「血の暴走(スキル)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

血の暴走(スキル)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ■血の暴走(ちのぼうそう)
 
 #openclose(show=各作品のデータ,margin:0;,padding:10px;,border:0;,){
 V
 -効果:自身のHPが減少するたびに一定確率で敵に武器属性攻撃を行う&br()説明:痛みに反応して反射的に拳を打つスキル
 -詳細:パッシブ・攻撃(&infobox(title=Lv10,trigger=click,gravity=west,){Lv1 スキル習得、Lv2~4/6~9 発動率↑、Lv5/10(★)発動率↑↑}) / 依存部位なし、STR / 前提:なし&br()習得:セス(Basic)
 }
 -新・世界樹の迷宮に登場するハイランダーのスキル。
 -自身のHPが減少するたびに一定確率で敵に通常攻撃を行う。
 -ブラッドウェポンと併用すると敵のカウンターや力溜め系スキルの暴発に繋がるので注意   
 -ハイランダーのスキルは自分のHPを消費するものが多いので相性の良いスキル。ただし条件ドロップを狙おうとダメージ調整をしている時などに意図せずして発動してしまうのが欠点  
 -普段は良いダメージソースとなるのだが相手次第ではチェイスバインドの再来ともなりえる  
 -ブラッドウェポンと併用していると何もしてなくてもカウンターターンに暴発してhageる可能性がある 敵によっては注意  
 -↑呼んだ?(泣)  まあ、そのおかげで列移動ブラポン癖がついたので結果的にオーライ。主要アタッカーのみ使用でターンも削れるし。ついでにブラポン状態だとチャージ系とも相性悪い…おい、ヴァーやめろ。通常攻撃暴発させてんじゃ(ry  
 -追記。だからと言って使えないスキルではない。恐らく結構な冒険者がエルダーフラワー常用で探索すると思うが、ラクーナはそもそも攻撃の機会がない。グリモアで習得すれば、それを補ってくれる『場合もある』。…回復量雀の涙ではあるけど。長文連投失礼  
 -くっ……力が暴走するっ!  
 -当時中学生だった俺もこのスキルを修得してました。  
 -中二病でも恋がしたい!の登場人物達も覚えていそうだ  
 -まさか…暴走!?  
 -サイモンに是非習得させたいスキル  
 -自身が呪い状態だと死ぬまで殴り合いを始める可能性があるので注意が必要  
 -通常攻撃なためダブルアタックが発動するときもある  
 -このスキルをダメージソースとして運用したいならパワーディバイドあたりと組み合わせるのがいいのかな  
 -状態異常武器持ってパワーディバイドも面白いかもしれない  
 -↑確かにそれはいいね、試してみよう  
 -複数人で所持してレギオン系を使うのもありかな。  
 -ブラッドウェポンと併用で氷竜カウンター中に発動して死ねるよな、お前の行動パターンは完全に見切った(キリッ)補助か防御だ→血の暴走  
 -ブシドーの阿吽+(ブラポン・追撃の号令)と組み合わせると良い  
 -八神庵だね。  
 -バルカンフォームとグリモアでこれつけたフレドリカが混乱して味方に無双してきたのはいい思いでエキスパートとはいえLV65もあったのに鹿に全滅という大目玉を食らったwww  
 -通常攻撃をベースにしているがクリティカルは発生しない(っぽい)。……が、血の暴走を起点に発動したダブルアタックにはクリティカルが発生する。反面、この追撃には血の暴走のダメージ補正はつかない様子。  
 -セルと氷竜に対して死因になりうるのが怖い どちらも3ターンでぶち殺せるようなPTなら問題は無いのだが  
 -邪魔に感じる事の方が多い …んだけどこれとか混乱バルカンで全滅するとニヤニヤしてしまうので☆  
 -チェイスなどと絡めて通常攻撃(場合によっては一閃&医師の瞳でほぼクリティカル)を無数に出せるのだが、状況を選ばないと敵のカウンター誘発、インボルブの属性上書きなどがありうるので注意  
 -毒ダメでも発動するおかげで後衛の毒ダメージを戦闘終了で回避することも  
 -00拘束機関破壊…システムフルドライブ…コード「血の暴走(オーバーブラッド)」起動!  
 -しばしば意図せず激怒のはさみを誘発させる。そして…  
 -そういえばブラッドウェポンと血の暴走はまんま血(HP)を減らして発動することになるから暴発以外は高相性なんだよな。  
 -被弾の多いパラディンやトラッピングするダークハンターにも相性がいい。  
 -威力が決して大きいわけではないが被弾時は通常攻撃として扱われるためダブルアタックや各種パフは乗る。ただしクリティカルは発生しない。  
 -血でどうやってダメージを与えるのか考えたが多分某呪われた血のように内部に侵食して破壊してるんだと思う  
 -いや、プッツンきて神速のカウンターを食らわせるスキルだろ常識的に考えて。  
 -するとブラッドウェポンなどによるダメージで発動した場合逆ギレってやつか…敵側からしてみりゃたまったもんじゃねえな  
 -ストーリーセルはこれで倒した。  
 -↑ある意味ドラマチック  
 -八神庵にまさにこの名前の超必殺技があったはず  
 -↑↑↑私に至ってはストーリーセルに加えグラズヘイム5のあいつまでもこれで倒してなんとも言えなくなってしまった  
 -↑シナリオ上のボス達を、何がなんでも自分で倒そうとするヴァー君偉い!…と言う事で納得しては?主人公の面目躍如  
 -ストーリークリア迄は結構使えるけど、6層からは地雷なので、これ切って他のスキルにSP回した私。でも個人的には好きなスキル  
 -氷竜さんにこれ発動して返り討ちに遭ったお  
 -炎斧や銃を持たせてブラポン血の暴走チェイス炎 複数人→誰かが火属性攻撃→あら不思議  
 -新2だと、1ターンに1回までしか発動しないみたい。ちょっぴり残念…と言うか、そうなるとヴァー君が、特別キレやすい性格と言う事にw  
 -ヴァー君は普段は穏やかで面倒見がいいけど、それだけに仲間に危害を加えたり正義に反するようなことをしてくる奴は何人でもブッ殺す感じのイメージ。  
 -新1に介錯があったらとても面白いスキルになり得たのがもったいない  
 -☆で威力は頭打ちするものの、☆☆で発動率が80%まで向上する。リミットレス☆☆と合わせると馬鹿にならない火力に  
 -弱体化は致し方ないとはいえ、5,10で確率3回発動くらいでもよかったのでは・・  
 -パッシブスキルだから致し方ないとはいえ、全体攻撃や連続攻撃してくるボスが多いから、前列3人に持たせると、とんでもないことになるなと思ったのかも。  
 -新2は弱体化され過ぎだし2層から暴走事故起こるし、取る価値無いように感じる  
 -ハイランダーの血に含まれる何が暴走してるんだ?ていうか、そもそも血が暴走するってなんなんだろう…そんなこといい始めたらスキル名なんて謎だらけだけど  
 -上に書いてある様に攻撃されてブチギレ反撃か、「忍びの卍」の忍法赤朽葉のように血飛沫が凶器になってるかだろうな  
 -血が暴走した結果よーこたんに反撃されアルケが流れ弾に当たり死亡してしまいました。まさに暴走って感じだけど悲しすぎる  
 -千(葉)の房総  
 -ハイランダー「かかって来いよ (被弾) 痛てぇだろうがよッ!(カウンター)」  
 -ファーさんにグリモアで持たせてる。ちょっとかっこいいような気がしないでもない(事故死しながら)  
 -これとかブラッドウェポンとか血や生命力に関係するスキルがハイランに多いからハイランは印とファフニールみたいな改造済み人種の末裔なんじゃないかという仮説が自分の中で生まれた  
 -ところで実用性度外視でプリに付けて王家に受け継がれる特別な血が暴走、みたいなことやる人が自分以外にもいると信じたい  
 -Ⅴにてセスタスのスキルとして再登場 HPを減らして攻撃するスキルも健在  
 -HPを減らしつつ左右に拡散する攻撃スキル・鬼人拳を当て、さらに暴走させて攻撃する使い方が出来そう。血の暴走レベル1で覚えられるスキル「粉骨砕身」にも期待が高まる。  
 -いてえよ〜  
 -セスタス「この部屋では、豚を買っているようだな・・・」  
 -この秘孔を突くことで痛みは数倍になる  
 -魂が躍動する……!  
 -血が滾るぜ!  
 -八つ当たりとも言う  
 -熱い物に触れた時の反射行動みたいなイメージ。「痛ッ!」みたいな  
 -雷神拳の反動で発動するためいいダメージソースになる。でもやっぱり状況次第ではhageの原因ぬなったり  
 -5だと変な敵に攻撃したりするんだが相手がランダムになっているんだろうか  
 -やっぱ氷竜相手に散った人多いのな……かくいう私もストーリーでグリモア作って新1クラシックでレンジャーにつけてたらミラーシールドで反射されますた。パーティはブレ/カアメ。やわやわパーティなのにパラがいないことを気にしてはいけない  
 -今回は暴走事故なさそうだと思ったらラミアさんでhageた  
 -チノ暴走  
 -パッシブではなく新2版ブシドーの構えや5の瘴気兵装のような強化枠ではなく独自の枠を使うアクティブ強化であればと思わざるをえない。  
 -HP減少技とかで単体攻撃した場合、別の敵に血が暴走することがある。相手からすればとんだとばっちりである。しかも某星屑とかは避けていたのにこいつがうっかり小突いちゃってドカンなんてことあってセスに殺意わいたりした。これが粉骨砕身の前提なんてあんまりだぞ  
 -VにおいてはスキルLvで変動するのは発動率だけ。威力は十分あるし最大発動回数も多いし属性付与も乗るしで火力強化としては頼もしいのだが、殴りたくない相手を殴って全滅を招くという1点が全てを台無しにする……そういう相手に挑むときは休養で切るか別メンバーと入れ替えろということなのだろうが。  
 -↑セスタスらしくカウンター部位を縛るかカウンターされる前に高火力で殲滅するか  
 -Xでのハイランダーとセスタスの親権争いはどうなるだろうか?俺は両方から削除にかけるね  
 -↑まさかの両職ともに続投で2つ取得することによってさらにパワーアップに花京院の魂を賭けるぜ  
 -ハイ:名前は同じだが効果が別物 セス:名前は違うが効果が同じ とかで分担する可能性もあるのでは?  
 -血の暴走&ラッシュアウト型で連続攻撃も面白いかもしれない  
 -睡眠との相性もよろしくない。死の審判もそうだが優秀なスキルの前提になってるのが厄介な所である…  
 -ただの殴り合いならノーリスクの火力アップスキルなんだ。カウンターと相性悪いだけなんだ。  
 -Xではリンク・追撃・カウンターのいずれでも無い上に1ターンの発動制限に関する記述も無いため、メインかサブをショーグンにして一騎当千を使うとマジで死ぬまで殴り続ける事が出来そう。体力の消耗も英雄の戦いやプリのヒールオーダーでフォロー出来そう。  
 -↑追撃orカウンターに含まれるのでは?  
 -↑↑一騎当千やブラッドウェポンの反動で 何度も血の暴動判定が行われる ということ?  
 -↑↑追撃やカウンター技には説明欄にキチンと「攻撃スキル:追撃」といったような記述がされており、血の暴走には「攻撃スキル」とのみ記述されているので、発売するまでは分からないが血の暴走にも一騎当千は発動する可能性が高い  
 -氷竜「このスキルは強いからみんな習得するんだ! ぐへへ」  
 -10振りしたら 地味なダメージソースになった。  
 -一騎当千の自傷で血の暴走は発動したが、血の暴走により一騎当千の追撃は発動せず  
 -新1の自作自演チェイスは面白かったけど酷かったし妥当だろう  
 -↑そういや新1はLv1でセル撃破した動画あったね  
 -ハッハッハ。今回の氷竜はミラーシールド使ってこないじゃねーか。血の暴走完全勝利だな。……そう思っていた時期が僕にもありました  
 -↑俺にもありました。  
 -新2とⅤは未プレイなので境目が分からないけど、発動時のテキストが新1では「○○の血が暴走した!」となっていたのがXでは「血の暴走発動!」に変わっているね。  
 -暴発事故ばかり取り沙汰されるがエクストラアタックを発生させるこのスキルが火力の観点から強くないわけがない。自動車のようなものである。  
 -このスキルに限らず暴発事故で嫌われるのは大体なんか有用なスキルの前提になってるせい  
+-ターン消費なしでバステ付与できると考えると強く見える。セスタスや一騎ショーの相棒だった  
 #comment(nodate,noname)
 
 ----