「マザートリガー」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

マザートリガー」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #contents()
 
 **母トリガー (マザー-)
 
 [[近界(ネイバーフッド)>近界]]の[[惑星国家]]を形作る巨大な[[トリガー]]。
 女王(クイーン)トリガーとも呼ばれる。
 生贄を放り込むことで機能する。
 
 [[アフトクラトル]]は現在は自国の属国となっている[[ガロプラ]]を攻めた際、真っ直ぐ母トリガーを押さえに行っている。
 
 
 ***「神」 (「かみ」)
 
 母(マザー)トリガー(女王(クイーン)トリガー)に放り込まれる生贄のこと。 
 母トリガーと何百年も同化して寿命が切れるまで星の面倒を見る。 
 「神」の[[トリオン]]能力が大きいほど星も大きくなる。 
 「神」が死ねば星も死に、風も吹かず雨も降らず夜も明けなくなる。
 ([[近界(ネイバーフッド)>近界]]の太陽は各[[惑星国家]]の「神」が生成している人工の小型天体)
 
 [[アフトクラトル]]は「神」を厳選することで国力を上げてきた国であり、「神の国」と呼ばれている由来となっている。
 
 
 
 ----
 
 - レプリカ先生がアフトクラトルの現状について驚いていたけど、 マザートリガーについてはネイバーでは最大の機密事項なのかな?  -- 名無しさん  (2019-07-21 12:02:42)
+- 生贄にされた後の意識とかあるのだろうか。もしあったら軌道とか多少操作できるのかな(玄界に帰りたい、みたいな軌道を取ったり)。  -- 名無しさん  (2019-07-25 02:32:36)
 #comment