※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「時見町」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

時見町 - (2013/05/06 (月) 10:32:44) のソース

*時見町(ときみちょう)
・あゆむ達の住む町
>・城下町だった名残で古びた建造物が多く残る東地区
>・あゆむたちの住むニュータウンや学園がある西地区
>・駅ビルなどの商業施設が立ち並ぶ南地区
>・緑豊かな森と広大な牧場の広がる北地区
の4つのブロックに分かれている
・上空から見ると時計状の形をしている
・町の中央には[[時ノ音学園]]があり、学園内にある時計塔の鐘の音は時報にもなっている
----
*時見町にある建物など
・あゆむ家
>新興住宅街の一角にある
>洋風で2階建てあゆむの部屋は2階
・紡家
>由緒ある大きな日本屋敷
>3人の家の中では学園に一番近い(一番遠いのははるか?)一本道に並んでる
・はるか家
>時見神社の裏手にある小屋
>家の周囲には食べられる草やきのこが生えている、秋にはマツタケも
>かつてカツ代婆さんが住んでいた
・美味華楼(うまかろう)
>あゆむの祖父団十郎が構える中華料理店
>調理場の床は一段高くなっている
>旧市街の商店街にあり、そばには立派な木が生えた場所がある
>隣は豆腐屋
>定番メニューは麻婆豆腐、野菜タンメン、五目炒飯など
・時見神社
>町外れにあり、境内には神様の絵と大きなご神体の岩がある
>岩の中には精霊石が眠っていた
>裏の小屋にははるかが住んでいる
>昔からこの場所に(千歳がいた時代にも)あった
>時見町には他にも神社がいくつかある
.ギャラリーASA
>紡の母麻子が店頭を勤める宝石店
>経営者は紡の父清隆
・駅
学園の正面の大通りの先にある
・ショッピングモール
本屋、病院など沢山の店がある
・保育園、幼稚園
11、20話に登場
やんちゃ坊主がいっぱい
・プール
第24話に登場
ウォータースライダーがウリ
・公園
通学路上にある公園
あゆむ達がよくたむろする
・めぐるの家
第44話に登場
現在はめぐるはいなかったものとして
めぐるの両親だけが住んでいる
・コンビニ
めぐるがよく弁当を買いに行っていたコンビニ(今でも?)
・琥珀の間
第13話に登場
教授が若かりし頃辿り着いた地底の大空洞
貴重な化石や原石、そしてアンバーの精霊石が眠っている

・まきば(MAKIBA)
>ロッジ風のカフェで学校のそばにある
>あゆむ達のたまり場の一つで9話から登場
>店長は鷹野先輩の親戚のおじさんで
>家族と一緒に牧場とかけもちで経営している
>(先輩や先輩の父親も時々手伝っている)
>北地区にあり鷹野先輩の牧場から
>絞りたてミルクやチーズなどの材料を直送しているためメニューの味は絶品