※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「種族・民族一覧」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

種族・民族一覧」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *ホモ・サピエンス
 **イクファターナ人(北方大陸人)
 いわゆる現実世界のヨーロッパに定住した民族のような出で立ちの人種構造をなす。
 ・ヤード人
 ・アーカルソン人
 ・リペルニア人
 ・リンディス人 
 ・ソフィア人
 ・インスティング人
 ・[[吸血種]]
 **タヴェリア人(南方大陸人)
 いわゆる現実世界の黄色人種や亜人種で構成されている。
 ・カシュルート人
 国を持たない民族であり、円十字教の土台となったミクラー教を信仰する人々。現実世界で言うところのユダヤ人のようなポジションです。各国の財界で活躍したりあるいは昔ながらの遊牧をしていたりと様々な地域で独自のコミュニティを形成しています。
 **シンガ人
 ・韓族
 ・メトラ人
 ・スルガ人
 *ホモ・ソーラネウス
 ヒト族の大多数を占めるホモ・サピエンスよりも遥か昔に栄えていたもう一つのヒト科人類。ホモ・サピエンス隆興によってタヴェリアに一部残っているに過ぎない。身体能力はホモ・サピエンスより優れている。殺戮を好まないのでホモ・サピエンスとの競争に敗れ絶滅しかけた。
 ・ダハーカ人
 
 &color(red){注:以下の部族はタビラ大学文化人類学科コ・フク助教授、同大学生物学部オカンブ教授によってソーラネウス系民族説が主張されているが、反対意見も多い}
 
 ・ラ族
  古来よりファンシュー地区((現ジャーガルク領東部))に住んでいる民族、運動能力に長け、[[六族十二国時代>https://www65.atwiki.jp/yadohakoz/pages/27.html#id_4fab2d2d]]には中原((現在の清河人民社会主義共和国を中心とした地域))に短期的ではあるが統一王朝を打ち立てた。しかし時代を経るごとに勢力を減少させ、現在は半農半猟の少数民族である。
 
 ・ヌグ族
  ラ族と同じく古来よりファンシュー地区に住んでいる民族、漁労の民であり素潜り漁が得意
 
 *亜人種
 獣耳や獣尻尾等、ヒトとちょっと違ったものを持つ人種。主にタヴェリア大陸に在住する。亜人種特有の病気など特殊な遺伝構造を持っているが、ヒトと交配生殖が可能など基本的にはヒトと同じである。ただし、異なる種族の亜人種同士の生殖はできない。
 ・兎族
 ・・ラパルナ族
 ・・レパノア族
 ・犬族
 ・猫族
 ・馬族
 ・竜族
 ・狼人
 ・[[エルフ]]
 ・人狼
 ・魔女
 ・豚族
 ・蜥蜴族
 ・亀族
 ・牛族
 ・象族
 ・鼠族
 ・虎族
 ・鬼族
 ・[[有翼亜人]]
 ・ケンプフピュートン
 ・鴉天狗族
 ・狐人
  シンガ出身の亜人。狐耳に尻尾を持つ。外見年齢が尻尾を除くと人間基準で10代後半から20代前半で停止する。尻尾は加齢とともに本数が増えるため、尻尾で年齢を大まかに推測できる。6尾でたいてい寿命を迎えるがごく稀に7尾まで生きる長寿者が現れる。外見の性差が判断しずらいため、女性しかないと勘違いする人がいるが、男女比は同等である。狐人同士は「感覚で」性別をすぐ判断できる。狐人がどう性別を感じ取れるのかは研究中である。(体臭説、尻尾の形説など色々あるがまだ定説に至っていない)
 
 *半獣人・半亜人
 ヒトと亜人の混血。外見はヒト族に限りなく近いが、獣耳や尻尾があるほか、病気耐性・習性などは亜人寄りになることも珍しくない。殆どの国ではヒトと亜人どちらのコミュニティにも属せず、特に亜人そのものが珍しいイクファターナではどちらでもない半亜人を差別的に扱っていることが多い。
 
-・ジャーガルク人
+・[[ジャーガルク人>ジャーガルク・シャー国]]
  北方((世界地図3付近))から移住してきた狼系騎馬民族とホモ・サピエンス系農耕民が混血したことによって誕生した半獣人種、地域・気候によって同じ人種でも生活習慣が大きく違い、北方では遊牧生活者が、西部の島嶼地域及び南部では半農半牧民が多い
最終更新: