メタ・対策カード


概要

このページでは主な環境デッキに対するメタカードや守るべきプレイングを簡単に解説する。

+個別の対策ページ

環境デッキ

【ヌメロン】

 最近流行しているエクシーズビートダウンデッキ
 あらゆるメタが刺さりづらく、そのワンキル能力・制圧力から対策していないデッキは完封される恐れがある。
 特に《SNo.0 ホープ・ゼアル》が厄介で、《神の宣告》などの召喚無効も聞かないうえに3ターン発動制限(実質ターンスキップ)をされる。
 またゼアルを突破してもネットワークを残してターンを返すと、各種ヌメロンたちの打点上昇能力によりワンキルされる恐れがある。
 ヌメロン自体安定性がそこまで高くないため地雷デッキと割り切るか、対策するなら他のデッキも見れるようなサイドに調整しよう。

メタカード

  • 《禁じられた一滴》《無限泡影》:ゼアルの回答札。後者はメインの優先権を待たれた場合チェーンして発動されてしまい、結局そのターンの発動が封じられてしまうため効果は薄い。
  • 《サイクロン》系:ゼアルだけではライフをとれないため、フリチェの魔法・罠でネットワークを破壊することが最重要。
  • 《幽霊うさぎ》:ネットワークにチェーンして不発にさせられる(しかもデッキ内のダイレクトを1枚無駄打ちさせられる)ため、メタカードとしての質は最も高い。しかし《墓穴の指名者》《抹殺の指名者》採用型には裏目に出てしまうため注意。

【エルドリッチ】

 黄金卿エルドリッチを主軸とするコントロールデッキ
 妨害の質はそこまで高くないもののメタが刺さりづらく、とにかく継戦能力が高い。
 一度ゲームテンポを握られると厄介なので、ライフを取ることを意識しつつプレイヤーを守ることを強いるような展開に持ち込みたい。

メタカード

  • 《D.D.クロウ》:リソースの循環である魔法・罠を断ち切ることができ、またエルドリッチ本体も狙うことができるため一番刺さりやすい。《墓穴の指名者》も刺さることはあるが、エルドリッチ本体が概ねフィールドにいる事・紅き血染めの存在からメタとしての信頼度は低い。
  • 《コズミック・サイクロン》:Dクロと同じくリソースの循環を断ち切れるため、同系統の《サイクロン》《ツインツイスター》よりも刺さりやすい。
  • 《ハーピィの羽根箒》《レッド・リブート》:そのターンの妨害を封じられるが決めきれないとリソースを回復されてしまうため、打点が高く耐性を持つエルドリッチを超えてワンキルができるデッキなら採用圏内。

【ドラグマ】

 エクストラデッキをリソースとするコントロールデッキ
 コントロールのわりに除去・突破能力が高く、打点を出すのも得意である。
 初動が9枚と安定性が高く、パニッシュメント・ヌトスを連打できるのが強みだが、破壊以外の除去手段を持たないのが弱点。
 パニッシュメントが初動として機能する為、相手が初動を握っていないゲームではモンスターを場に出さないプレイングも考えられる。

メタカード

  • 破壊耐性のあるモンスター:デッキのシステムでは超えられないため、フルルドリスの打点上昇・一滴や泡などに気を付けていれば完封できる。
  • 《ハーピィの羽根箒》《ツインツイスター》《レッド・リブート》:バック対策。
  • 《旧神ヌトス》:エクストラの枠が空いていれば、相手の大神祇官の効果を逆利用できる。

【オルフェゴール】

 バベル・クリマクスにより妨害を用意する展開系デッキ
 墓地リソースを多く利用し、展開系にも関わらず長期戦も行える。
 ゲームメイクの要であるガラテアに効果無効や破壊を当てたい。

メタカード

  • 《増殖するG》《PSYフレームギア・γ》:パワーの高い誘発。通すことさえできれば高確率で展開を止めることができる。
  • 《アーティファクト-ロンギヌス》:通ってしまえばそのターンの展開が封じられる。
  • 《D.D.クロウ》《墓穴の指名者》:墓地リソースを減らすことができる。

【サンダー・ドラゴン】

 融合サンダー・ドラゴンで制圧する高火力ビートダウンデッキ
 破壊耐性を持った高打点融合モンスター2種で制圧布陣をひいてくる。
 《雷龍融合》の墓地効果から3ターン目でのキルを狙ってくるため、できる限り墓地リソースを減らしておきたい。
 また、後攻時のサイドチェンジではサーチカードを抜くことも視野に入れる。超雷龍の前では事故札となるためである。

メタカード

  • 《精神操作》《無限泡影》《禁じられた一滴》:融合二種は破壊耐性を持っている為、それらに対する汎用的な回答札。
  • 《超融合》:《雷神龍-サンダードラゴン》や《捕食植物ドラゴスペタリア》で2除去が行える。
  • 《次元障壁》:融合の着地を封じることができ、後引きからでもサーチ封じを瞬間的に突破できる。
  • 《屋敷わらし》:《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》《雷龍融合》を止めることができる。発動を無効にするため、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の召喚条件も妨害することができる。
  • 《アーティファクト-ロンギヌス》《王宮の鉄壁》:主軸にしている除外そのものを封じる。やや汎用性が低いか。
  • 《大捕り物》《ヴァレルロード・ドラゴン》:超雷龍を奪ってしまえば、逆に相手に負担をかけることができる。

【オルターガイスト】

 環境では異色の罠コントロールデッキ。対【閃刀姫】と同様、魔法・罠破壊を多めに投入し短期決戦を心掛ける。
 展開の要である《オルターガイスト・マルチフェイカー》が制限のため、積極的に除外していきたい。
(墓地にあるとマリオネッター・マテリアリゼーションで蘇生されるため)
 また以前よりは減ったが、《魔法族の里》《魔鍾洞》を《メタバース》と併せてメインから投入していることもあるため、こちらから能動的に解除できる手段として《タイフーン》などを入れておきたい。

メタカード

  • 《ハーピィの羽根箒》《ツインツイスター》:バック破壊用。ツイツイはメイン投入している《魔封じの芳香》等、永続罠に後出しで撃てるため優秀。
  • 《幽鬼うさぎ》《ダイナレスラー・パンクラトプス》:スプーフィングやプロトコルを破壊することができれば、相手のペースを大きく崩すことができる。
  • 《レッド・リブート》:そのターンの妨害をほぼシャットアウトできる。発動後はバック破壊をするかワンショットキルを決めなければ逆に不利となるので注意。
  • 《御前試合》:属性がばらけているため刺さりやすい。

【セフィラ】

 多数のサーチカードにより安定して盤面を作ることができるペンデュラムビートダウンデッキ
 高確率で《PSYフレームギア・γ》を投入しているので、モンスターがいない時、そして《PSYフレームロード・Λ》が場にいる時は意識しよう。
 また、《セフィラの神撃》《竜星の九支》など見えている罠が多いため、相手のサーチカードにはよく注意すること。

メタカード

  • 《浮幽さくら》:《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を飛ばす用。しかし【魔術師】同様《水晶機巧-ハリファイバー》からマーカーを作り無理矢理展開されることがある。
  • 《次元障壁》:ペンデュラムモンスター依存のため。
  • 《魔封じの芳香》:スケールを貼る事ができなくなるため、場合によっては完封できる。

【閃刀姫】

 魔法カードを駆使し、状況対応力を活かしてターンをまたぎながらアドを稼いでいくコントロールデッキ
 弱点としては、後続確保ループの要である《閃刀姫-カガリ》が制限であることが挙げられる。カガリの回収を止めてしまえばアドバンテージの供給手段が無くなるため、《閃刀機構-ハーキュリーベース》や《貪欲な壺》には積極的に《墓穴の指名者》等を当てていきたい。
 妨害手段が手札誘発・魔法・罠に限られる為、バック破壊を多めに投入したい。
 また、《閃刀機関-マルチロール》の存在もあり持久力が高いデッキのため、短期決戦を心掛けること。
 エクストラターンでは《閃刀姫-ハヤテ》《閃刀姫-カイナ》《威嚇する咆哮》などライフレースで勝利を狙ってくることも多いので、自身のLPにも気を付けること。

メタカード

  • 《ハーピィの羽根箒》《ツインツイスター》:バック破壊用。
  • 《墓穴の指名者》《D.D.クロウ》:《閃刀姫-カガリ》での魔法回収やカガリ自身の再利用を止められる。特に《閃刀起動-エンゲージ》と《閃刀姫-レイ》を除外したい。
  • 《ドロール&ロックバード》《相乗り》:1ターンにサーチを何度も行うため、相手の動きを遅らせられる。
  • 《幽鬼うさぎ》:マルチロールに当てて魔法回収を阻害できる。
  • 「壊獣」モンスター:相手のメインモンスターゾーンを埋めることができる。レイの蘇生も条件もすり抜ける。
  • 《王宮の勅命》《魔封じの芳香》:展開を魔法に依存しているため。
  • 《御前試合》《センサー万別》:属性がばらけていて、リンクモンスターは機械族統一のため刺さりやすい。
  • 《幻創龍ファンタズメイ》:除去妨害を対象効果に頼りがちなため刺さりやすい。特にウィドウアンカーを貫通できるのは優秀。

