V2Cwiki

iurlrpl.txt

最終更新:

yghlhuh

---,--- view
だれでも歓迎! 編集
書きかけの項目です

目次

iurlrpl.txtとは

参照: V2C 使用法 「外部コマンド:スクリプト」 のiurlrpl.txt
iurlrpl.txtとは、画像ダウンロードURLをスクリプトで変更できるようにするものです。
iurlrpl.txtの文字コードはUTF-8です。

[TAB]URLにマッチする正規表現[TAB]スクリプト指定

仕様

設定方法

参考例
[TAB]はTabキーに置換してください。
; some.uploader のURLを supld.js で変更する例
[TAB]http://some\.uploader/\w+[TAB]$SCRIPT supld.js
引用: V2C 使用法 「外部コマンド:スクリプト」

ダウンロード

まとめ 2013/02/02(土)版

URL変更用スクリプト

スクリプトの保存場所はscriptフォルダです。
スクリプトの数が多くなりがちなので、scriptフォルダ内にサブフォルダを作成すると良いかもしれない。
参照: scriptの数が多く、フォルダ内がごった返しているので整理したい
URL変更用スクリプトではcheckURL(u,cx)を定義してください。
checkURL(u,cx)はImageViewURLReplace.datを適用する前に実行されます。
文字コードはUTF-8です。

URL変更用スクリプトの例

▽User-Agentを変更する

function checkURL(u,cx) {
	cx.applyImageViewURLReplace = true;
	cx.setRequestProperty('User-Agent','Mozilla/5.0 (compatible)');
	return u;
}
引用: V2C 使用法 「外部コマンド:スクリプト」

▽ec.sod.co.jpのジャケット画像を表示

iurlrpl.txtの記述
[TAB]http://ec\.sod\.co\.jp/detail/.+[TAB]${SCRIPT:S} iurlrplTest.js //スクリプトの名前は適当に変更してください
以下をiurlrplTest.jsとしてUTF-8で作成し、scriptフォルダへ保存
function checkURL(u,cx) {
	//cx.applyImageViewURLReplace = true;
	hr = v2c.createHttpRequest(u);
	hr.setRequestProperty('User-Agent','Mozilla/5.0 (compatible)');
	hr.setRequestProperty('Cookie','ses_age=18;');
	ret_str = hr.getContentsAsString();
	if(hr.responseCode != 200){
		 return null;
	}else if(ret_str.match(/([^"']+_l\.jpg)/))
	{
		u = RegExp.$1;
	}
	cx.setRequestProperty('User-Agent','Mozilla/5.0 (compatible)');
	return u;
}
元レス

▽ヤフーニュース・ヘッドラインの記事から画像を表示する

iurlrpl.txtの記述
[TAB]http://headlines\.yahoo\.co\.jp/hl\?a=.+[TAB]$SCRIPT iurlrplTest.js //スクリプトの名前は適当に変更してください
以下をiurlrplTest.jsとしてUTF-8で作成し、scriptフォルダへ保存
function checkURL(u,cx) {
  cx.applyImageViewURLReplace = false;
  var s1 = v2c.readURL(u);
  if (s1 && s1.match('href="([^"]+?)">拡大写真')) {
    var s2 = v2c.readURL(RegExp.$1);
    if (s2 && s2.match('mainImage" src="([^"]+)"')) {
      u = RegExp.$1;
    }
  }
  return u;
}
元レス

▽twicsy.comの画像を表示

iurlrpl.txtの記述
[TAB]http://www\.twicsy\.com/i/\w+[TAB]$SCRIPT iurlrplTest.js //スクリプトの名前は適当に変更してください
以下をiurlrplTest.jsとしてUTF-8で作成し、scriptフォルダへ保存
function checkURL(u, cx) {
  cx.applyImageViewURLReplace = true;
  var s1 = v2c.readURL(u);
  if (s1 && s1.match('href="(http://yfrog\.com/\\w+)"')) {
    u = RegExp.$1;
  }
  return u;
}
元レス

人気記事ランキング
最近更新されたページ

atwikiでよく見られているWikiのランキングです。新しい情報を発見してみよう!

新規Wikiランキング

最近作成されたWikiのアクセスランキングです。見るだけでなく加筆してみよう!