北米平和防衛条約機構

北米平和防衛条約機構
North America Peace dEfence Treaty Organization
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/wmc_wiki/attach/42/29/NAPETO_320px.jpg
略称 NAPETO
設立年
本部
種類 軍事同盟
地位 北米平和防衛条約
参加国家数 5カ国

北米平和防衛条約機構(ほくべいへいわぼうえいじょうやくきこう)は、北米平和防衛条約に基づき、北アメリカ諸国やヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。4カ国が加盟している。

目次

概要

全加盟国の外務大臣またはほかの閣僚で構成される理事会、大使級代表で構成される常設理事会、参謀総長で構成される軍事委員会などを置く。軍事委員会の下に欧州統連合軍司令部、北米統連合軍司令部などが置かれており,その中心はNAPETO軍である。「集団防衛」、「危機管理」及び「協調的安全保障」の三つを中核的任務としており、加盟国の領土及び国民を防衛することが最大の責務である。

結成当初は、共産圏や帝国主義国家群に対抗するための自由民主主義国家陣営の多国間軍事同盟であったが、参加国家(イデオロギー)の多様化と共に、単なる自由民主主義国家陣営だけの同盟では無くなり、近年では新たに脅威対象として周辺地域における紛争を挙げ、域外地域における紛争予防および危機管理も行っている。

介入した紛争

加盟国

あいうえお順。

オロチゲン王国ダグラス合衆国フリーデン合衆国レグルーヌ共和国

組織構成

NAPETOには超国家的な中央機構は存在しておらず、その盟主は「各加盟国の政府それぞれ」であり「各国政府の権利は平等」とされている。そのため中央機関であり、加盟国の政府代表が参加する連合国理事会(UNC)においては、あらゆる議案が「全会一致」によって承認・決定されている。多数決の制度は採用されていない。

理事会ではNAPETOが抱えるあらゆる問題が協議され、各加盟国からの代表によって週一回行われる「常設理事会」と、慣例上年2回行われる外相・国防相など閣僚クラスの理事会、さらに臨時で行われる首脳会合などによって意思決定が行われる。この席上においてNAPETO事務総長は理事会の実施する各種会議の議長としての役職を担い、事務総局はその補佐を行う。

機構軍

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/wmc_wiki/attach/42/69/EIUF_320px.jpg
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/wmc_wiki/attach/42/70/PIUF_320px.jpg

上が欧州統連合軍、下が太平洋統連合軍の旗。

軍事機構の成立後、大西洋方面には「欧州統連合軍司令部」、太平洋方面には「太平洋統連合軍司令部」が設置され、各国からの派遣部隊を隷下に配属した。これらの組織は地域レベルの司令部や特定種類の部隊・集団の統括組織としての役割をもつが、平時において下部組織に対しては査察権限のみを有し、指揮統制権は有事にのみ発生するものとされている。ただし、航空関係の各部隊は即応性を求められることもあり、その大半が既に各級司令部の指揮下に収められている。

  • 欧州統連合軍、Europe Integration Union Force、EIUF(欧州統連合軍司令部:  基地)
  • 太平洋統連合軍、Pacific ocean Integration Union Force、PIUF(太平洋統連合軍司令部:フリーデン合衆国 若狭州NAPETO加斗基地)
    • フリーデン合衆国海軍 第7艦隊(フリーデン合衆国 加賀州内灘海軍基地に所在)
    • フリーデン合衆国空軍 第12戦闘航空団(パパラギア部族連合 パパラギア基地に駐屯)
    • ダグラス合衆国空軍 第8戦闘航空団
    • ダグラス合衆国空軍 第2戦闘航空団

関連項目

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/275/%E6%BA%BA%E3%82%8C%E3%82%8B.jpg
この項目「北米平和防衛条約機構」は地球温暖化により崩壊の危機に晒されています。絶滅危惧種であるムラ=ビトを救う為にも、ネタの提供をよろしくお願いします。(Portal:スタブ)