「Ema」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Ema」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+   &bold(){&italic(){deus Se ema sis yuty, sis lishe?}}
+    幸せに 愛おしく
 
+   &bold(){&italic(){arma Selah mille-s-phenoria Se hec ema ele peq Es}}
+    ごめんね 生まれ落ちた子供たち あなたと生きることもできなくて
+
+   &bold(){&italic(){deus Se ema sis coda, sis nepies?}}
+    健やかに 安らかに
+
+   &bold(){&italic(){Se hec ema dia peq Es}}
+    あなたと共に歩むことも できなくて
+
+   &bold(){&italic(){Hir qusi clar, cori, Ema lef memori}}
+    約束しました わたしの歌を贈ります
+
+   &bold(){&italic(){Ris sia sophia, Sez ema yehle mihas lef veiz, arma qhaon}}
+    いま一度 その爪、その牙、その翼の綻びを結ぶのです
+
+   &bold(){&italic(){wi pelnis pheno, E yum evoia-Ye-ele lah Ema}}
+    仮初めの子よ、彼方は、もう一つの主となる
+
+   &bold(){&italic(){― ema coola-s-klus solitis Eo, Uhw kis shan leg yumie Neight}}
+    ―悲しき夢のあなたを覚ます、それは優しい夜明けの瞬きで
+
+   &bold(){&italic(){Heckt : Te E wi nes Laspha -di- hec Zerah. E nes Ema lef Selah, ilmei elah ... deus hec?}}
+    ヘケト:汝、主であり母でなき者。セラの意思、大いなる者よ。……なぜ否定する?
+
+   &bold(){&italic(){elmei Isdelis kis r-sanc lin bis laphia. ende, bis kiss hiz van shel feo Sew ema}}
+    この丘で彩られる全ての想起が わたしにできる、たった一つの願いとなる