「時羽めぐる」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

時羽めぐる - (2012/01/30 (月) 21:15:09) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

--注意!このページは物語の核心に繋がる設定、言わばネタバレが含まれています
--時羽めぐる(ときわ めぐる)
-#image(http://fusigina.sakura.ne.jp/bouken/src/1317824151119.jpg)
--キュアラピス(先代)
-&ref(elderlapis.jpg)
--プリキュアであることには積極的ではなかった
--時魔龍との最終決戦時に起きた友人であるキュアガーネットの死を”やりなおす”ために[[時魔龍]]と融合し時間をループさせた
--現在は[[テイカーン・ベル]]となっている
--誕生日が偶然、[[久遠路あすみ]]・[[加古川紡(先代)]]と同日であり(クリスマス前後)、時魔龍を倒したら一緒に誕生日を祝おうと約束していた。テイカーン・ベルがハッピーバースデイの歌を口ずさんでいるのはこのため
--両親は共働きであり、幼少時から一人で過ごす事が多かった
--その為かあすみや紡(先代)に対して深く依存していたらしく、その事が結果として時間ループを生み出す原因となってしまう
+-&sizex(5){&bold(){時羽めぐる(ときわ めぐる)}}
+&ref(めぐる.jpg)
+-&sizex(5){&bold(){キュアラピス(先代)}}
+&ref(先代ラピス.jpg)&ref(先代ラピス2.jpg)
+・クールな14歳
+・コンビニ通いが日課
+>身長 約154cm(あゆむとほぼ同じ)
+>誕生日 12月26日
+-3人のたまり場は
+・通学路途中の公園(主に買い食い時に立ち寄る)
+・あすみが丘の高台
+・時計塔の小部屋
+
+・プリキュアであることには積極的ではなかったが、戦闘センスは抜群
+・体に纏ったリボンを武器のように使う事も可能
+・変身後はクロノキャリバーまで使う事ができる(それ以降のアイテムはあゆむ達のみ)
+・(逆に言うとキャリバー一本で十分な強さだったと言う事である)
+
+・必殺技は&color(red){「アズライト・フラッシュ」}
+・リボンで円を描き、光の時計盤を打ち出す
+
+----
+*&color(red){※以下ネタバレあり}
+>時魔龍との最終決戦時に起きた友人であるキュアガーネットの死を”やりなおす”ために
+>瀕死の時魔龍と融合し[[テイカーン・ベル]]となり、時間のループを生み出した
+・誕生日が偶然、[[久遠路あすみ]]と同日であり、時魔龍を倒したら一緒に誕生日を祝おうと約束していた。
+・テイカーン・ベルがハッピーバースデイの歌を口ずさんでいるのはこのため
+・両親は共働きであり、幼少時から一人で過ごす事が多かった
+・その為かあすみや紡(先代)に対して深く依存していたらしく、その事が結果として時間ループを生み出す原因となってしまう
 
 **めぐるについての案、意見等
 -この子はあれだな
 -自分が周囲から孤立してたから同様に周囲と距離とっていた紡に親近感と興味を持って
 -彼女がプリキュアであることに気づいたのかも
 -そうかもしれないな…
 -めぐるの寂しさや友人に対する思いがループの根っこにある以上あゆむ達はそれを癒す…というか
 -閉じこもっためぐるを引っ張り上げてやる必要が有るんだと思う
 -根は真面目なのかも
 -内心の寂しさを上手く表現出来ない、或いは無意識にそれを押し込めてしまうのかも知れないですね
 -表現が下手な子、内に感情が篭りやすい
 -責任感についてはプリキュアというつながりを無くしたくないという逼迫感もあるのかもしれません
 
 -考えようによっては今のめぐるはベル人間態とも言うべき姿なのでベルと髪の色は同じで良いかもしれないなあ 
 -ああ今のめぐるは青白い髪でまともなめぐるに戻ったら紺色系ってことかな?
 -それも演出として面白いな
 -そんな感じで回想とかに出てくるめぐるは紺色の髪普段居る時は明るい色で
 
 -ループ前の1話では紡が独りで戦ってるところに
 -あゆむとめぐる二人がいてめぐるが先にキュアリオに手を伸ばしたってのが使えるかも
 -つまり先代プリキュア3人だけでなくあゆむもループ前にかかわっていたような
+
+・めぐるの両親がそう家を空けてるって、結構でかい病院の主任医師みたいなのだったりするかな
+・個人的には普通のリーマン夫婦が良いかな―2人ともめぐるを心配しつつも仕事が中心になっちゃってる様なのが良いな 
+・両親が共働きなら忙しいと2人とも留守になるから、そんな感じなのかな 
+・娘に無関心くらいな方がいいような気もするな。めぐるの性格考えると 
+・無関心だと可哀想な気もするけど、確かにあの性格だとそれに近い位かな
+・細かく描写しなければそれでも大丈夫なはず 
+----