決着に動く。 しかしながらたくさんいた新規はほぼ全員がFOし、最終的に童貞と[[ミドリマ>三浦]]の殴り合い大舌戦という流れに。 お互い中の人の意地が見え隠れする一歩も引かない論戦ののち、ミドリマが一方的に説教して退場。 女子高生にビンタされて叱られる無職という意味不明な状況のままクライマックスへ移行し、色々消化不良のまま終了した。 #endregion #back(left,hr)

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: