「laspha」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

laspha」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

   &bold(){&italic(){O she saira qersonie Laspha}}     主の片翼(かりそめの主)    &bold(){&italic(){O la laspha, yupa Lom dremre neckt lostasia U meide}}     世界(誰も)があなたを忘れても 僕は、あなたのことを忘れない    &bold(){&italic(){O la laspha, Wer le yehle mihas lef veiz, jes arma, jes qhaon}}     いま一度 その爪、その牙、その翼の絆を結ぶのです    &bold(){&italic(){O la laspha, ife I she cooka Loo zo via}}     いま一度、世界があなたを望むのならば    &bold(){&italic(){Isa personie pheno, she evoia-ol-ele pah milloe laspha}}     仮初めの子よ 彼方は、もう一つの主となる    &bold(){&italic(){O la laspha, luxia memori she leya dis xeoi ole}}     あなたの想いは、きっと夜の彼方までも届くでしょう    &bold(){&italic(){Ris sia sophia, Heckt ele, Selah pheno sia-s-Heckt Laspha}}     それはあの日あの時の、歌のような虹色で    &bold(){&italic(){O la Laspha, Wem shel zo hearsa lipps sm cley}}     朽ち錆びた我が戈のみ、私の軀に突き立てよ    &bold(){&italic(){O la laspha, elmei orator da evoia miqvy}}     忘れないために 身近に留めておきたくて    &bold(){&italic(){O la laspha, clue phes da leya dis lucs hid zayixuy}}     伝わるぬくもりよ どうか永久(とこしえ)に    &bold(){&italic(){O la Laspha, arsicie Wem lihit zo evoia Yem tis}}     傷つきし我が戈に託し、そなたの道を是とする    &bold(){&italic(){Heckt : Te E wi nes Laspha -di- hec Zerah. E nes Ema lef Selah, ilmei elah ... deus hec?}}     ヘケト:汝、主であり母でなき者。セラの意思、大いなる者よ。……なぜ否定する?

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: