「音楽理論用語集」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

音楽理論用語集 - (2006/11/05 (日) 21:41:30) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **ダイアトニックコード 
  
 
 ダイア=7 トニック=音
 7つの音からなる音階のⅠ・Ⅲ・Ⅴ度の音からなるコードのこと。
 Ⅰ・Ⅴの2音だけで構成されたモノをⅤ度コードという。メージャー、マイナーに関係なく使える。
 Ⅰ・Ⅲで構成されたモノをⅢ度コードとはあまりいわない。でもある。
 メジャー・マイナーの使い分けが出来る。
+
+**コード
+二つ以上の音が同時に鳴っている状態。和音。
+
 
 **ペンタトニックスケール 
 
 ペンタ=5 トニック=音
 5つの音からなる音階。
 
+**レギュラー・チューニング
+6弦から1弦へ「E・A・D・G・B・E」の順番
+覚え方は「家でGB(ゲームボーイ)良い」と覚えよう
+これでも覚えられない場合は
+「家でじいちゃんとばあちゃんがエッチした」と覚えよう
 
 **魂(ソウル)
 
-理論にとらわれず、感じた物を熱き魂を持って至極のメロディーを奏でる究極の理。
+理論にとらわれず、感じた物を熱き魂を持って至極のメロディーを奏でる究極の狸。
 ジミ・ヘンドリックス等、著名人がコレを極めていることでも有名。 
 
-フォースを感じろ・顔で弾けもコレに相当する。
+フォースを感じろ・顔で弾けはコレを指したものである。