教科別学習法 世界史

このページのタグ:世界史 教科別学習法 計画 記述 論述
-目次
目次

世界史の学習の基本

 まずは「歴史の流れ」をおさえることが大事です。教科書を読み、おおまかな流れをおさえましょう。そして、サブノートにまとめながら、細かいことがらを肉付けしていきましょう。その際、教科書のほか、図説(資料集)・用語集も参考にしていきましょう。
 加えて、知識の定着には、問題集を利用することもおすすめです。

■お勧め書籍

世界史の授業の取り組み方

予習
 予習の段階で教科書を読んでおくことは望ましいのですが、必ずしも予習の必要はありません。
授業中
 その代わり、授業中は板書を写すだけではなく、「ここが大事!」と先生が言った箇所は、マーカーで印をつけておきましょう。
復習
 自宅で復習を行う時に、教科書や参考書、資料集を用意して、マーカーの部分をきちんとまとめるようにしてください。
ノートの取り方
 ノートの取り方についてはこちらをご覧ください。

★授業への取り組み方(予習・復習・授業中)に関して、みなさんのおすすめの方法、お教えください。
  • 自分で教科書を読んで流れを掴むことがやっぱり大事だと思います。 自分の学校の世界史の教師は…なので。 -- しょ~ (2013-07-13 19:12:52)
投稿者:
コメント:

世界史の学習Q&A

日々の学習に関して

+世界史が苦手です。どう勉強したらよいですか?
世界史が苦手です。どう勉強したらよいですか?

 歴史の流れがわからないとなかなか用語を覚えられないので、教科書を熟読して、まずは大まかな歴史の流れを覚えましょう。政治史の流れを把握して、それを軸にそのほかの分野(経済史・外交史・文化史など)を絡めるというのが基本です。資料集(図説)を活用して、視覚的に理解することも大事です。とくに世界史では諸王朝の領域などを示した時代別の広域地図などを活用するとよいでしょう。高2生以下なら、歴史小説やマンガでまず歴史に興味をもつところからはじめるのもよいでしょう。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
  • 書きまくって覚える。 -- もりん (2011-04-02 09:29:11)
  • トイレで教科書読みまくる! -- よしひろ (2011-08-02 15:39:46)
投稿者:
コメント:
+学校のテストではそこそこの点がとれるのですが,模試でよい点がとれません。どうすればよい点がとれるようになりますか?
学校のテストではそこそこの点がとれるのですが,模試でよい点がとれません。どうすればよい点がとれるようになりますか?

 範囲が決まっている問題では点がとれるが、決まっていないと点がとれない…というのは、前に勉強した範囲の内容を忘れてしまっているからだと思われます。地歴公民はやらなければ忘れてしまうので、既習範囲であっても繰り返し学習することが大事です。その際は、一問一答集などを活用するとよいでしょう。一日に何時間も勉強する必要はないので、ちょっとあいた時間(5分でも10分でも)に既習範囲を見直す、というのを定期的に繰り返すとよいと思います。何度やっても忘れる言葉にはチェックを入れておき、試験前に見直すようにするというのも一つの手です。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
投稿者:
コメント:
+どこから手をつければよいの?
どこから手をつければよいの?

 一つ一つの分野を完璧に覚えようとするより、まずは古代から現代まで教科書の全範囲を一通り学習するのが大切です。というのも、入試においては近・現代史が頻出なので、先史~中世史の学習に時間を取りすぎて、戦後史までたどりつけないと大きな痛手となります。全範囲を一応網羅したら、問題演習を進めながら発展的な知識も追加していく、という形で進めていくとよいでしょう。忘れては覚え直し、忘れては覚え直し・・・を繰り返す中で知識は定着していきます。
 時間が十分に取れない場合は、あえて挙げるならば、中国史と欧米史(とくにイギリス・フランス・ドイツ・ロシア・アメリカ合衆国)だけでもきちんと押さえるようにすることをすすめます。ただし、イスラーム史・東南アジア史などを出題しない大学はないといってよいので、一定以上の得点をめざすならば、やはり満遍なく学習しておかなければならないことを心に留めておいてください。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
投稿者:
コメント:
+世界史はヨコの歴史(ヨコの関係)が大切といわれたが、どのように学習すればよいのか。
世界史はヨコの歴史(ヨコの関係)が大切といわれたが、どのように学習すればよいのか。

 「タテの歴史だけでなくヨコの歴史も大切」というのは本当ですが、まずは教科書・図説・用語集などを利用して、タテの歴史(いわゆる各国・地域の歴史)をしっかり押さえましょう。この時、重要な事件・年号をある程度頭に入れておくようにすれば、それを手がかりにして、ヨコの歴史を把握することができます。
 そして、ヨコの関係を押さえるためには、日頃から、学習の際に教科書・図説などに掲載されている年表(国別または地域別に分けられ、横にそれぞれ同年代が並んでいるもの)を利用しましょう。例えば726年にビザンツ皇帝レオン3世が聖像禁止令を発した時、中国では唐の玄宗の治世だったのか…などと、確認する習慣をつけるとよいでしょう。できれば年表をながめるだけでなく、コピーを用意し、線を引いたり、色ペンで書き込みながら、知識を整理していくとよいと思います。
 さらに、異なる地域・文化の交流・接触について理解を深めることが大切です。とくにアレクサンドロス大王やモンゴル帝国など広大な領域を支配した人物や国家の場合、必ず他地域を征服したりなど、何らかの影響を与えていますので、同時期に世界各地にあった国家・勢力を図説の歴史地図(「○○世紀の世界」のようにまとめた世界地図)を繰り返し確認し、視覚的にヨコの歴史を整理しましょう。時間的に余裕があれば、白地図を用意し、「○○世紀の世界」のように年代、もしくは「第二次世界大戦の時の世界」のように重要な事件を基準として、国を書き込み、自分で歴史地図を作成してみると、理解はさらに深まると思います。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
投稿者:
コメント:
+通史学習におすすめの問題集・参考書を教えてください。
通史学習におすすめの問題集・参考書を教えてください。

★みなさんの利用していた参考書・問題集やおすすめの参考書・問題集を教えてください(+できればその使い方も)。
  • 詳説世界史ノート(山川出版)を基本にやればセンター8割は大丈夫だと思います。 -- KG/OB (2010-02-25 06:47:41)
  • 春秋語学社から出版している『実況中継世界史①~④』がオススメです。著者である青木先生が講義調で通史を解説してくれているので、非常に理解しやすいと思います。 -- YT (2011-03-22 21:37:26)
  • 自分は理系でっセンターのみの使用でしたが『時代と流れのつかめる用語集』(文英堂)を使用。※現在は『時代と流れで覚える世界史用語集』に改訂。  教科書を読んで『時代と流れ~』で確認を何度か繰り返しました。あとは過去問を10年分位解きました。 -- 阪大医学部 (2016-11-03 23:10:47)
投稿者:
コメント:

+サブノートの作り方
サブノートの作り方

 ノートの作り方についてはこちらをご覧ください。
 ただ、たしかにサブノートは自分で作る方が覚えがよいのですが、受験生の場合、ノート作りにばかり時間をかけてはいられません。『詳説世界史ノート』(山川出版社)といった市販のサブノート形式の問題集を利用するのもよいでしょう。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
  • 『詳説世界史ノート』は流れなどが分かりやすくまとめられているのでとてもいいです。わたしはルーズリーフにまるまる写していました。詳説世界史ノートだと、穴埋めのところでいちいち横に目を通さなければいけませんが、ルーズリーフに写すときに穴埋め部分をオレンジor赤ペンで書いておけば、赤シートで隠せますしスラスラ読めます!わたしみたいに「読んでるだけじゃ全然頭に入らない!」っていう人は、時間がかかってでも書いたら頭に残りやすいです。授業があったその日のうちに授業でやったとこだけを写していけば、1時間程度で写せますし、それ自体が復習になるのでオススメです♪ -- ゆーゆ (2010-04-24 19:50:04)
  • サブノートはあまり労力をかけずに簡潔かつ正確にまとめることを目的にして下さい。余裕のない時は取り組まない方が良いと思います。自分の思考をノートで整理することが究極の目的だと思うので・・・ -- 名無しさん (2010-10-04 01:41:04)
投稿者:
コメント:
+テーマ史対策におすすめの問題集・参考書を教えてください。
テーマ史対策におすすめの問題集・参考書を教えてください。

★みなさんの利用していた参考書・問題集やおすすめの参考書・問題集を教えてください(+できればその使い方も)。
投稿者:
コメント:

学習計画に関して

+センターのみ必要。いつからやればよい?
センターのみ必要。いつからやればよい?

 他の科目の対策もしなければならないということを考えると、8月末くらいを目途に教科書を一通り終わらせておきたいところです。また、遅くとも11月中頃までには教科書を一通り終わらせておくのが理想です。
 “正誤問題が多い”などの出題傾向を踏まえて日頃から学習を進めておくと効率がよいでしょう。(教科書を読む際にも正誤問題対策を意識しているかどうかで、目に入るツボが違ってきます。)
 教科書学習を一通り終えたら、必ず過去問などで問題演習をしておきましょう。

★みなさんの体験談、教えてください!
  • 私は高3の夏休みから世界史の勉強を始めましたが、論述対策まできちんと手を回すことができました。 -- ぽろろ (2015-10-13 21:36:02)
  • 学校の授業で世界史を取るなら、その時できるだけ全体の流れと用語等は抑えておく方が良い。 センター対策は直前1ヶ月に過去問を10年分解く。 -- 阪大医学部 (2016-11-03 23:14:10)
投稿者:
コメント:
+センターでしか使わない場合,どの程度まで覚えたらよいですか?
センターでしか使わない場合,どの程度まで覚えたらよいですか?

 脚注も含めて教科書の全範囲が出題範囲となる可能性があるので、教科書に載っている事項は一通り押さえた方がよいでしょう。

+センター・私大・国公立すべてで必要な場合,どこに照準を合わせて勉強したらよいですか?センター対策はいつ頃から始めればよいですか?
センター・私大・国公立すべてで必要な場合,どこに照準を合わせて勉強したらよいですか?センター対策はいつ頃から始めればよいですか?

 国公立に照準を合わせてOKです。論述力をアップさせるのは時間がかかるので、教科書の全範囲が終わったら論述の演習を中心に学習を進めていきましょう。ただし、センターの正誤や私大の細かい出題に対応するには、ある程度慣れが必要なので、遅くとも秋くらいにはセンターの過去問・予想問題、志望大(私立)の過去問などで問題演習をしていきましょう。

★みなさんの体験談、教えてください!
投稿者:
コメント:
+私大で使うのですが,どの程度細かい内容が問われますか?
私大で使うのですが,どの程度細かい内容が問われますか?

 基本的には教科書の事項をカンペキにおさえておけばよいでしょう。教科書の内容を大きく逸脱するような問題はみんな解けないので、そういった難問対策に時間をさくより、基本的・標準的な問題を落とさないことを心掛けましょう。

+過去問は何年分やればよいですか?いつ頃から手をつければよいですか?
過去問は何年分やればよいですか?いつ頃から手をつければよいですか?

過去問活用法 をご覧ください。

用語について

+用語の覚え方
用語の覚え方

 用語は触れていないと忘れるものです。何度も繰り返し学習しましょう。何度も書く、何度も口に出してみる、といったように、五感をフルに活用することをおすすめします。一問一答の問題集を利用するのもよいでしょう。
 また、用語は他の事柄を関連させて覚えると覚えやすくなります。王朝の変遷や皇帝を順番に覚えたり、何をした人か、どのような人物と関わりがあったか、制度であればどんな人物が作ったか、なぜできたか、どんな影響を及ぼしたか、など、さまざまに関連付けて理解していきましょう。

■お薦め書籍

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
投稿者:
コメント:
+用語集の利用法について、どのくらい覚えればよい?
用語集の利用法について、どのくらい覚えればよい?

 用語集は、問題演習をする中で教科書に載っていない事項に出会った際に調べたり、一部の教科書にのみ掲載されている用語をチェックしたり、といった形で活用していくことをおすすめします。
 用語集の頻度数どのくらいまで覚えればよいかについては、本番でどの用語が出てくるかわからないので、具体的な数値を挙げることは難しいです。もし可能であれば、用語集のすべての用語を覚えられればそれが一番よいことですが、まずは流れをおさえるために必要な重要語、つまり、頻度数が高いもの・赤字、太字になっているものを中心に覚えていくとよいでしょう。その上で、必要に応じて、知識を蓄えていくという形で、頻度数の少ない用語についても見ておくとよいと思います。

 なお、『入試に出る 世界史B用語&問題2000?』(Z会)、『よくでる 世界史B 一問一答 重要用語問題集』(山川出版社)など、一問一答形式の問題集を利用すると、効率よく用語の確認・暗記もできるでしょう。

■お薦め書籍
※頻度数(何冊の教科書に載っているかを示す数字)を見出し語に付している

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
  • 『教科書』で一通り理解。『資料集』で流れを確認。『時代と流れで覚える(文英堂)』で用語と時代・場所確認・反復。自分なりに自分の中に体系化した世界史観を形成することを意識して学習する。やはり細切れ時間を有効に使い、何度も反復する。 -- 阪大医学部 (2016-11-03 23:18:22)
投稿者:
コメント:
+年号はどの程度まで覚えたらよいですか?
年号はどの程度まで覚えたらよいですか?

 年号はどの程度覚えれたらよいのか、明確な基準はありません。私立大の入試では、詳細な年号が問われることもありますが、まずは教科書に太字で強調されているような重要な事件の年号をきっちりと覚えましょう。
 これらを覚えた上で、その前後の年号にはどんな事件があったか、などを調べていくことによって自然と年号を暗記できるはずです。まずは基軸となる年号をしっかりと押さえ、そこに肉付けをして覚えていくのがよいでしょう。
 どうしても細かい年号が覚えられなければ、大まかな時期(何世紀のいつ頃、1930年代の半ばくらい、××事件の直前…など)は押さえましょう。年号を覚える際は、歴史の流れをつかむことを意識すると効果的に理解できます。

記述問題について

+人名や地名で間に「=」が入るとき、それ以外の表記はだめなのか。
人名や地名で間に「=」が入るとき、それ以外の表記はだめなのか。

 姓と名の間もそうですが、地名なども含めて複数の単語から成るような用語については、単語と単語の間に「=」などが入ります。これはもともと外国語の表記を日本語に翻訳する際に入れたもので、入っていなくても間違いではないと思います。人名の場合、「=」「・」などを入れてあると、ファーストネームやミドルネーム、ファミリーネームを区別できるのでわかりやすくなります(例えば、ジョージブッシュと書いてしまうと、誰のことかわかりにくいですよね)。さまざまな表記のある用語については、教科書や参考書に載っている表記であれば、間違いとはならないのでご安心ください。それでも心配な場合は、教科書に載っているものを覚えておくと無難です。

+漢字の表記がわからない時はひらがなでもよいか。
漢字の表記がわからない時はひらがなでもよいか。

 漢字の表記に関しては、どうしてもわからない場合はひらがなで書いてもやむを得ないでしょう。ただ、特に人名・地名や固有の学術的用語の場合は、減点される場合も多いので、できるだけ漢字で正確に書けるように、日頃から意識して学習を進めておいてください。

+機関名・国名などの略称を使用してもよいのか。
機関名・国名などの略称を使用してもよいのか。

 設問で特に指定がなければ、例えば「北大西洋条約機構」と書いても「NATO」と書いても、いずれも正解となるはずです。ただし、問題によっては「漢字で記せ」あるいは「アルファベットの略称で記せ」というように、解答方法を指定してくる場合があります。ですから、日本語名称も略称も正しく覚えておくのが望ましいでしょう。
 また、略称があまり一般的でない場合は、日本語名称を覚えておいたほうが無難です。
 国名の場合は、例えば論述問題以外で「イギリス」を「英」と書いたりするのは、なるべく避けたほうがよいでしょう。論述問題の場合も、できれば漢字の略称は避けたほうが無難ですが、「英・米」など、複数の国名を並べる場合は問題ないと思います。ただ、こちらもあまり一般的でない略称は避けたほうがよいでしょう。

論述問題について

+論述力をつけるには
論述力をつけるには

 論述問題に取り組むには基礎知識が不可欠なので、教科書の基本事項を押さえた上で、易しく字数の少ない問題で書き方のコツを習得していきましょう。初めは字数が100字以内で事項説明中心の基本的な内容のものに取り組んで、論述答案を書くことに慣れるようにしたいところです。
 慣れてきたら、志望校の過去問・予想問題にも取り組んでいきましょう。模範解答を確認するだけでなく、実際に必ず文章に起こすことが大切です。そして、論述問題は第3者に見てもらい、不備をチェックしてもらうと上達が早いので、第3者に見てもらうようにすることをおすすめします。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
投稿者:
コメント:
+論述対策はいつからはじめればよいか
論述対策はいつからはじめればよいか

 できるだけはやく取り掛かれるとよいと思いますが、“高3の2学期から”というのが目安でしょう。
 いずれにしても、論述をするにも基礎知識が欠かせません。基礎にまだまだ不安がある場合は、高3の夏休みまでは実力を養成する期間と考え、まずは基礎(教科書の学習)を一通り終わらせることに努めましょう。その際、論述対策を意識し、重要語句を拾うだけでなく、因果関係や横のつながりなどを考えながら読むと効果があります。

★みなさんの体験談、教えてください!
投稿者:
コメント:
+論述対策におすすめの問題集・参考書を教えてください。
論述対策におすすめの問題集・参考書を教えてください。

 Z会の書籍としては、『段階式 世界史論述のトレーニング』が挙げられます。

★みなさんの利用していた参考書・問題集やおすすめの参考書・問題集を教えてください(+できればその使い方も)。
投稿者:
コメント:

