「偉人列伝 ギリシャ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

偉人列伝 ギリシャ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *アテネ
 **技師マルティネンゴ
 ~1613年。
 ガブリエル・タディーノ・ディ・マルティネンゴ。ヴェネツィア人の技師。
 オスマン帝国の襲撃に備えて、ロードス島を要塞化した人物。その後の対オスマン帝国戦でも、敵の「城壁の下まで穴を掘り進み、爆破して壁を崩そう作戦」を阻止したりして活躍した。
 ----
 海洋生物が好きで、スラブ諸語を教えてくれる。え、技師?
 
 **リラダン騎士団長
 1464年~1534年。
 フィリップ・ヴィリエール・ド・リラダン。聖ヨハネ騎士団(別名ホスピタル騎士団)の団長。
 マルティネンゴらの尽力で要塞化されたロードス島に篭り、騎士と民兵併せて7,000強という寡兵で、10万とも20万とも言われるオスマン帝国軍を相手に5ヶ月間を戦い抜いた。結局は降伏するのだが、敵であるオスマン帝国皇帝スレイマン1世は彼と騎士団の奮戦に敬意を表し、武装したままの退去を許可した。
 ----
 アテネのボス。ゲーム中ではアテネがロードス島扱い?
 
 **ラ・ヴァレッテ
 ジャン・ド・ラ・ヴァレッテ・バリゾン。聖ヨハネ騎士団員。後に団長となる。
-ロードス島の攻防に参加した経験を持つ。その40余年後、今度は団長として再びオスマン帝国とマルタ島で戦い、見事にこれを撃退している。
+ロードス島の攻防に参加した経験を持つ。その40余年後、今度は団長として再びオスマン帝国とマルタ島で戦い、これを撃退している。
 ----
 スキルは剣術、突撃、戦術。まさに騎士。報告物の好みは小型生物。かわいいもの好き。
 
 ギリシャのこの3人に関しては、塩野七生著「ロードス島攻防記」を読めばいろいろ分かるらしい。