VNCの使い方

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

firefoxでyahooを表示してみました。サーバ側の画面サイズは800x600。
800x600で画面サイズは広くなっていますがメニューやらツールバー、タイトルバーがあるためfirefox表示部は狭くなってます。firefoxを全画面表示にすると結構広くなります。

このVNCをDebian Squeeze用に移植しました。
拡大・縮小、回転ができフレームバッファに表示するため高速に動作します。
ビルドしたものをルートファイルシステムに入れてあり、メニューの”fbvnc”からフロントエンドを起動することにより実行します。

動かし方

アイコン化しているsshウィンドウでsshが接続したのを確認してからダイアログのOKボタンを押してください。

フロントエンド

 フロントエンドconvncは接続先の切り替えによって実行をするコマンドを変えたりVTを変更するだけの単純なものです。

フロントエンドconvncの設定方法

 設定ファイル/home/zaurus/.convnc.iniを変更することにより設定できます。
 基本的な記述方法はWindowsのiniファイルと同様です。

; display_number:現在選択されている設定番号
; setting_1:設定1
;   name:表示名
;   command:fbvncを起動する前に実行するコマンド
;   fbvnc:fbvncコマンド
[display_number]
    current=1
[setting_1]
    name=自宅無線
    pre_command_1=rxvt -ic -e ssh -C -l xxxx -L 5900:127.0.0.1:5900 -L 139:127.0.0.1:139 zzz.zzz.zzz&
    pre_command_2=
    pre_command_3=
    pre_command_4=
    pre_command_5=
    post_command_1=sudo smbmount //127.0.0.1/xxxx /home/zaurus/video/zaurus -o username=xxxx,password=yyyy,ip=127.0.0.1,iocharset=utf8
    post_command_2=sudo smbmount //127.0.0.1/public /home/zaurus/video/public -o username=xxxx,password=yyyy,ip=127.0.0.1,iocharset=utf8
    post_command_3=
    post_command_4=
    post_command_5=
    fbvnc=export TSLIB_TSDEVICE=/dev/input/ts0;/usr/local/akita/bin/fbvnc -passwd /home/zaurus/passwd -scale 8 -hw akita -hideoverlays 127.0.0.1:0
(xxxx;PC側のユーザ名、yyyy;PC側のパスワード、zzz.zzz.zzz:PC側IPアドレス)
[display_number]
current:現在選択されている設定番号(プログラムで使用するもので設定するものではありません。)
[setting_1]:設定番号1(1から5)
name:表示される名前
pre_command:fbvncが実行される前に実行されるコマンド(1から5)
post_command:fbvnc実行後に実行されるコマンド(1から5)
fbvnc:fbvncコマンドおよび引数
xxxx;PC側のユーザ名、yyyy;PC側のパスワード、zzz.zzz.zzz:PC側IPアドレスを設定してください。

fbvnc引数

shared: raw: copyrect:rre:corre:hextile nocpyrect norre nocorre nohextile
bgr233 owncmap truecolour depth passwd period delay debug
hw kdelay krate pnmfifo pnmcache scale hideoverlays

キーマップ

Fn+q fbvnc終了
Fn+Mail 拡大
Fn+Address 縮小
Fn+Home 縦・横画面切替
Fn+1〜0 F1〜F10
Fn+z F11
Fn+x F12
ひらがな/カタカナ Alt
漢字トグルキーは漢字キーに割り当ててありますがVNCサーバ側が認識してくれないのでCtrl+Spaceキーで漢字トグルON/OFFを行ってください。

注意点とtips

  • フロントエンドconvnc
設定選択のコンボボックスはタッチのみだと選択しづらいのでキーボードを使用してください。
コンボボックスにタッチしてフォーカスする→リターンキー押下してプルダウンする矢印キーにて選択→リターンキー押下して選択

  • fbvnc
tslib(fbvncで使用しているタッチスクリーンライブラリ)はタッチアップイベントがないためfbvnc内で自己発生させていますが、やや長めに押している状態になります。また、位置情報もぴょこぴょこ跳ね回るのでなるべくキーボードを使用してください。画面スクロールは矢印キーで。
あとダブルクリックは実装していないので選択後リターンキーで実行してください。
添付ファイル