Portal:各種規約

改定:2019/7/16 18時58分(第五版 管理:フォックストロット承認 1-6条、4-9条の追加) 初版:2019/6/13 20時28分

目次

前文

本利用規約(以下、本規約)はWar and Military Crafters Club(以下、WMC)の原則及び所属者(以下、メンバー)の活動指針を示すものである。ここに書かれた事には、全ての所属者が従う事を義務付ける。

第一章 WMC

  • 1-1 本Wiki及び組織の正式名称はWar and Military Crafters Club、略称はWMCとする。
  • 1-2 WMCの総合的な運営・管理を行い、それについて全責任を負う管理はメンバーの中から選出される。任期は設けない。
  • 1-2-a 現管理人は次代管理人を指名する事が出来るが、それについても投票を行う必要がある。
  • 1-3 副管理人もメンバーの中から選出される。こちらも任期は設けない。
  • 1-4 前述したような管理、広報官、総合監理官、国司官といったWMCの運営管理に関わる者たちを「運営ちーむ」として組織する。以下、管理に関わる者たちを指す場合は同名で表記する。
  • 1-5 「戦争」というテーマを扱う以上避けては通れない問題であるが、WMC自体は政治的に中立であると明記する。WMCはメンバーの政治的発言のいづれにも賛成、反対はしない上、干渉も原則行わない。
  • 1-5-a ただし、後述するようにWMC全体の評判を著しく損なうような政治的発言・行動をした場合は別に規定する内容の処罰を行う。最悪の場合、追放処分もあり得る。
  • 1-6 本規約の改定は必ずしも管理チーム一人以上の承認を必要とする。

第二章 メンバー

  • 2-1 外部の者がWMCに入ろうとする場合、本規約を熟読し、活動内容について理解した上で参加申請を行う事をお願いする。
  • 2-1-a 参加する際に所持し、プレイするゲームやソフトウェア、そしてプレイ環境については種類を問わない。
  • 2-1-b ただし、何も持っておらず、設定のみで軍備し、戦争するというのは他のゲームプレイヤーであるメンバーから反感を買う恐れがある為、原則「何も持ってない」ことは控えるように重ねてお願いする。
  • 2-2 所属するメンバーには、良識の範囲内での発言・行動の自由が認められる。
  • 2-2-a ただし、WMCの評判を著しく損なうような発言・行動をした場合はこの限りでなく、別に規定する内容の処罰を受ける場合があるものとする。
  • 2-2-b WMCの評判を著しく損なうような発言・行動は総合監理及び運営ちーむの裁量で定義される。
  • 2-2-c 所属するメンバー同士の口論については運営ちーむは一切関知しない。ただし、仲裁の為に干渉したり、前述したようにWMCの評判を著しく損なうような発言・行動を行った場合は、喧嘩両成敗の精神に基づき、双方共に別に規定する処罰を受ける場合もある。
  • 2-3 「Minecraft」「ドラゴンクエストビルダーズ」に代表されるような、自由に作品を作り上げる事が出来るゲームをプレイするWMCのメンバーには、何者にも縛られず、作品を作り上げる自由が認められる。
  • 2-3-a ただし、他者の尊厳及び著作権を著しく犯すものに関しては認められない。また、度を越して卑猥と定義される作品に関しても認められない。
  • 2-4 メンバーは管理体制に不備、又は運営ちーむがおかしくなっていると感じた場合、運営ちーむの権限を凍結させる事や役職付きメンバーの罷免や辞任を要求する事が出来る。
  • 2-4-a 要求を行った後、要求者以外の他のメンバーの過半数がそれについて賛成した場合には権限凍結、罷免、辞任が実際に行われる。
  • 2-4-b ただし、他のメンバーの過半数が不必要な要求と反対した場合、要求者はその要求を取り下げ、取り下げた事を表明しなければならない。
  • 2-5 利用者は投票や連絡などでの必要性からDiscordアカウントを所得すること。ついでにTwitterアカウントも取得しておくのが望ましい。
  • 2-6 メンバーが作成する実況などの動画にWMC内で共有されている世界観やロゴなどを持ちだす事は一切否定しないし、むしろ歓迎する。むしろどんどんやって欲しい。
  • 2-6-a ただし、持ち出した動画内でWMCの評判を著しく損なうような発言や行動があった場合は他と同じように何らかの処罰があるものとする。
  • メンバーは一人につき一ページは必ず国家もしくは企業ページを持つものとする。軍備の「あり」もしくは完全な「なし」は問わない。

第三章 禁止事項及び処罰

  • 3-1 以下に示す行為は全て禁止行為とする。
    • WMCの評判を著しく損なう発言及び行動。
    • WMCの管理・運営の妨害。
    • 他メンバーの作成したページを不必要に編集し、その者の評判を著しく失墜させるような行為(俗にいう荒らし)。
      • 例外として、運営ちーむは「当該ページが規約に違反している場合」「画像等の削除を行う場合」にのみ個人のページを削除する場合がある。
    • WMCに関係する人や物に対する暴言行為。また、WMCに関係していなくても控えて欲しい。
    • 故意による盗作。
    • 運営ちーむのフリをする行為。
    • 悪意あるデマを流し、人を騙す行為。実害が生じたかどうかに左右されないものとする。
    • 各界隈のネット上で配布されている兵器ファイル等を無改造に近い状態で使用すること。ただし原作者本人に許可を貰った上で、そのスクショを運営ちーむに申請するなどをした場合は許可する(ただし原作者(原作者がWMCに所属しているなら原作国)の名前は必ず明記する事)。
    • 現実的な数値とあまりにかけ離れた人口や予算、軍備量。最大値は現実世界・アメリカ合衆国各軍の配備定数の1.5倍程度とする。
      • 国土の広さと人口に見合ったものを設定することをお勧めする。
    • 軍備量などを「メンバー本人が」誇示すること。茶番などで登場人物が示威をする為に軍備量を誇示したりすることは禁止「は」しないが、他のメンバーが不快にならないようなセリフや文体にすることが望ましい。
  • 3-2 禁止事項に抵触するような行為を行った者は以下に規定する処罰を運営ちーむから受けなければならない。
    • 違反箇所・コンテンツ・ページの削除。自主削除を求める場合もある。
    • 違反または違反疑惑の説明責任、及び改善案の提示。
    • @wikiの機能によるIPブロック
      • 期間には一時的ブロック、半年間ブロック二つを規定する。
    • @wikiの機能によるコメント制限
      • 期間はIPブロックに準ずる。
    • 利用者のアカウント削除(永久追放)。
    • その他、運営ちーむが必要と判断した措置。

第四章 ページ・国家・企業

  • 4-1 各国家、組織、戦争ページは、原則一ページに収めることとする。
  • 4-1-a ただし不可能な場合はその理由を申請し、許可された場合はページを追加できる。
  • 4-2 活動を各種媒体で確認できない場合、ページ及び領土を削除する場合がある。
  • 4-2-a ただし、復帰できる予定がある活動休止を運営ちーむに申告した場合、ページは削除されずにそのまま残される。
  • 4-3 不要な画像、ファイルを削除したい場合は運営ちーむに申請すること。荒らし対策。
  • 4-3-a 自由に画像を削除したり気軽にアップロードしたい場合は自国の専用Wikiにアップロードするなどがいいかもしれない。ちゃんとWMCでの国家ページも管理できるならば、自国専用Wikiを持つことは禁止されない。
  • 4-4 国家ページ、企業ページには運用しているのが誰か、中の人の名前及び連絡先を必ず記載する事。連絡先はTwitterでもメアドでも何でも構わない。
  • 4-5 第三章-1に示す通り、現実的な数値とあまりにかけ離れた人口や予算、軍備量を設定することは禁止である。国土の広さと人口に見合ったものを設定することをお勧めする。
    • 4-5-a これは「史実重視メンバー」と「設定重視メンバー」での確執を防ぐための措置である。他のWikiでは設定の上限はあまり決められることがない、決められても「常識的な範囲で」と、各人での裁量に任せられるようなものである為、リアリティのある戦争茶番を行う事を目指すWMCでは「史実重視」を支持する。従って、最大値も第三章-1にて定めることとなった。
  • 4-6 国家・企業ページの削除をしたい場合は運営ちーむに申請する事。拒否されることはまずない。
  • 4-7 同様に、ページの改名を行いたい場合も運営ちーむに申請する事。
  • 4-8 国家・企業の持つ領土範囲は現実世界での国境に準拠し、領土申請時には原則として二か国までを申請できるものとする。ただし、広さによっては一か国に制限されたり、逆に三か国でもオッケーとする場合がある。
  • 4-9 武装については別規定で制限を設けられるものとする。

第五章 組織・同盟

  • 5-1 組織・同盟等の結成、命名、解体は自由である。また同時に拒否することも自由である。
    • 5-1-a ただし解体については「なかったもの」としてページ削除も伴うものと思われるので、運営ちーむに削除申請を出す事。なお、「過去に存在した」ものとする場合は「
  • 5-2 既に個人のページ(国家、企業)を作成している場合であっても、組織や同盟等のページを立てるのは構わない。

第六章 カノン・ヘッドカノン

  • 6-1 ここで言うカノン(正典)とは海外の創作界隈に倣って「公式設定/一次設定」、つまり「WMC内で共有される世界観及び歴史」を指すもの、ヘッドカノン(頭の中の正典)は「脳内設定/二次設定」を指すものと定義する。
  • 6-2 必ずしもWMCのカノン全てに従う必要はない。カノンが国家の歴史など細かい設定を作る時に役立つことさえ出来れば幸いである。
  • 6-3 メンバーが作成した国家、企業、組織、そしてその中で生まれた国際関係は全て「ヘッドカノン」である。これを「WMC世界の歴史」としてカノンに組み込みたい場合は運営ちーむと相談すること。
    • ただしこれを行い、国家等がカノンに加えられた場合、当該する国家や企業ページ等は原則として中の人たるメンバーが(削除のとても強い希望が無い限り)脱退してもWMCのWiki内に残り続けるものとする。その場合、ページのタグには「過去に存在した国家」が加えられる。ま

第七章 茶番

  • 7-1 WMCにおいて行われる、宣戦布告行為、合同演習などの行為全般を茶番と呼ぶ。
  • 7-2 WMCを利用して行う茶番は初めから終わりまで自由である。原則申請の必要はない。
  • 7-3 参加者を募る為に、個人ページとは別に新たなページを立てるのは構わない。但し茶番終了時には責任を持って削除か所定の措置(例として第六章-3など)を行うこと。
  • 7-4 茶番を用いて獲得した領土がある場合は運営ちーむに申請する必要がある。ただしこの場合、「〇〇国による××国併合」のような感じでカノンに組み込まれ、茶番ページも関係各国のページも原則全て永久保存となる上、ある程度の数の国(メンバー)からは非難される恐れがある。こんな面倒なことになる前にそういうことはやめて、敗戦処理は賠償金だけにしておくなど柔軟な対応だけに留めるのも一つの手である。

終章 あとがき

くぅ疲
こんなに長ったらしく書きましたが、実際の所は「普通に生活していたら守れてしまう」レベルの低い次元の規約です。長ったらしい規約を全て覚える必要はありません。必要に応じて規約を確認する、程度でも全然オッケーです(違反しなければの話ですが)。規約を守って、メンバー全員が楽しくなれるようなWMCライフを送りましょう。