「kei」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

kei」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+   &bold(){&italic(){elma Ies neckt evoia twispeli kei}}
+    わたしはあなたを愛(のぞ)みます
 
+   &bold(){&italic(){elma Ies nexe peg twispeli kei}}
+    全ての色たちは 黄昏の鐘と共に鳴ることを嫌い
+
+   &bold(){&italic(){bekwist, Uhw kis meh elvine-l-xeoi kei fert sink I}}
+    それは世界を濡らす 素敵な夜の一雫なのだから
+
+   &bold(){&italic(){meh riris yehle kei lef xeo feo ele-shiole copha sm hynei teles}}
+    一粒の誓いは真夜の雫と結び 旋律の流れに凍みて
+
+   &bold(){&italic(){quo roo, quo vei roo, dis fears jes nett sis opha kei lef xearc}}
+    遠く 遥く どこまでも その詠は透きとおる雫に沁みていく
+
+   &bold(){&italic(){kyel raqis huda, kei tes lue bloz-Ye-miel}}
+    苔むした泉 降りそそぐ雫と音色
+
+   &bold(){&italic(){ole shan ilis, peg loar, peg kei, Hir et Univa sm hid}}
+    夢も望みも、全て遥か過去(うしろ)に捨ててきた
+
+   &bold(){&italic(){kei yum lisy r-blow-s-miel xins clue Is-Ye-fio missin}}
+    そそぎし雫も 愛しく満ちて 巡りたる時の緋 彼方を駆ける