【サブテラー】

 《サブテラーの導師》《サブテラーの決戦》のループにより後続を維持し、《サブテラーの妖魔》や手札誘発・カウンター罠で相手に負担をかけるコントロールデッキ
 導師・決戦を維持されると毎ターンフリチェで裏守備にされる為、早期の除去を狙っていきたい。
 比較的除去能力が低い為、高打点で耐性のあるモンスターさえ立てられればペースを握ることができる。導師/リグリアードの決戦打点(3400/4700)にだけ気を付けよう。

メタカード

  • 《ハーピィの羽根箒》《ツインツイスター》《醒めない悪夢》:バック破壊用。
  • 《レッド・リブート》:そのターンの妨害をほぼシャットアウトできる。とはいえ妖魔の存在もあるので、これ一枚で安心できるわけでもない。
  • 「壊獣」モンスター:チェーンを組まずに導師を除去できる。妖魔も無力化でき優秀。

【魔術師】

 先行制圧も後攻ワンショットも得意なペンデュラムビートダウンデッキ
 当たり前であるがスケールを揃えさせないこと、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を止めることを心がけよう。

メタカード

  • 《幽鬼うさぎ》《ツインツイスター》《醒めない悪夢》:スケールや星霜・時空を割っていこう。
  • 《浮幽さくら》:《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を飛ばす用。しかし《水晶機巧-ハリファイバー》からマーカーを作り無理矢理展開されることも。
  • 《超融合》:《メタルフォーゼ・アダマンテ》でエレクトラムを除去したり、《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》で最終盤面を崩す等。
  • 《ドロール&ロックバード》《相乗り》:1ターンにサーチを何度も行うため、相手の動きを遅らせられる。
  • 《次元障壁》:ペンデュラムモンスター依存のため。
  • 《魔封じの芳香》:スケールを貼る事ができなくなるため、場合によっては完封できる。《紫毒の魔術師》の自爆特攻で解除されることもあるため気を付けよう。

【転生炎獣】

 同名を素材にする転生リンクを繰り返す。
 サーチが豊富で安定性が高く、展開力が高いため誘発も何枚かなら貫通でき、後続を残しつつ罠のレイジ・ロアーで妨害も可能なとてもバランスの良い展開系デッキである。
 反面、攻撃力・制圧力はそこまで高くないため、後手から捲りつつ余裕があればワンキルも狙いたい。
 回収された罠二種や墓地リソースもよく確認すること。

メタカード

  • 《ハーピィの羽根箒》《ツインツイスター》:バック破壊用。特にファルコでセットされたバックは覚えておこう。
  • 《原始生命体ニビル》:特殊召喚を多用する為。とはいえ、転生リンクは炎陣で守られることもあるため、炎陣を使用していないターンは警戒しておこう。
  • 《墓穴の指名者》《D.D.クロウ》:ベイルリンクスなど墓地効果を持つものが多い為ささりやすい。後者は墓地の魔法罠回収を阻止する事ができ、ピン差しならばデュエル中の再利用もされづらくなるため特に妨害としての質が高い。
  • 「壊獣」モンスター:ベイルリンクスを無視して転生リンクを除去できる。
  • 《超融合》:《ダイプレクサ・キマイラ》や《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》で2除去が行える。
  • 《センサー万別》:サイバース族統一のため刺さりやすい。
  • 《幻創龍ファンタズメイ》:リンク召喚が多用される為召喚条件を満たしやすく、レイジを無効化できる。ロアーには無力なため気を付ける。


