「イーグルスの歴史」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

イーグルスの歴史」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *イーグルスの歴史
 ----
 **&italic(){思い出よ永遠に……。}
 
 **[[イーグルスの歴史 2004年~2005年版]]
 
 **[[イーグルスの歴史 2006年版]]
 
 **2007年(4位)
 -3年目にしてビリ脱出。
 -[[田中将大]]が松坂大輔以来の高卒1年目2桁勝利で新人王獲得。
 -[[山崎武司]]が二冠王を獲得。
 -フルスタ(当時)でオールスター開催&ファン投票で8人選出。
 --[[福盛>福盛和男]]、雨によるコールドでオールスター登板ならず。
 
 **2008年(5位)
 -開幕戦で[[ドミンゴwwwww>ンゴ]]、最終戦で[[真中中央]]。
 -春の珍事で一時的に首位に立つも、そこから下降線の一途をたどり5位でシーズン終了。
 -故障から復帰した岩隈、21勝・防御率1.87・勝率.840・被本塁打3などの成績で沢村賞はじめ投手関連の賞を総なめ。
 -[[リックさん>リック・ショート]]が首位打者に輝く。
 
 **2009年(2位)
 -2位になる。&bold(){2位になる。}大事なことなのでry
 -春季キャンプ中に一場がトレードでヤクルトへ。
 -昨年同様春の珍事で4月は首位に立つ。が、それ以降は…。&br()と、思いきや8月後半から[[ゾンビ打線]]が謎の大爆発を起こす。&br()9月に西武と血沸き肉踊る熱い戦いを繰り広げ、ついに夢のAクラス入りを果たした。
 -CS2ndステージまで進むも[[福盛の21球]]で勢いを挫かれ敗退。
 -[[鉄平]]、首位打者に。3年連続でチームから打者のタイトルを出す。
 -野村監督が契約満了&高齢を理由に解任。&br()またフロントは[[首脳陣のほとんど>2009年度イーグルス人事#id_d51e3f61]]もクビにし、そのやりかたに疑問がもたれる。
 -Mr.イーグルスこと[[礒部公一]]が引退。2軍打撃コーチに就任。
 
 **[[イーグルスの歴史 2010年版]](6位)
 
 **[[イーグルスの歴史 2011年版]]&br()[[イーグルスの歴史 2011年版下半期]](5位)
 
 **[[イーグルスの歴史 2012年版]]&br()[[イーグルスの歴史 2012年版下半期]](4位)
 
 **[[イーグルスの歴史 2013年版>イーグルスの歴史2013年版]]&br()[[イーグルスの歴史 2013年版下半期]](1位、日本一)
+
+**[[イーグルスの歴史 2014年版]]