「占い師」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
占い師」を以下のとおり復元します。
*占い師
基本情報
|陣営|村|
|役職系統|占い師系|
|実装バージョン|最初から|

*特徴
・普通村における占い師
夜の間に対象一人を選んで、その人物が狼かどうかを知ることができる役職。判定結果は朝になってから表示される。
占い対象が妖狐の場合、判定は村人だが、妖孤が死ぬ(銃殺)。
占い師が夜の間に狐を占ったとしても、その占い師が噛まれると銃殺は発生しない(銃殺キャンセル)。

強力な役職故、人狼や狂人は占い師を騙ることが多い。


・闇鍋村における占い師
普通村では村側の切り札とも言える存在だが
鍋においてはちょっと話が違う。

あくまでも占い師《表記》だし(詳しくは[[夢見人]]参照)
「呪狼」やら「呪術師」やらの呪いによって死んだりする上

村人なのに占い結果が狼になる「不審者」
狐にも関わらず銃殺できない子狐系統や「白狐」「黒狐」、狼の癖に村人判定が出る「白狼」などなど。
兎に角占い結果が当てにならない状況が多かったりする。(詳しくは該当役職の項にて)

それでも強力な役職には変わりはないし、関連役職が非常に多いので、普通村と同じく推理の起点となることが多い存在。
ちなみに鍋では狩人がいない位日常茶飯事なので、長期間潜伏するのもよくある事である。

覚醒者によるコピー結果は「覚醒者」なら「魂の占い師」、「夢語部」なら[[夢見人]]である

Q:占いに失敗しましたって出たんですけど
A:対象が幻系役職である、或いは特定の役職に占いを妨害されると占いが失敗します
Q:占い結果蝙蝠って言われたよ?
A:その占い先は「大蝙蝠」か「吸血鬼」です。基本的な蝙蝠には村人判定が出ます
Q:共有者を占ったら人狼でしたとか出たんですが
A:そろそろ起きましょう。獏に食い殺されちゃいますよ?(「夢見人」参照)

最後のケースの場合、共有者が「憑狼」に乗っ取られている可能性もあります


*参考ログ

復元してよろしいですか?