※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ブータ(ただの猫)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ブータ(ただの猫)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+うぬ作成
+
 *部品構造
 
 -大部品: ブータ(ただの猫) RD:5 評価値:3
 --大部品: 出会い RD:2 評価値:1
 ---部品: ついて来た大猫
 ---部品: 名付け
 --大部品: 外見的特徴 RD:3 評価値:2
 ---部品: 縞模様
 ---部品: 大猫
 ---部品: 赤いベスト
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: ついて来た大猫
 一歩踏み出すと、続く小さな足音。ふと振り返ると、そこには大猫が一匹が佇んでいる。こちらを見て「にゃー」と一言鳴くと距離を詰めて来て、足元にスリスリ。猫は大好きだが、このまま連れて帰るのもなぁ……と悩んでいるうちにそのまま連れて帰って来てしまった。
 
 **部品: 名付け
 立派なからだ。長い尻尾に、眠たげな顔。なんだか見覚えがあるなぁ、と思いつつ、あのブータニアス・ヌマ・ブフリコラ様が浮かんだ。恐れ多くはあるが、試しに「ブータ」と呼んでみる。大猫は耳をピクピクさせて「にゃん」と返事をした。よし、今日から君はブータだ。
 
 **部品: 縞模様
 茶色と白のツートンカラーに映えるこげ茶の縞模様がとっても可愛い。おでこにあるV字の模様がチャームポイント
 
 **部品: 大猫
 文字通りの大猫。尻尾まで含めると1メートルはありそうな立派な体とフワフワの長毛は見事である。抱き上げると少しよろける。出会った時よりも触ると余計にブニブニするようになってしまった気がする。抱き心地はいい。
 
 **部品: 赤いベスト
 綿100%の手作りの赤いベスト。ブータに似てるから、という安易な理由で着せられているが特に嫌がってる様子でもないのでそのまま着せている。首元には鈴もついており、首輪としての役目も備わっている。ベストはどこかに引っかかるとすぐに脱げる安心設計
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: ブータ(ただの猫) RD:5 評価値:3
   -大部品: 出会い RD:2 評価値:1
   --部品: ついて来た大猫
   --部品: 名付け
   -大部品: 外見的特徴 RD:3 評価値:2
   --部品: 縞模様
   --部品: 大猫
   --部品: 赤いベスト
   
   
   部品: ついて来た大猫
   一歩踏み出すと、続く小さな足音。ふと振り返ると、そこには大猫が一匹が佇んでいる。こちらを見て「にゃー」と一言鳴くと距離を詰めて来て、足元にスリスリ。猫は大好きだが、このまま連れて帰るのもなぁ……と悩んでいるうちにそのまま連れて帰って来てしまった。
   
   部品: 名付け
   立派なからだ。長い尻尾に、眠たげな顔。なんだか見覚えがあるなぁ、と思いつつ、あのブータニアス・ヌマ・ブフリコラ様が浮かんだ。恐れ多くはあるが、試しに「ブータ」と呼んでみる。大猫は耳をピクピクさせて「にゃん」と返事をした。よし、今日から君はブータだ。
   
   部品: 縞模様
   茶色と白のツートンカラーに映えるこげ茶の縞模様がとっても可愛い。おでこにあるV字の模様がチャームポイント
   
   部品: 大猫
   文字通りの大猫。尻尾まで含めると1メートルはありそうな立派な体とフワフワの長毛は見事である。抱き上げると少しよろける。出会った時よりも触ると余計にブニブニするようになってしまった気がする。抱き心地はいい。
   
   部品: 赤いベスト
   綿100%の手作りの赤いベスト。ブータに似てるから、という安易な理由で着せられているが特に嫌がってる様子でもないのでそのまま着せている。首元には鈴もついており、首輪としての役目も備わっている。ベストはどこかに引っかかるとすぐに脱げる安心設計
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "ブータ(ただの猫)",
       "part_type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "出会い",
           "part_type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "ついて来た大猫",
               "description": "一歩踏み出すと、続く小さな足音。ふと振り返ると、そこには大猫が一匹が佇んでいる。こちらを見て「にゃー」と一言鳴くと距離を詰めて来て、足元にスリスリ。猫は大好きだが、このまま連れて帰るのもなぁ……と悩んでいるうちにそのまま連れて帰って来てしまった。",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "名付け",
               "description": "立派なからだ。長い尻尾に、眠たげな顔。なんだか見覚えがあるなぁ、と思いつつ、あのブータニアス・ヌマ・ブフリコラ様が浮かんだ。恐れ多くはあるが、試しに「ブータ」と呼んでみる。大猫は耳をピクピクさせて「にゃん」と返事をした。よし、今日から君はブータだ。",
               "part_type": "part"
             }
           ],
           "expanded": false
         },
         {
           "title": "外見的特徴",
           "part_type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "縞模様",
               "description": "茶色と白のツートンカラーに映えるこげ茶の縞模様がとっても可愛い。おでこにあるV字の模様がチャームポイント",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "大猫",
               "description": "文字通りの大猫。尻尾まで含めると1メートルはありそうな立派な体とフワフワの長毛は見事である。抱き上げると少しよろける。出会った時よりも触ると余計にブニブニするようになってしまった気がする。抱き心地はいい。",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "赤いベスト",
               "description": "綿100%の手作りの赤いベスト。ブータに似てるから、という安易な理由で着せられているが特に嫌がってる様子でもないのでそのまま着せている。首元には鈴もついており、首輪としての役目も備わっている。ベストはどこかに引っかかるとすぐに脱げる安心設計",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": false
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]