バシキルスタン共和国

バシキルスタン共和国
Republic of Bashikilustan
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/wmc_wiki/attach/19/3/%E3%83%90%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3_320px.png
国の標語:争いを避けよ
国歌:私たちのバシキルスタン
公用語 英語(バシキルス英語)
首都 バーシーキル
最大の都市 バーシーキル
政府
大統領 ジェフリー・T・ウィリアムズ
首相 ユージーン・D・ベイリー
人口
総計 15700000人(推計)
GDP(自国通貨表示)
合計 52兆BSドル
1人当たり 26400BSドル
その他
建国 1955年7月5日
通貨 バシキルスタンドル(BSドル)
時間帯 UTC:+5、+6

バシキルスタン共和国(バシキルスタンきょうわこく、英語:Republic of Bashikilustan)、通称バシキルスタンは、ユーラシア大陸の共和制国家である。首都及び最大の都市はバーシーキル。

目次

国名

公式の英語表記は、Republic of Bashikilustan。通称、Bashikilustan。日本語の表記は、バシキルスタン共和国。通称、バシキルスタン。漢字表記は波斯斬斯坦。国名は、バシキルス人(Bashikilian)と、ペルシア語で「~の国、~の多い所」を意味する-stān/-estān; スタンの合成語である。

歴史

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/280/%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%92%E3%81%9F.jpg
おっp、おっぱげた…!この節はまだ書きかけなのか…!む゛う゛う゛ん…(男泣き)(Portal:スタブ

地理

バシキルスタンはユーラシア大陸の中心に位置する内陸国で、国土の大部分は砂漠や乾燥したステップで占められている。地形は大きく3つに分類されており、バシク高原、中部のバシクステップ、西部のカスピ海沿岸低地である。西部低地はウラル山脈より西側でヨーロッパに属する。国の南部は東西にわたり砂漠が発達し、アラル海の縮小に表されるように灌漑が重要な課題である。

政治

国家体制としては資本主義、民主主義、大統領制、共和制を採用する。非武装中立というこの国でとても特徴的な政策方針・国是が存在し、国防に関しては諸外国と同盟を結んで、駐留費の7割を負担する代わりに諸外国の軍に駐屯してもらい、領土の保障をしてもらっている。また、同盟の際には「バシキルスタン国内での他国軍に対する武力行使は認めない」という内容を盛り込んでいる。その為、例えばそれぞれ同盟を結んでいる国同士が戦争になったとしても、バシキルスタンは中立であり続け、また国内にいる二つの軍が衝突する事は(条約破りが無い限り)無いこととされている。

軍事

先述した通り、非武装中立を貫いている為、バシキルスタン独自の軍は持たない。国防の任は代わりに駐屯を認めた他国軍に行ってもらっている。

国際関係

ファートル州ファートル市にバロー基地、セブウォール州サード市にサウスポイント基地が存在し、それぞれに空軍アジア・太平洋軍団の第7航空団、第3航空団が置かれている。

マングスタウ州アクターウ市にザップトナヤ基地、西バシキルスタン州ウラル市にセヴァ・ザップトナヤ基地が存在し、それぞれに第1航空団、第24航空団が置かれている。また第23機械化狙撃師団がアティラク州アティラク市に駐屯している。

経済

社会

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/277/%E5%9C%9F%E4%B8%8B%E5%AF%9D.jpg
申し訳ございません。この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ

関連項目

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/275/%E6%BA%BA%E3%82%8C%E3%82%8B.jpg
この項目「バシキルスタン」は地球温暖化により崩壊の危機に晒されています。絶滅危惧種であるムラ=ビトを救う為にも、ネタの提供をよろしくお願いします。(Portal:スタブ)