ノーランド共和国

ノーランド共和国
Republic of Noland
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/wmc_wiki/attach/66/151/NL%20Flag.jpg
国の標語:世界に氷桜の導きを残せ
国歌:蒼桜ノ樹よ道を示せ、氷桜よ我らを導け
公用語 英語、日本語、ドイツ語
首都 フェンリル教皇区
最大の都市 フェンリル教皇外郭区
政府
指導者 フェンリル教皇
首相 なし
人口
総計 258659人
GDP(自国通貨表示)
合計 (計算中)ヌルメル
1人当たり (計算中)ヌルメル
その他
建国 1921年4月5日
通貨 ヌルメル
時間帯 UTC:±0

ノーランド共和国(のうらんどきょうわこく、英語:Republic of Noland)、通称ノーランドは、共和制国家である。首都はフェンリル教皇区、最大都市はフェンリル教皇外郭区。現状はどの陣営にも属さない。「蒼桜ノ樹」は国教の名であると同時に象徴として、国民になくてはならない存在である。

目次

国内ニュース

2019.11.02:国教会議会、自然エネルギートレードセンター(NETC)の建設・整備について協議開始。

国名

「ノーランド」とは人類にとって到底理解を及ぼしてしまってはならない神が由来であり、本来ならば決して手を届かせてはいけない存在であるがゆえに現在あるように信仰が生まれている。かつてはその神の名前がそのまま国名に使われていたが、無礼であるとして現在の国名に改められた。 だがそれ自体は、人間に対して友好的な態度で接するのだという言い伝えが残っている。

歴史

地理

政治

このWMCでは数少ない「宗教国家」である。「教皇」が事実上の「指導者」であり、教団幹部として常に1~10人が控えている。なおこの幹部、日によって控える人数が変わるが0人になることや11人以上になることは決してない。教皇は代々、白髪で灰色の髭を生やしている。不思議なことに、現在の教皇は3代目であるが1代目や2代目の者と全くといっていいほど容姿が変化しないのだ。しかし一見奇妙とも思えるが、その様子に疑問を抱く者は少なくとも国民・信者には見受けられない。

軍事

かつては外国の交流がほとんど無かったために、沿岸警備隊として少数の駆逐艦を配備するに留まっていた。だが国教の広域布教に加えて周辺国からの脅威に対するため、より長距離航海・自国防衛が可能な巡洋艦や戦艦の配備が求められた。

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/280/%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%92%E3%81%9F.jpg
おっp、おっぱげた…!この節はまだ書きかけなのか…!む゛う゛う゛ん…(男泣き)(Portal:スタブ

国際関係

経済

社会

関連項目

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/unitedstatesoffriden/attach/41/275/%E6%BA%BA%E3%82%8C%E3%82%8B.jpg
この項目「国家テンプレート2」は地球温暖化により崩壊の危機に晒されています。絶滅危惧種であるムラ=ビトを救う為にも、ネタの提供をよろしくお願いします。(Portal:スタブ)