パパラギア部族連合

パパラギア部族連合
Republic of Template
国旗ファイル(320px)のURL
国省ファイル(320px)のURL
連合歌(暫定):「数多の腕」(メロディーラインは讃美歌106番と同様)
公用語 レレィ・ファレ語
首都(公会議所設置都市) ヤツェイ
来訪可能な最大の都市 ポートタスマン
最大の部族都市 コロ・ハラティア
政府
政治体制 寡頭合議制
人口
総計 ---人
GDP(自国通貨表示)
合計 ---ニウ
1人当たり ---ニウ
その他
結成 2045年12月30日
通貨 ニウ
時間帯 UTC:

パパラギア部族連合(パパラギアぶぞくれんごう、英語:Tribal union of Papalagia)、別名シクスティナイントライバルズは、ムー大陸の部族連合国家である。とそれぞれ国境を接する。首都はヤツェイ、最大都市はポートタスマン。

目次

国名

パパラギアの由来は、エーリッヒ・ショイルマンの小説「パパラギ」が由来であり、様々な異称がある。また、別名の「シクスティネイトライバルズ」は、その名の通り、連合領域内の69の部族に由来する。

歴史

<前史> (この項目は不確定な情報であり、改訂・加筆が求められております。)

パパラギアについての科学的調査が近年(いつ?)になり、ようやく始まったこともあり、様々な説が唱えられている。 そのうちで、現在(いつ?)最も有力とされている、DNA調査や言語学的に裏付けされた推定(要出典)によると、

パパラギの人々のうち沿岸部に近い部族はポリネシア人的な特徴を持ち、 より内陸部の部族になるにつれて、先住アメリカ人的特徴を持つ人々が多いとされている。 このことから、先住アメリカ人の後にポリネシアからの移住者が定着し、氏族間の婚姻や紛争などを経て、 出生領域によって規定される部族社会が成立したと考えられる。

<パパラギア諸部族の発見>

1999年に石生タスマンら国際研究チームが行った第3次ムー内陸探査プロジェクト「タンガロア'04」が行われた。 (詳細については「タンガロア'04」を参照してください)

この探索の際、サイマレ部と遭遇。石井班はコロ・サイマレを発見する。 この発見によって、「タンガロア'04」に加えて、ムー内陸部の未接触部族探査ミッション「アホエイ0.1」が計画された。 また、サイマレ人研究のためにコロ・サイマレから南東部にイソウ・タスマンベースが建設された。 2005年に「アホエイ0.1」が実行され、ハラティア部までの調査が完了。 同時期に国際平和機構で「ムー大陸新接触部族基本条約」が締結され、 諸国家は国際平和機関の事務所を通じてのみパパラギア諸部族との接触が認可された。 この措置は、「第2のコロンブス交換」を恐れたものとも、太平洋諸国が互いにけん制しあった結果ともいわれている。 「アホエイ0.2」によってナルテ部をはじめとする深内陸部族と接触。ハラティアなどとあわせて、「国連パパラギア文化保護区」が制定された。この、「パパラギア文化保護区」の境界線が現在の国境である。

<パパラギア部族連合の成立> 2008年にパパラギア保護区における教育によって「パパラギ人」意識が称揚されるようになり、2033年には全パパラギ人会議が結成された。2035年の各部族内で行われた部族会議改革運動は、世代間闘争に発展し、「会議騒動」と呼ばれる一連の暴動をひきおこした。2036年には国内の56部族の会議が、議題の決定に期限が設けられ、一部では合議制を放棄し多数決も導入された 2038年には全パパラギア人会議が期限内で交わされた議論をランダムに選ばれた少数の人間の多数決によって最終的な決断を行う「寡頭的合議制」を導入し、2039年にはパパラギア部族連合議会と改名。国連パパラギア事務所に独立請求を行い、「パパラギア独立支援委員会(UNPTAC)」の活動など、様々な支援を受け、2045年12月30日、パパラギアは正式に国家として独立した。 (詳しくは政治の項目へ) <補遺:エマヌイル教会の布教> パパラギア保護区における教育の多くは、寛容主義派エマヌエル教会関係者が中心となった。 このことは連合や若年層におけるエマヌイル教会の布教を促進させた。 仮国歌が讃美歌のメロディーであるのも、これが関係している。

地理

政治

<基本的な構造>

パパラギアにおいては、各部族の自治権が非常に大きく、各部族に連合基本諸法の範囲内での部族法の制定、警察権、司法権、地方政策の決定権を有しており、

連合法、連合規約の変更はパパラギア部族連合議会が担当しいる。

また、外交、軍事、部族間の利害調節、多数の部族をまたぐ大規模開発計画などは、連合統合政府の管轄であり、

各部族の司法の監視、指導、最上級審は全部族合同法廷が管轄する三権分立の形をとっている。

また、部族領間の往来には独自の部族パスポートが必要である。


<パパラギア部族連合議会>

パパラギア部族連合議会は、各部族から選出された3名×69部族で構成される。

議題によって207名のうちからランダムに選ばれた7名の審判員とその他の200人の議員によって構成される。

一つの議題について、決められた期間の間議論を行い、全員の合意がなければ、

行われた合議を踏まえた7名の審判員の多数決で決定される。

この決定を受けて、改めて全国民に向け布告し、全国民の有効票のうち過半数の賛成が得られれば決定される。

緊急性の高い議題の場合は、207名の多数決で決定される。

また、審判員以外の議員はあらかじめ決定した部族の意見に比較的強く拘束される。

選出した部族に罷免権があり、代役を立てるならば、部族全体の合意によって罷免が可能である。

非効率性と、手続きの不透明さ、少数意見の反映の難しさなど様々な問題点が存在している。


<元首> パパラギアにおいて、元首の役職はただ単に対外的な儀礼的な代表権を持つものであり、政治的権威・権力は有していない

元首の立場たりえるのは、各部族でその年に選出された、儀礼長のうちの一人であり、対外的な行事の際には、69名のうちから、ランダムに選ばれた一人が役割を果たす。そのため、実質、元首は69名存在していることになる。


「ムー大陸新接触部族基本条約」 条約の概要は下記のとおり。

  • パパラギアとの物理的接触を最小限に抑える
  • 科学的調査の事務局管理と情報の取り扱いについて
  • パパラギア地域における領土主権、請求権の凍結
  • 核爆発、放射性廃棄物の処分の禁止
  • 条約の遵守を確保するための監視員の設置
  • パパラギアに関する共通の利害関係のある事項についての協議の実施
  • 条約の原則および目的を促進するための措置を立案する会合の開催


また、事務局から仕事を引き継いだ、交流監視局によって非常に厳しい検疫が行われている。

軍事

各部族/各都市自警団聯盟などが治安の維持などを行い、各コモンズの保護は各部族が行う。 そのため、軍隊は存在していない。

[ここに画像を挿入] ここにコメントを挿入(Portal:スタブ

国際関係

現在、パパラギアはどこの国とも国交を有していない。

経済

おもな産業はコモンズにおけるバッファローの飼育や、観光業、カジノなどである。 内陸部では、海外より持ち込まれた、バッファローや、その他遊牧が行われている。 経済的には沿岸部のほうが比較的豊かであり、漁業、観光業、カジノの中心地である。 とくに独立後すぐに建設された、ハアイキ・カジノは、沿岸部に大きな恩恵をもたらしており、 南北のインフラ格差の一因となっている。

社会

地域社会が非常に強く、自治権も非常に高いため、社会構造もまた多様である。 特筆すべきは、ポートタスマンからハアイキにかけての都市部であり、この地域では、部族社会は半ば崩壊している。 内陸部や、ポートタスマンから離れた沿岸部においては、道路の建設もいまだなされておらず、自給自足の生活が続いている。 急増された道は舗装が住んでおらず、車の走行にはあまり適さない。 現状、パパラギア沿岸部~内陸平野部では、馬やロバの需要が高まってきている

関連項目

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/275/%E6%BA%BA%E3%82%8C%E3%82%8B.jpg
この項目「国家テンプレート2」は地球温暖化により崩壊の危機に晒されています。絶滅危惧種であるムラ=ビトを救う為にも、ネタの提供をよろしくお願いします。(Portal:スタブ)