「Multiverseコマンド表」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Multiverseコマンド表」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 /mv	ヘルプを表示する。
 
 /mv list	ワールドリストを表示する。
 
 /mv info	現在いるワールドのワールド情報を表示する。
 
 /mv info ワールド名	<ワールド名>のワールド情報を表示する。
 
 /mv create 名前 ワールド種類	新しいワールドを作成する。ワールド種類はNORMAL・NETHER・ENDから選択できる。
 オプションとして -s シード値 -t ワールドタイプ -a true/falseが存在する。
 オプションはワールド種類の後に付けることでシード値を指定することなどができます。 
 ワールドタイプはスーパーフラットのワールドを作成することができます、その場合は、ワールドタイプにFLATを指定してください。 
--aをfalseに設定することで村や廃坑などの構造物生成をOFFにすることも可能です。
+ -aをfalseに設定することで村や廃坑などの構造物生成をOFFにすることも可能です。
 
 /mv import ワールド名 ワールド種類	ワールドをインポートすることができる、ワールドのフォルダを置く場所はBukkitのjarがある階層。
 ワールドフォルダが日本語の場合は読み込めないので変更する必要あり。
 
 /mv reload	configの再読み込みを行う。
 
 /mv set spawn	ワールドのリスポーン地点を設定する。
 
 /mv coord	座標を表示する。	
 
 /mv tp プレイヤー名 ワールド名	ワールドを移動する。
 自分を他のワールドに移動させるだけなら、プレイヤー名は不要。
 
 /mv who ワールド名	ワールド名にいるユーザーを表示する。
 
 /mv spawn プレイヤー名	ワールドのスポーン地点に移動する。
 自分をスポーン地点に移動させるだけならプレイヤー名は不要。
 
 /mv unload ワールド名	ワールド名のワールドをサーバーからアンロードさせる。
 
 /mv remove ワールド名	ワールド名のワールドをサーバー削除する。
 
 /mv delete ワールド名	アンロードしたワールドをサーバー削除する。
 
 /mv delete ワールド名	アンロードしたワールドをサーバー削除する。
 
 /mv confirm	不明
 
 /mv purge WORLD名/all all/animals/monsters/動物・モンスター名	指定されたワールドからモンスターや動物を削除する。
 例 /mv purge all creeper	
 
 /mv env	有効なワールド種類やワールドタイプを表示する。	
 
 /mv sleep	プレイヤーが最後に寝たベッドに移動する?。(私の環境では動きませんでした)