「Is」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Is」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

    &bold(){&italic(){Is gren missin lass-Ye-solia Sec elen}}
     巡る季節は遥かに余韻(すぎて) わたしの心を渇かせる
 
    &bold(){&italic(){bie evhe Is, yum edel noi xearc huda}}
     それは世界を巡り 透きとおる泉の中へ沁みていく
 
    &bold(){&italic(){tih-l-Iesis yahe, van Sophit Is riss loar}}
     七色の言の葉 世界を巡る想いだけ
 
    &bold(){&italic(){― De Ri ris Is-Ye-sophia Se, was hiz laphia ecta ririsis loar}}
     ―いつかきっと巡り会う、約束の風の生まれる丘で
 
    &bold(){&italic(){So/ Se Ri ele Is-Ye-sophia.}}
     そう――わたしたちは、きっとまた巡り会うことでしょう。
 
    &bold(){&italic(){ris-ia sophia, Uhw d-ces Ric Is-Sophia ele Ende.}}
     それでもわたしは信じてる――いつかどこかで、またきっと。わたしたちは巡り会う。
 
    &bold(){&italic(){kei yum lisy r-blow-s-miel xins clue Is-Ye-fio missin}}
     そそぎし雫も 愛しく満ちて 巡りたる時の緋 彼方を駆ける
 
    &bold(){&italic(){noi-roo-xin, ria hiz Iria feo Is-Ye-sophia}}
     いつしか(どこかで)巡る世界のために
 
    &bold(){&italic(){Yu/ Sec clar evoia yahe feo Is hiz I}}
     その歌、世界を巡る言葉となれ
+
+   &bold(){&italic(){Ris sia sophia, elma cia kis eyen bie qo.……Is io miel.}}
+    全てあの日のように。……そうありますように。