「ブリタニア島について」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ブリタニア島について」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *広報部より
 **ブリタニア島とは?
 Eurosイングランド領。
+古代のイングランドと同じ名を持つ、小さな離れ小島。
+
 その歴史は旧く、聖エティエンヌ修道院に保存されている記録によれば、ノルマン朝時代には島で作ったニボシ10袋を時の国王ウィリアム1世に献上、国王はブリタニア島産のニボシを大いに気に入り、たびたびニボシ出汁のみそ汁を飲んでいたそうです。
 
 島民は全員が何らかの理由で島の外に出ており、しかも全員が「帰りは誰かについて帰ればいいや」と思って島の場所を覚えておかなかったために、今では誰も場所を知らない状態になってしまいました。
 
 イングランド島の沖合い、にこにこ島とひょうたん島の中間に位置するという説が有力ですが、にこにこ島は南国、ひょうたん島は移動を続けているという理由から、疑問視する人も多いようです。
 
 一説によれば地球温暖化による海面上昇と波による浸食で、既に島は海に没しているとも言われています。しかし島の伝説によれば、星辰が正しい位置についたとき、島は再び浮上するそうなので、島民は特に悲嘆に暮れることもなく日々を送っています。
 
 **ブリタニア島役場とは?
-故郷を失った(迷子になって帰れなくなった)ブリタニア島民たちがロンドンに設置した仮設村役場のことです。便宜上商会ということになっていますが、全員が地方公務員です。
-構成員は現在6名。
+故郷を失った(迷子になって帰れなくなった)ブリタニア島民たちが中心となってロンドンに設置した、仮設村役場です。便宜上商会ということになっていますが、全員が地方公務員です。
+構成員は結構増えて現在11名。
+でも大宇宙の掟により、7名以上が同時に海に現れることはありません。
+
 -主な活動内容 
 --雑談
 -たまの活動内容
 --クエストの紹介
 --物資の融通
 --冒険ツアー
 -いつかやりたい
 --買出ツアー
 --海事上げツアー
 事実上、雑談だけと思っていただいて結構です。
 
 **商会員募集に関して
 ていうか入りたい人なんているんですか?