関連項目


更新日付:2020-07-30
昨日の来場者数: -
本日の来場者数: -

コメント

  • ↑バック割るかお触れ張っとけ。カウンターされたら知らん。 -- (名無しさん) 2016-05-01 01:09:50
  • ワンキルor制圧してくるDDの対策教えて~ -- (名無しさん) 2016-05-15 09:55:51
  • 幽鬼うさぎを地獄門、テムジンにうつ。
    ジョウゲン、ロンギヌスでスライムたちを除外させない。 -- (名無しさん) 2016-05-31 23:49:42
  • 墓地利用とかペンデュラムとかメタビートとかジャンルで分けれる気がする -- (名無しさん) 2016-06-04 23:02:08
  • カエルの対策おしえてほしい -- (名無しさん) 2016-08-02 17:39:42
  • ↑1 ナイト・ドラゴリッチ、エクシーズ・オーバーディレイ -- (名無しさん) 2016-08-02 18:41:00
  • バハシャでもカエルでも2体以上並ぶからラヴァゴの的 -- (名無しさん) 2016-08-02 20:25:12
  • ここもそうとう古いな・・・現環境トップの対策無いしフリーでも使われて無いようなデッキの対策あるしwww -- (名無しさん) 2016-08-28 18:12:31
  • シンクロダークの対策とどこに何をすればとまります?
    -- (名無しさん) 2016-09-13 23:03:19
  • ABCの倒し方が全くわからんw -- (名無しさん) 2016-09-15 20:29:59
  • ↑さくらかシステムダウン -- (名無しさん) 2016-09-18 10:50:10
  • 十二獣の対策ページは、作った方が良い気がする。もう既に頭角を現し始めているから
    -- (名無しさん) 2016-10-24 22:33:49
  • 作ったところでほとんど需要ないと思う -- (名無しさん) 2016-10-25 06:36:16
  • 半分くらい機能してないから今の環境デッキ対策として書き換えていいと思う -- (名無しさん) 2016-10-28 23:07:08
  • いつも行ってる大会に十二獣捕食不知火がいて
    よく当たるんだが対策した方がいいのかな? -- (名無しさん) 2017-02-27 09:36:49
  • うらら対策でγは増えたよね -- (名無しさん) 2017-06-25 15:54:23
  • なんか個別ページが全然機能してないのでリンクの文字の大きさをちっさくして、上にデッキとサイドデッキのランキング張りました。
    ランキング見て自分でよさそうだと思ったものをチョイスしていけ。 -- (名無しさん) 2017-07-08 20:28:02
  • 環境デッキ毎の簡易な対策を記述。個別の対策ページはキリがないので削除していいと思います。 -- (名無しさん) 2018-06-12 00:09:18
  • 編集ありがとうございます
    内容の全くないAF、オーパーツ、ネクロス、HERO、ノイド、マジェ、メタル、ABCは反対または更新が無ければ月曜日に消そうと思います
    それ以外のページについてはどうでしょうか? -- (ygoocg) 2018-06-14 20:32:16
  • ABCは残してもいいと思う
    それ以外の個別の対策ページの部分の奴は消しても問題ない -- (名無しさん) 2018-06-15 00:44:59
  • abcもいらんでしょ
    てか個別の対策ページなんてまともな執筆者がいたことないし放置されるのは見え見え
    後そもそも環境とか中堅に入らないデッキの対策はあんま需要ないと思う -- (名無しさん) 2018-06-15 22:23:02
  • まあ次の改定適用以降また環境変わるだろうしな
    ぶっちゃけ対策くらいちょっと調べれば分かるし
    それをしない、出来ない人間のためにその時々の環境デッキに刺さるカードとその理由をさらっと書いとくくらいでいいんじゃね? -- (名無しさん) 2018-06-16 02:40:35
  • 一日遅れましたがABC以外は消しました -- (ygoocg) 2018-06-19 18:29:10
  • 削除ありがとうございます。こちらのページは新制限適用など環境の変化に伴い随時書き直す方針で行きたいと思います。 -- (名無しさん) 2018-06-19 19:35:56
  • サンドラ追記&デッキの順序・詳細など入賞数を見て加筆修正。
    セフィラは最早環境デッキと呼べるか怪しいと思いますがどうでしょう -- (名無しさん) 2018-08-08 03:03:53
  • ノイド・ガンドラの対策プレイング分からんので誰か加筆出来る方いればお願いします… -- (名無しさん) 2019-01-20 01:09:23
  • 未界域対策はドロバとアトラクター? -- (名無しさん) 2019-09-08 23:33:08
  • 正直未開域はあんまり見ない気がする
    これからエンディミオン延びそうだからそれもお願いします -- (名無しさん) 2019-10-19 09:45:37
  • 来日前はやばいやばい言ってたのに -- (名無しさん) 2019-10-19 11:35:01
  • セフィラ消していいと思う -- (名無しさん) 2019-12-08 23:43:36
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2020年07月30日 03:47