D&D

《呪文効果範囲操作》

「《呪文効果範囲操作》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《呪文効果範囲操作》」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

*《呪文効果範囲操作》[呪文修正]Sculpt Spell [Metamagic] 君は呪文の効果範囲を変形させることができる。 **前提条件: 任意の呪文修正特技1つ。 **利益: 君は呪文の効果範囲を修正し、円柱形(半径10フィート、高さ30フィート)か、40フィートの円錐形か、一辺10フィートの立方体4つか、球形(半径20フィートの拡散)か、120フィートの直線状にしてしまうことができる。効果範囲操作された呪文は、形状以外はあらゆる点で通常通りに働く。たとえば効果範囲が球形になったライトニング・ボルトは、与えるダメージは同じだが、半径20フィートの拡散の範囲に作用を及ぼす。 効果範囲操作された呪文は本来のレベルよりも1レベル高い呪文スロットを使う。 (訳注:この特技は次の各ルールブックで紹介されている。[]内は英語版の発行年月である。『Tome and Blood』[2001年7月]、『秘術大全』[2004年11月]、『Cityscape』[2006年11月]。最新版は本書のバージョンである。) **出典: 『Cityscape』p.63 **関連項目 [[特技>http://www54.atwiki.jp/zenmaitako/pages/9.html]]
*&color(blue){《呪文効果範囲操作》[呪文修正]Sculpt Spell} 君は呪文の効果範囲を変形させることができる。 **前提条件: 呪文修正特技何か1つ。 **利益: 君は呪文の効果範囲を修正し、円柱形(半径10フィート、高さ30フィート)か、40フィートの円錐形か、一辺10フィートの立方体4つか、球形(半径20フィートの拡散)か、120フィートの直線状にしてしまうことができる。効果範囲操作された呪文は、形状以外はあらゆる点で通常通りに働く。たとえば効果範囲が球形になったライトニング・ボルトは、与えるダメージは同じだが、半径20フィートの拡散の範囲に作用を及ぼす。 効果範囲操作された呪文は本来のレベルよりも1レベル高い呪文スロットを使う。 **出典: 『秘術大全』p.78(2004年11月) *&color(blue){《呪文効果範囲操作》[呪文修正]Sculpt Spell} 君は呪文の効果範囲を変形させることができる。 **前提条件: 任意の呪文修正特技1つ。 **利益: 君は呪文の効果範囲を修正し、円柱形(半径10フィート、高さ30フィート)か、40フィートの円錐形か、一辺10フィートの立方体4つか、球形(半径20フィートの拡散)か、120フィートの直線状にしてしまうことができる。効果範囲操作された呪文は、形状以外はあらゆる点で通常通りに働く。たとえば効果範囲が球形になったライトニング・ボルトは、与えるダメージは同じだが、半径20フィートの拡散の範囲に作用を及ぼす。 効果範囲操作された呪文は本来のレベルよりも1レベル高い呪文スロットを使う。 **出典: 『Cityscape』p.63(2006年11月) **関連項目 [[特技>http://www54.atwiki.jp/zenmaitako/pages/9.html]]

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: