フィッシュアンドチップス及び北マイケル王国

大見出し

フィッシュアンドチップス及び北マイケル王国

フィッシュアンドチップス及び北マイケル王国は現実のインドを領有する立憲君主制国家である。男性の7割がハゲである。

ニュース

新型自走砲配備!!


空母就役!



国家情報

フィッシュアンドチップス及び北マイケル王国
国王 ジェイソン・マイケル・ステイサム
公用語 英語
首都 デリー
政治体制 立憲君主制
建国記念日 5月30日
人口 6600万人
通貨 ポンド
国歌 愛するハゲ
首相 マイケル
国家標語 ハゲを愛せ


歴史

大戦以前は列強の脅威に晒され続けておりこれが今日の我が国の潜在意識に民族独立の考えを植え付けている。元々古代オリエントの時代よりガンジス川流域に都市国家を建設し繁栄の限りを尽くしていたが西方のイスラム国家の侵入により7世紀前後に制服。初のイスラム国家が建国されてしまう。その後、14世紀半ばにヨーロッパの十字軍の派遣の影響によりインド方面に力が及びにくくなり古代オデデン教ンーン派の一派に国の中枢を奪取。その後、独立を果たす。
19世紀後半より欧米各国の植民地支配に脅かされ事実上の支配を受ける。
大戦後に独立を果たしたあとは大戦以前からインドを統治していたオデデン朝の末裔を国王として新たにたて、立憲君主制国家としていち早く男女平等の社会を目指し建国。現在は先の大戦から経済の自立及び発展を国家指針としIT関連の技術を成長させている。

地理

全土サバナ気候に区分され雨季と乾季がある。北方の山岳地帯には自然豊かな環境にあり。国立公園が多く設置されている。

政治

独立以前は絶対君主制をとり身分の差や富の差が激しく国内情勢は大変不安定であり各地で暴動や軍閥による独立など散々であった。その後大戦を経験し民族独立の意識を持った結果、立憲君主制に移行し緩やかな支配を目指すこととなった。国王は国の象徴とされ、政治の舵取りは首相を筆頭とする議院内閣制を採用している。

軍事

現在までインド洋のシーレーン確保を最重要課題とし海軍及び空軍に力を入れているが西方のイスラム国家の脅威に備え再度陸軍強化を進めている。

陸軍



  • 戦車


  • バチバッチ

海軍



imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (ここに画像のURL)


空軍


{| class="wikitable" style="width:100%"
|style="width:20%"|[https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/280/%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%92%E3%81%9F.jpg]|| style="vertical-align:middle"| おっp、おっぱげた…!この節はまだ書きかけなのか…!む゛う゛う゛ん…(男泣き)(Portal:スタブ
|}

国際関係

模範的国家を目指している。インド洋に面しておりシーレーン防衛の要を担っている


関連項目

  • フィッシュアンドチップス国の恋愛観
  • フィッシュアンドチップス国の食事のマナー
  • フィッシュアンドチップス国のハゲの種類