+論述問題の場合、年も入れないと減点か。
論述問題の場合、年も入れないと減点か。

 年を書かないと常に減点されるというわけではありませんが、年が必要とされる場合もあります(字数にもよりますが、多い場合は特に)。ある事件の展開を説明するような問題では、大きな転機となる年は示してあるとよいでしょう。場合によっては大まかに「○世紀後半」程度でもよい場合もあります。模範解答などを参照しながら、どの程度まで入れるかの目安をつけておくとよいでしょう。
 なお、各事件を時間軸に沿って理解していくためにも年は大変有効ですから、重要なものはできるだけ覚えるようにしてください。語呂合わせによる年代の覚え方を示した薄めの参考書1冊を使って、重要事項を中心に正確な年を覚えておくだけでも随分違います。1つの年を覚えれば事件の前後関係から、他の事項の年も芋づる式に思い出せるようになってきます。

+論述問題で知らない語句が指定語句として出たらどうするのがよいか。
論述問題で知らない語句が指定語句として出たらどうするのがよいか。

 指定語句は出題者が意図する論述(解答)の方向性を示す場合が多く、すべて使用することがもちろん理想ですから、「ちょっと自信がない」程度の語句でしたら、なるべく使用したほうがよいでしょう。ただし、どうしてもわからなければ、その語句は使用しないほうが無難です。指定語句は正しく使用されて初めて点を与えられるはずです。誤っているとわかっていて、強引にメチャクチャな使い方をしても、減点の対象になるだけです。また、場合によっては論述全体が誤っているように見られてしまうでしょう。間違っていると確信しながら使用することはお勧めできません。
 ただし、少しでもわかる部分があるのなら、わかる範囲で使用しておきましょう。
 また、指定語句を全部使っていないときの得点については、各大学の採点の基準が公開されていないので、明言することはできませんが、1つ使用しない程度なら減点になるだけかと思われます。書かなければ0点は確実ですが、書けば部分点をもらえる可能性があるのですから、わかる範囲で頑張って書くようにしましょう。

正誤問題について

+正誤文の問題が苦手です。どうすれば得意になりますか?
正誤文の問題が苦手です。どうすれば得意になりますか?

 細かい部分まで正確に覚えていないと正解できないので、用語を単に暗記するだけではなく、用語の意味などもしっかり覚えるようにする、というのが前提です。
 また、選択肢のどこを見ればよいのか、というコツは、問題演習をしていくうちにカンが養われるので、できるだけ多くの問題にあたるとよいでしょう。その際、「何となくこれ?」と答えを選ぶのではなく、誤りの選択肢のどこが違っているのか指摘して、自分で正しい語句に訂正する、という方法で学習していくと、力がつきます。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
投稿者:
コメント:
+センター試験の正誤問題が苦手ですが、どう対策すればよいですか。
センター試験の正誤問題が苦手ですが、どう対策すればよいですか。

 センター試験で頻出の正誤問題は、私大の個別試験でもよく出題されます。正誤問題は、単なる用語の暗記では太刀打ちできません。各事象の内容、背景、因果関係なども正確に覚えておくことが大切です。教科書の本文などを丁寧に読んでおくことが、実はとても有効です。
 そして、実際に問題を解く時のコツですが、各選択肢について、
 *掲げられているテーマと矛盾していないか(時代・内容など)を確認する
 *文章をある程度のまとまりで区切り、それぞれに間違いがないか(定義・因果関係・用語など)を1つずつ確認する
ようにすると、見落としが少なくなります。選択肢をざっと見て、まず明らかに不適切なものを消去した後で、1つ1つ丁寧に見ていくとより効果的です。試してみてください。

★みなさんのおすすめの方法、教えてください!
投稿者:
コメント:
+正誤問題対策におすすめの問題集・参考書を教えてください。
正誤問題対策におすすめの問題集・参考書を教えてください。

★みなさんの利用していた参考書・問題集やおすすめの参考書・問題集を教えてください(+できればその使い方も)。
  • 山川出版社の「世界史B正誤問題集」、センターなら「解決!センター世界史B」や「マーク式総合問題集 世界史B」がおすすめです。1回だけでなく、きちんと理解するまで繰り返しましょう。間違えたらその都度「世界史B用語集」や一問一答で確認して下さい。 -- 河合出版/Z会出版/山川出版社に特に感謝しているスーパー受験生(笑) (2012-12-13 16:36:34)
投稿者:
コメント:

学習計画表

関連書籍


このページの最終更新日時:2016/11/03 23:18:22
-
最終更新:2016年11月03日 23:18