「使えるカード一覧」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

使えるカード一覧」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *概要
  メインデッキに入るもので、汎用性の高いカード群を紹介する。セットで採用される事が多いカードは[[出張セットまとめ]]を参照。
 ----
 #contents()
 ----
 *手札誘発
 **&color(chocolate){灰流うらら}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星3/炎属性/アンデット族/攻   0/守1800
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。
 >その効果を無効にする。
 >●デッキからカードを手札に加える効果
 >●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
 >●デッキからカードを墓地へ送る効果
 }
 >-デッキに触れる効果を無効。非常にクセの無い手札誘発で、ほとんどのデッキに刺さる。
 >-非常にパワーの高い《増殖するG》を止められるのも優秀。
 >-現環境ではフル投入が推奨される。
 
 **&color(chocolate){幽鬼うさぎ}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星3/光属性/サイキック族/攻   0/守1800
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
 >フィールドのそのカードを破壊する。
 }
 >-既に場にある状態で効果発動したカードを破壊。
 >-破壊するだけで無効にはできない。
 >-フィールドでも発動できる為《緊急テレポート》《水晶機巧-ハリファイバー》から持ってくるのもアリ。
 
 **&color(chocolate){浮幽さくら}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星3/闇属性/アンデット族/攻   0/守1800
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードを手札から捨てて発動できる。
 >自分のEXデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。
 >その後、相手のEXデッキを確認し、選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。
 >この効果は相手ターンでも発動できる。
 }
 >-EXのピンポイントメタ。その為、デッキによってダメージが大きく異なる。
 >-EXデッキに余裕があるテーマでのみ採用圏内か。
 
 **&color(chocolate){屋敷わらし}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星3/地属性/アンデット族/攻   0/守1800
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。
 >その発動を無効にする。
 >●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
 >●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
 >●墓地からカードを除外する効果
 }
 >-《灰流うらら》の墓地版。こちらは発動を無効にする。
->-《ソウル・チャージ》や《墓穴の指名者》などパワーが高いカードを封じられるのが優秀で、近年誘発の中で優先度が上昇している。
+>-蘇生効果や《墓穴の指名者》などを封じられるのが優秀。
 
 **&color(chocolate){儚無みずき}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星3/水属性/アンデット族/攻   0/守1800
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
 >(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
 >このターン、以下の効果を適用する。
 >●相手がメインフェイズ及びバトルフェイズに効果モンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。
 >この効果で自分のLPが回復しなかった場合、エンドフェイズに自分のLPは半分になる。
 }
 >-回復版《増殖するG》。
 >-直接的なカード・アドバンテージにはつながらないため展開抑制として機能するかは怪しいが、ワンターンキルへの抑止力には最適。
 
 **&color(chocolate){増殖するG}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
 >「増殖するG」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
 >(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
 >このターン、以下の効果を適用する。
 >●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。
 }
 >-相手が特殊召喚する度にドローでき、先行で打たれたデッキは止まらざるを得ないために抑止力となり得る。
 >-ループする相手に使用するとデッキアウトをされるので注意。
-
-**&color(chocolate){飛翔するG}
-#openclose(show=効果){
->効果モンスター
->星3/地属性/昆虫族/攻 700/守 700
->相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、このカードを手札から相手フィールド上に表側守備表示で特殊召喚できる。
->このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードのコントローラーはエクシーズ召喚できない。
-}
->-エクシーズメタ。しかし、リンク素材として処理されやすい。
->-エクシーズ召喚メインのデッキが環境外である事も向かい風となっている。
 
 **&color(chocolate){応戦するG}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
 >(1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。
 >このカードを手札から特殊召喚する。
 >(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
 >(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
 >デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。
 }
 >-融合・儀式魔法等に反応する簡易版ダークロウ。
 >-出れば強いが、発動機会に恵まれない事も多い。
 >-(3)効果で《増殖するG》を持ってこれるのは優秀。
 
 **&color(chocolate){接触するG}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星6/地属性/昆虫族/攻1500/守2200
 >(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
 >このカードを手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
 >(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのコントローラーは融合・S・X・リンク召喚を行う場合、このカードを素材とした融合・S・X・リンク召喚しか行えない。
 }
 >-EXからの召喚メタ。
 >-《LANフォリンクス》を積んでいるデッキには簡単に処理されてしまう。
 
 **&color(chocolate){エフェクト・ヴェーラー}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守   0
 >(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
 >その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
 }
 >-相手メインフェイズに相手モンスターの効果を無効化できる。
 >-最近では発動フェイズを選ばない《無限泡影》の方に採用率では分がある。こちらは自分の場にカードがある時でも使用可能であり、チューナーモンスターである点を活かしたい。
 
 **&color(chocolate){PSYフレームギア・γ}
 #openclose(show=効果){
 >特殊召喚・チューナー・効果モンスター
 >星2/光属性/サイキック族/攻1000/守   0
 >このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
 >(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
 >手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。
 >この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。
 }
 >-相手モンスターの効果を無効にし破壊する。
 >-デッキに事故要因となる《PSYフレーム・ドライバー》を入れる必要があり、自分の場にモンスターを残せない点がデメリット。
 >-自ターンに発動できれば、そのまま《PSYフレームロード・Ω》や《水晶機巧-ハリファイバー》となれる。
 >-《PSYフレームロード・Λ》の登場により一層使いやすくなった。
 
 **&color(chocolate){ドロール&ロックバード}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星1/風属性/魔法使い族/攻   0/守   0
 >(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
 >このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
 >この効果は相手ターンでも発動できる。
 }
 >-発動ターンのドロー・サーチを封じるカード。
 >-発動条件となる最初の1枚は手札に加わってしまう。
 >-《トリックスター・リンカーネイション》等とのコンボで全ハンデス可能。
 
 **&color(chocolate){D.D.クロウ}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
 >(1):このカードを手札から墓地へ捨て、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
 >そのカードを除外する。
 >この効果は相手ターンでも発動できる。
 }
 >-《リビングデッドの呼び声》等の対象を取る蘇生効果や自己再生効果にチェーンすれば場合によっては2:1交換になり得る優秀なカード。
 >-最近では《墓穴の指名者》で事足りてしまう事も。こちらは魔法罠にも対応し、相手の先行を妨害できる点で差別化できる。
 
 **&color(chocolate){幻創龍ファンタズメイ}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
 >このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):相手がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
 >このカードを手札から特殊召喚する。
 >その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。
 >(2):自分フィールドのモンスターを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
 >その発動を無効にし破壊する。
 }
 >-リンクモンスターを使用するデッキ相手に対し、誘発・捲り札を引き込むカードとして採用される。
 >-後半の対象耐性も強力で、後攻時の相手の妨害を突破する手段にもなる。
 
 **&color(chocolate){原始生命態ニビル}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。
 >自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。
 >その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。
 >このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。
 >この効果は相手ターンでも発動できる。
 }
 >-《増殖するG》と同様、大量展開メタ。
 >-《墓穴の指名者》に引っかからない。
 
 **&color(chocolate){スカル・マイスター}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
 >(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
 >その効果を無効にする。
 }
 >-墓地での効果発動を無効。
 >-《D.D.クロウ》と同じく、《墓穴の指名者》と競合する。こちらは「真竜」魔法・罠等を止めれる点で差別化できる。
 
 **&color(magenta){無限泡影}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードは手札からも発動できる。
 >(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
 >セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。
 }
 >-発動タイミングを選ばない《エフェクト・ヴェーラー》。
 >-《盆回し》等でカードを押し付けられると手札発動が出来なくなる。
 >-《オルターガイスト・マルチフェイカー》のトリガーとして便利。
 
 **&color(magenta){タイフーン}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >相手フィールドに魔法・罠カードが2枚以上存在し、自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
 >(1):フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 }
 >-ペンデュラムメタ。
 >-2ターン目以降は《サイクロン》に劣る性能となるので、相手の先行を妨害する為のサイド要員となる。
 
 **&color(magenta){レッド・リブート}
 #openclose(show=効果){
 >カウンター罠
 >このカードはLPを半分払って手札から発動する事もできる。
 >(1):相手が罠カードを発動した時に発動できる。
 >その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。
 >その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。
 >このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。
 }
 >-手札から罠のカウンターを行える。
 >-ワンターンキルをする上で便利。
 >-セットされた罠を処理できなければ、アド損な上に強力な罠が二枚も伏せられる為、除去カードと合わせて使いたい。
 
 *ドロー・手札補充
 **&color(mediumseagreen){貪欲な壺}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。
 >そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
 >その後、自分はデッキから2枚ドローする。
 }
 >-リソース回復と手札増強。
 >-先行で腐りやすい。
 
 **&color(mediumseagreen){強欲で貪欲な壺}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
 >自分はデッキから2枚ドローする。
 }
 >-発動条件のない2ドロー。
 >-デッキがランダムで消し飛ぶ為、コンボ前提や制限カード依存のデッキでは使いにくい。
 
 **&color(mediumseagreen){強欲で謙虚な壺}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
 >(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、その後残りのカードをデッキに戻す。
 }
 >-キーカードを手札に加えやすくなり、特定のキーカードを必要としないデッキでも状況に応じて手札に加えるカードを選択できる。
 >-特殊召喚できなくなるデメリットがあり、高速化した現環境では使い辛さが目立つ。
 >-低速デッキである【メタビート】等においては《命削りの宝札》や罠を引き込むエンジンとなる。
 
 **&color(mediumseagreen){強欲で金満な壺}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。
 >除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。
 >このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。
 }
 >-エクストラを犠牲にした2ドロー。
 >-制約上、他のドローソースとは相性が悪い。
->-その高いカードパワーから、EXに依存しないデッキで主に多用される。
+>-その高いカードパワーから、EXに依存しないデッキで主に使用される。
 
 **&color(mediumseagreen){命削りの宝札}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
 >(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
 >このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
 >このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。
 }
 >-メタビ向けのドローソース。
 >-《強欲で謙虚な壺》とはデメリットを共有でき、相性が良い。
 
 **&color(mediumseagreen){闇の誘惑}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
 >手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。
 }
 >-闇属性の比率が多いデッキでの優秀なドローソース。
 >-他の手札交換と違いドローしてから除外するため、手札の質を高めやすい。
 
 **&color(mediumseagreen){雪花の光}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
 >自分はデッキから2枚ドローする。
 >このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。
 >(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
 >手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
 >その後、自分はデッキから1枚ドローする。
 }
 >-【ほぼモン】専用の《強欲な壺》。
 >-手札の入れ替え効果も便利。自身は墓地からいなくなる為、次ターン以降に2枚目を発動可。
 >-【超重武者】や【海王水精鱗】では強力なドローソースとなる。
 
 **&color(mediumseagreen){補給部隊}
 #openclose(show=効果){
 >永続魔法
 >(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。
 >自分はデッキから1枚ドローする。
 }
 >-自カード破壊時1ドロー。
 >-自己破壊効果が多いペンデュラムデッキと相性が良い。
 
 *特殊召喚・素材用意
 **&color(chocolate){フォトン・スラッシャー}
 #openclose(show=効果){
 >特殊召喚・効果モンスター
 >星4/光属性/戦士族/攻2100/守   0
 >このカードは通常召喚できない。
 >自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
 >(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在する場合、
 >このカードは攻撃できない。
 }
 >-《増援》対応で、大抵の下級モンスターを戦闘破壊できる。
 >-ランク4素材として便利。
 
 **&color(chocolate){リンク・スレイヤー}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星5/地属性/サイバース族/攻2000/守 600
 >(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
 >(2):1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 }
 >-《フォトン・スラッシャー》と同じ条件で特殊召喚でき、こちらはバック破壊も狙える。
 
 **&color(chocolate){こけコッコ}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星5/風属性/鳥獣族/攻1600/守2000
 >(1):お互いのフィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはレベル3モンスターとして手札から特殊召喚できる。
 >(2):相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードはレベル4モンスターとして手札から特殊召喚できる。
 >(3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
 }
 >-特殊召喚が容易なチューナー。
 
 **&color(chocolate){天威龍-アーダラ}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星1/地属性/幻竜族/攻   0/守   0
 >このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
 >このカードを手札から特殊召喚する。
 >(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、手札・墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターを手札に加える。
 }
 >-上記《こけコッコ》と同じ感覚で使用することができる。
 >-《天威の拳僧》や《リンクリボー》になれるため、リンクマーカーを作る際にも便利。
 >-チェーンブロックを組むssの為、《増殖するG》にひっかかるのが欠点。
 
 **&color(chocolate){亡龍の戦慄-デストルドー}
 #openclose(show=効果){
 >チューナー・効果モンスター
 >星7/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守3000
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、LPを半分払い、自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象として発動できる。
 >このカードを特殊召喚する。
 >この効果で特殊召喚したこのカードは、レベルが対象のモンスターのレベル分だけ下がり、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
 }
 >-ライフコスト半分と引き換えに自己召喚できる。
 >-レベル7シンクロの素材として便利。
 
 **&color(chocolate){召喚僧サモンプリースト}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
 >(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
 >このカードを守備表示にする。
 >(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
 >このカードはリリースできない。
 >(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
 >デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
 >この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
 }
 >-魔法カードをコストにレベル4を呼び出せる。
 >-特殊召喚したモンスターは効果は無効にならず、2枚目の自身も呼び出せる。他にも《終末の騎士》などのモンスターとは相性がよい。
 
 **&color(mediumseagreen){簡易融合}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):1000LPを払って発動できる。
 >レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
 >この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。
 }
 >-エクストラデッキを圧迫する代わりに様々な種族、属性、レベルのモンスターを特殊召喚できる。
 >-シンクロ、エクシーズデッキならば是非。
 
 **&color(mediumseagreen){ワン・フォー・ワン}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
 >手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。
 }
 >-レベル1を特殊召喚。
 >-コストにモンスターを要求するため、魔法・罠比率が多いデッキでは使いづらいか。
 
 **&color(mediumseagreen){スケープ・ゴート}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
 >(1):自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。
 >このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。
 }
 >-そのターンの召喚・特殊召喚と引き換えにトークン4体を生成。
 >-先行の展開とは相性が悪いが、一枚でリンク4になれるのは強力。
 >-相手ターンに発動すればデメリットも気にならない。
 
 **&color(mediumseagreen){名推理}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):相手は1~12までの任意のレベルを宣言する。
 >通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターのレベルが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。
 >違った場合、そのモンスターを特殊召喚し、残りのめくったカードは全て墓地へ送る。
 }
 >-レベルがばらけているデッキで扱いやすい。
 >-モンスターを用意する以外にも、デッキ内に眠る魔法・罠や通常召喚不可能なモンスターを墓地に落とす目的で使うことができる。
 
 *蘇生
 **&color(mediumseagreen){死者蘇生}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
 }
 >-発動条件無しの万能蘇生カードであり、相手の墓地のモンスターも蘇生可能。
 >-ペンデュラム等の相性が悪い一部のデッキを除けば必ず入ると言っても過言ではない程汎用性が高い。
 
 **&color(mediumseagreen){星遺物を継ぐもの}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 
 >そのモンスターをフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
 }
 >-リンクモンスターが居る時の汎用蘇生魔法。
 >-「星遺物」カードの為、《星杯の神子イヴ》などからサーチ可能。
 
 **&color(mediumseagreen){リビング・フォッシル}
 #openclose(show=効果){
 >装備魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
 >そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
 >この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
 >このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
 >(2):装備モンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンし、効果は無効化される。
 }
 >-効果無効化で星4以下を蘇生。
 >-装備魔法のため《アームズ・ホール》でサーチ可能であるが、同時に除去に弱い性質ともなる。
 
 **&color(magenta){リビングデッドの呼び声}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
 >そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
 >このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
 >そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。
 }
 >-《死者蘇生》と比べ遅く、《サイクロン》で破壊されるといった欠点がある。
 >-相手ターンでの展開に意味を持つ【アーティファクト】や【テラナイト】で採用される。
 
 **&color(magenta){戦線復帰}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
 }
 >-《リビングデッドの呼び声》の相互互換。
 >-フリーチェーンの完全蘇生ができ、魔法・罠の除去カードにも強い。
 >-リンクモンスターを蘇生できない。
 
 *墓地・除外肥やし
 **&color(chocolate){マスマティシャン}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 500
 >(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
 >デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。
 >(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
 >自分はデッキから1枚ドローする。
 }
 >-レベル4以下限定とはいえ制限カードの《おろかな埋葬》とほぼ同じ効果を持っている破格の墓地肥やし性能を持つモンスター。
 >-ドロー効果のおまけまでついている。
 
 **&color(mediumseagreen){おろかな埋葬}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
 }
 >-即効性、確実性共にトップクラスの墓地肥やしカード。
 >-墓地に送る枚数を問わないのであれば是非採用するべきである。
 
 **&color(mediumseagreen){おろかな副葬}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。
 }
 >-魔法・罠版の《おろかな埋葬》。
 >-【方界】や【クリストロン】等の魔法罠の墓地発動が強いデッキで投入される。
 
 **&color(mediumseagreen){おろかな重葬}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
 >(1):LPを半分払って発動できる。
 >自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
 }
 >-エクストラデッキ版の《おろかな埋葬》。
 >-ライフコスト、発動ターンに魔法・罠セット不可のデメリットがある。
 >-儀式デッキでは《虹光の宣告者》、融合デッキにおいては《捕食植物キメラフレシア》と相性がいい。
 >-他にも《旧神ヌトス》での破壊、《PSYフレームロード・Ω》での墓地回収が狙える。
 
 **&color(magenta){のどかな埋葬}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
 >このターン、自分はこの効果で墓地へ送ったカード及びその同名カードの効果の発動ができない。
 }
 >-罠となった《おろかな埋葬》。
->-発動ターンは効果が封じられるため、起動効果を持った墓地発動カードと相性が良い。
+>-発動ターンは効果が封じられるため、起動効果を持った墓地発動カードを落としたい。
 
 **&color(mediumseagreen){隣の芝刈り}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
 >デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
 }
 >-デッキ差分の墓地肥やし。
 >-60枚デッキで真価を発揮する為、利用する際は構築段階からの熟考を要する。
 
 **&color(mediumseagreen){封印の黄金櫃}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):デッキからカード1枚を選んで除外する。
 >このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。
 }
 >-除外版《おろかな埋葬》。手札に加える効果は遅い為、使えたらラッキー程度に考える。
 >-除外をアドバンテージとする【サンダードラゴン】【不知火】等と相性が良い。
 
 **&color(chocolate){孤高除獣}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星4/闇属性/獣族/攻1700/守 300
 >このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):このカードが召喚に成功した時、手札からモンスター1体を除外して発動できる。
 >デッキからそのモンスターと同じ種族のモンスター1体を除外する。
 >(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターを手札に加える。
 }
 >-上記《封印の黄金櫃》の調整版ともいえるカード。
 >-種族統一デッキで活躍できるか。
 
 *サーチ
 **&color(chocolate){クリッター}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
 >デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
 >このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。
 }
 >-攻撃力1500以下なら何でも持ってこれる。
 >-《転生炎獣アルミラージ》に変換することで即座に効果を使用できる。
 >-《神樹のパラディオン》など発動を伴わない召喚ルール効果ならそのターンでも使えるのが優秀。
 
 **&color(chocolate){黒き森のウィッチ}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1200
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
 >デッキから守備力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
 >このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。
 }
 >-《クリッター》と対をなし、こちらは守備力を参照する。
 
 **&color(mediumseagreen){テラ・フォーミング}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
 }
 >-フィールド魔法のサーチ。
 >-癖が無く、使いやすい。
 
 **&color(chocolate){惑星探査車}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星4/地属性/機械族/攻1000/守1000
 >(1):このカードをリリースして発動できる。
 >デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
 }
 >-召喚権を使用する《テラ・フォーミング》。
 
 **&color(mediumseagreen){盆回し}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、その内の1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。
 >この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。
 }
 >-フィールド魔法のセット。
 >-最低2種類のフィールド魔法を採用する必要がある。
 
 **&color(magenta){メタバース}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。
 }
 >-フィールド魔法の発動・サーチ。
 >-相手ターンにルール介入する《魔鍾洞》や《魔法族の里》等と相性が良い。
 
 **&color(mediumseagreen){アームズ・ホール}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
 >(1):デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
 >自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。
 }
 >-装備魔法のサーチ。
 >-即効性がある反面、召喚権を封じられるのが痛い。
 
 **&color(magenta){アームズ・コール}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):デッキから装備魔法カード1枚を手札に加える。
 >その後、そのカードを装備可能な自分フィールドのモンスター1体を選び、そのモンスターに装備できる。
 }
 >-罠版《アームズ・ホール》。
 >-相手の攻撃宣言に合わせてコンバットトリックを行ったりできる。
 
 **&color(magenta){キャッチ・コピー}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):相手の効果によって、相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
 >自分はデッキからカード1枚を選び、お互いに確認して手札に加える。
 >このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果の発動ができない。
 }
 >-万能サーチカード。罠かつ発動ターンの使用が封じられる為に遅さがネックとなるが、それを考慮しても状況にあったカードを持ってこれるのは強力。
 >-主にサーチを多用する低速デッキ相手に《ハーピィの羽根箒》等をサーチすることで真価を発揮する。
 
 **&color(magenta){トラップトリック}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
 >この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
 >このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。
 }
 >-2枚以上デッキに存在する通常罠を何でも持ってこれる。
 >-相手の動きに合わせた妨害手段を用意できるのが強みで、全体除去にチェーンして上記の《やぶ蛇》をセットする動きも強い。
 >-罠の発動回数が制限される為、罠を大量に使用するデッキでの活用は工夫が必要。
 
 *除去
 **&color(chocolate){百万喰らいのグラットン}
 #openclose(show=効果){
 >特殊召喚・効果モンスター
 >星1/闇属性/悪魔族/攻   ?/守   ?
 >このカードは通常召喚できない。
 >自分の手札・フィールド・エクストラデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる。
 >(1):このカードの攻撃力・守備力は、裏側表示で除外されているカードの数×100アップする。
 >(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。
 >(3):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
 >その相手モンスターを裏側表示で除外する。
 }
 >-EXデッキ5枚と引き換えに、戦闘相手の除去ができる。
 >-対象を取らない裏側除外の為、耐性をすり抜けやすい。
 >-《リンクリボー》の素材としても優秀。
 
 **&color(chocolate){ダイナレスラー・パンクラトプス}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星7/地属性/恐竜族/攻2600/守   0
 >このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
 >(2):自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 >この効果は相手ターンでも発動できる。
 }
 >-緩い召喚条件・高打点・フリーチェーン除去と自己完結した高性能モンスター。
 >-「ダイナレスラー」モンスターであるため、《ワールド・ダイナ・レスリング》でリクルート可能。
 >-後攻時の捲り札としてサイドに採用される事が多い。
 
 **&color(chocolate){機巧蛇-叢雲遠呂智}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星8/闇属性/機械族/攻2450/守2450
 >このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
 >(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、自分のデッキの上からカード8枚を裏側表示で除外して発動できる。
 >このカードを特殊召喚する。
 >この効果は相手ターンでも発動できる。
 >(2):自分のEXデッキからカード3枚を裏側表示で除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターを破壊する。
 }
 >-EXデッキ3枚と引き換えの除去。
 >-《終末の騎士》・《スクラップ・リサイクラー》・《オルフェゴール・トロイメア》対応。
 
 **&color(chocolate){機巧蹄-天迦久御雷}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星9/炎属性/機械族/攻2750/守2750
 >このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 >(1):EXモンスターゾーンにモンスターが存在する場合に発動できる。
 >このカードを手札から特殊召喚する。
 >(2):EXモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
 >その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
 >(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
 >このカードに装備された自分のモンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。
 }
 >-EXモンスターゾーンの除去。
 >-《サイバー・ドラゴン》+《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》とは一長一短。こちらは先行でも腐らず戦闘能力も高いのに対し、あちらはチェーンブロックを組まずに除去できる。
 
 **&color(mediumseagreen){ブラック・ホール}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。
 }
 >-劣勢を挽回できるカード。
 >-昨今では効果破壊耐性も多い為、このカードに除去を依存するのは危険かもしれない。
 
 **&color(mediumseagreen){冥王結界波}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。
 >(1):相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
 >このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
 }
 >-《ブラック・ホール》と違い、破壊はしないが全体無力化はする。
 >-チェーン不可の効果も相まって、後攻時の返しとして制圧系を非常に突破しやすい。
 
 **&color(chocolate){海亀壊獣ガメシエル}
 #openclose(show=効果){
 >効果モンスター
 >星8/水属性/水族/攻2200/守3000
 >(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
 >(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
 >(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
 >(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
 >その発動を無効にし除外する。
 }
 >-リリースという、耐性無視の除去が可能。
 >-「壊獣」の中で一番打点が低く、渡した後も戦闘破壊しやすい。
 >-特殊召喚封じには無力。
 
 **&color(mediumseagreen){妨げられた壊獣の眠り}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。
 >その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。
 >この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。
 >(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
 >デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
 >この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
 }
 >-アドの取れる《ブラック・ホール》。
 >-投入する場合、デッキに最低3枚の「壊獣」モンスターは欲しい。
 
 **&color(mediumseagreen){深淵の宣告者}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):1500LPを払い、種族と属性を1つずつ宣言して発動できる。
 >宣言した種族・属性のモンスターが相手フィールドに存在する場合、相手はそのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
 >このターン、相手はそのモンスター及び同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
 }
 >-プレイヤーに与える効果なので、《海亀壊獣ガメシエル》と同様に耐性無視の除去が可能。
 >-トロイメアのエクストラリンクなど、属性・種族がばらけている盤面に特に刺さる。
 
 **&color(mediumseagreen){精神操作}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
 >この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースできない。
 }
 >-モンスター1体のコントロールを奪うことができる。
 >-奪ったモンスターは各種素材として使用できるため優秀。
 
 **&color(magenta){大捕り物}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
 >そのモンスターのコントロールを得る。
 >そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。
 >そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。
 }
 >-永続罠版《精神操作》。
 
 **&color(mediumseagreen){超融合}&color(orange){(準制限)}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
 >(1):手札を1枚捨てて発動できる。
 >自分・相手フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
 }
 >-緩い素材の融合モンスターと共に採用することで、破壊・対象耐性を無視したチェーン不可の除去が行える。
 >-《沼地のドロゴン》《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》《サイバース・クロック・ドラゴン》辺りが優秀。
 
 **&color(mediumseagreen){サイクロン}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >(1):フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 }
 >-魔法・罠カードをフリーチェーンで1枚破壊。
 >-クセが無いが器用貧乏でもある。最近では墓地発動を止められる《コズミック・サイクロン》や手札を切れて2枚破壊できる《ツインツイスター》に採用率を取られがち。
 
 **&color(mediumseagreen){コズミック・サイクロン}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
 >そのカードを除外する。
 }
 >-除外版《サイクロン》。
 >-除外することが活かせなければライフコストが加わった下位互換となる為、環境によって使い分けたい。
 
 **&color(mediumseagreen){ギャラクシー・サイクロン}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 >(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 >この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
 }
 >-相手の伏せを破壊し、別のターンに墓地から除外して永続魔法・罠さらにはペンデュラムカードも破壊できる。
 >-アドの面では優秀だが、条件を満たさない状況も多い為クセの強いカードである。
 
 **&color(mediumseagreen){ツインツイスター}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >(1):手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 }
 >-手札1枚が《サイクロン》に化ける。
 >-手札を切るデッキと相性が良い。
 
 **&color(magenta){砂塵の大嵐}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
 >(1):フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 }
 >-手札コストのいらない《ツインツイスター》。
 >-手札を切ることに旨味がない低速デッキにおけるバック処理手段として投入される。
 
 
 **&color(mediumseagreen){ハーピィの羽根箒}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
 }
 >-全体除去、厄介な伏せカードを全て破壊できる。
 
 **&color(mediumseagreen){ライトニング・ストーム}
 #openclose(show=効果){
 >通常魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
 >●相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。
 >●相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
 }
 >-《ライトニング・ボルテックス》と《ハーピィの羽根箒》を足して2で割ったようなカード。
 >-制約があるぶん使いづらさは増したが、それでも二枚目以降の羽根箒としては有用。
 
 **&color(magenta){拮抗勝負}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
 >(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
 >自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。
 }
 >-対象を取らない裏側除外。
 >-モンスター・魔法・罠の全てを見れる返しとして有用。
 >-処理時にこのカードが場に存在する為、最低でも相手は1枚残せてしまうのが短所。
 >-また、3ターン目以降に素引きした時の性能も他の除去に劣る。
 
 **&color(magenta){バージェストマ・ディノミスクス}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >(1):フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
 >手札を1枚捨て、対象のカードを除外する。
 >(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
 >このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
 >この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。
 }
 >-万能除去。
 >-《魔鍾洞》下でも撃てる。
 
 **&color(magenta){醒めない悪夢}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >「醒めない悪夢」の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
 >(1):1000LPを払い、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
 >そのカードを破壊する。
 }
 >-永続魔法・罠・ペンデュラムメタ。
 >-ライフの許す限り1ターンに何回も発動できるのが強み。
 >-チェーン上の発動制限があるため注意。
 
 *妨害
 **&color(mediumseagreen){墓穴の指名者}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
 >そのモンスターを除外する。
 >次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。
 }
 >-手札誘発メタ。
 >-他にも墓地発動を多く行うデッキに刺さる。
 
 **&color(mediumseagreen){抹殺の指名者}
 #openclose(show=効果){
 >速攻魔法
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
 >宣言したカード1枚をデッキから除外する。
 >ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。
 }
 >-手札誘発メタ。
 >-ミラーだと撃ちどころも多い。
 
 **&color(magenta){神の宣告}
 #openclose(show=効果){
 >カウンター罠
 >(1):LPを半分払って以下の効果を発動できる。
 >●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
 >その発動を無効にし破壊する。
 >●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
 >それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
 }
 >-モンスター効果以外を全て無力化できる。
 >-《神の警告》等と違いどんなにライフが少なくても発動できるのが強み。
 
 **&color(magenta){神の警告}
 #openclose(show=効果){
 >カウンター罠
 >(1):2000LPを払って以下の効果を発動できる。
 >●モンスターを特殊召喚する効果を含む、
 >モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
 >その発動を無効にし破壊する。
 >●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
 >それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
 }
 >-召喚・特殊召喚、及び特殊召喚を含む効果を無効にする。
 >-《神の通告》とは一長一短である。
 
 **&color(magenta){神の通告}
 #openclose(show=効果){
 >カウンター罠
 >(1):1500LPを払って以下の効果を発動できる。
 >●モンスターの効果が発動した時に発動できる。
 >その発動を無効にし破壊する。
 >●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
 >その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
 }
 >-モンスターの特殊召喚・効果発動を無効。
 >-モンスター効果主流の現在において非常に発動機会が多く、積極的にマストカウンターを狙っていける。
 
 **&color(magenta){次元障壁}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):モンスターの種類(儀式・融合・S・X・P)を1つ宣言して発動できる。
 >このターン、お互いに宣言した種類のモンスターを特殊召喚できず、フィールドの宣言した種類のモンスターの効果は無効化される。
 }
 >-フリーチェーンのEX封じ。
 >-かつては最強の罠カードだったが、リンクモンスターを止められない弱点ができてしまった。
 
 **&color(magenta){虚無空間}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
 >(2):デッキまたはフィールドから自分の墓地へカードが送られた場合に発動する。
 >このカードを破壊する。
 }
 >-特殊召喚を封じるパワーカード。非常に制圧力が高く、処理されなければ完封も可能。
 >-自壊はメリットにもデメリットにもなり得る。
 >-逆に自分が解除出来ずに負ける事もしばしばある。解除手段は用意しておきたい。
 
 **&color(magenta){破壊輪}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 >(1):相手ターンに、相手LPの数値以下の攻撃力を持つ相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
 >その表側表示モンスターを破壊し、自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。
 >その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。
 }
 >-相手モンスターをアド損なくフリーチェーンで破壊できる。
 >-ダメージ効果は優秀だが、自分が劣勢の時は腐りやすい。
->-《強制脱出装置》とは相互互換。メインデッキのモンスターを再利用させず破壊したいならこちら、EXデッキのモンスターを除去したいならあちらに軍配が上がる。
+>-《強制脱出装置》とは相互互換。メインデッキのモンスターを再利用させず破壊したいならこちら、EXデッキのモンスターや破壊耐性のあるモンスターを除去したいならあちらに軍配が上がる。
 
 **&color(magenta){スキルドレイン}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >1000LPを払ってこのカードを発動できる。
 >(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
 }
 >-フィールドのモンスター効果無効。
->-モンスター効果主流の現在では、刺さりやすいが自分への負担にもなる。
+>-モンスター効果主流の現在では刺さりやすいが、自分への負担にもなる。
 >-発動は無効にしない為、効果処理時に墓地にいた場合その効果は通る。
 
 **&color(magenta){王宮の勅命}&color(red){(制限)}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。
 >700LP払えない場合このカードを破壊する。
 >(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。
 }
 >-魔法版《スキルドレイン》。
 >-制圧札の一種となり得る。
 
 **&color(magenta){王宮のお触れ}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドの全ての罠カードの効果は無効化される。
 }
 >-罠版《スキルドレイン》。
 >-昨今では罠が軽視される傾向にある為、採用率は高くない。【メタビート】のメタとして刺さる程度か。
 
 **&color(magenta){御前試合}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。
 >お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。
 }
 >-属性がばらけているデッキに対する強烈な展開封殺カード。
 >-自身も影響を受ける為、属性がある程度統一されたデッキで使用したい。
 >-その封殺性能も然ることながら、エクストラリンクなどの先行盤面を返す札としても優秀である。
 
 **&color(magenta){群雄割拠}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。
 >お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの種族が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。 
 }
 >-種族版《御前試合》。
 
 **&color(magenta){センサー万別}
 #openclose(show=効果){
 >永続罠
 >(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない。
 >お互いのプレイヤーは自身のフィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合には、同じ種族のモンスターが1体になるように墓地へ送らなければならない。
 }
 >-《群雄割拠》とは真逆で、こちらは種族被りを禁止するカード。
 >-種族がばらけているデッキであっても使いこなすのは難しく、あまり自ら展開しない低速テーマで採用されることが多い。
 
 *その他
 **&color(magenta){やぶ蛇}
 #openclose(show=効果){
 >通常罠
 >(1):セットされているこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
 >デッキ・EXデッキからモンスター1体を特殊召喚する。
 }
 >-最高級のブラフカード。受動的だが、相手に割らせる事で大型モンスターをいきなり出す事ができる。
 >-出す候補としては、完全耐性を持つ《RR-アルティメット・ファルコン》、制圧効果を持つ《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》等が挙げられる。
 ----
 *リンク集
 -[[汎用エクストラデッキ]](融合・エクシーズ・リンクモンスター)
 -[[汎用性の高いシンクロモンスター一覧]]
--[[墓地で効果を発揮するモンスター一覧]]
+-[[墓地で効果を発揮するカード一覧]]
 -[[出張セットまとめ]]
 ----
 *コメント
 #comment_num2(num=30,noname,vsize=2,size=60,disableurl)
 >-&link_up()