教科別学習法 倫理

このページのタグ:倫理 教科別学習法 計画
-目次
目次

倫理の学習法の基本

 教科書(もしくは解説の詳しい参考書)をベースに、サブノートなどを併用して基本的知識を身につけ、問題集で問題演習を行ないましょう。

※みなさんのおすすめの倫理の学習法、教えてください。
  おすすめ書籍はこちらもチェック⇒ おすすめ倫理書籍ランキング
  • 倫理の学習のステップは、教科書や参考書を使った、思想・人物・時代背景の理解→用語を埋めていくスタイルのサブノートを使った、用語の整理および暗記→過去問などを使った、入試の出題形式に合わせた演習です。倫理は、outputよりも理解を重視したinputの方が大切なので、サブノートでの整理や過去問での演習の際には、間違えたらその都度基礎に戻って復習するようにしましょう。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 22:54:11)
投稿者:
コメント:

倫理の授業の取り組み方

予習
 予習の段階で教科書を読んでおくことは望ましいのですが、必ずしも予習の必要はありません。
授業中
 その代わり、授業中は板書を写すだけではなく、「ここが大事!」と先生が言った箇所は、マーカーで印をつけておきましょう。
復習
 自宅で復習を行う時に、教科書や参考書、資料集を用意して、マーカーの部分をきちんとまとめるようにしてください。
ノートの取り方
 ノートの取り方についてはこちらをご覧ください。

★授業への取り組み方(予習・復習・授業中)に関して、みなさんのおすすめの方法、お教えください。
  • 多くの学習時間を割くことができないこういった教科は、授業中にしっかりとノートをまとめてしまうのがお勧めです。授業の書き取りノートをそのまま、まとめノートにするつもりで、人物名、書籍、思想、などを自分がわかりやすいようにマークしまとめる。また、関連するものは吹き出しで「●●の項と関連」と書き込むなど、授業ノート自体を受験ノートに出来るような工夫をしましょう。 -- 2004年度北海道大学獣医学部入学 (2009-11-07 15:46:51)
  • 予習という形で取り組んではいませんでしたが、倫理に慣れるために重要なことは、倫理用語に慣れることだと考えて、勉強を始めた当初は、時間があったら教科書を眺めるようにして、概要をつかむことを心がけていました。予習をしたいという人は、教科書の重要単語を見ておくだけでも、授業中の学習の効率は上がるのではないかと思います。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 22:16:04)
  • 倫理で高得点を取るためには、倫理用語の理解が重要です。そのため、先生が説明をしてくださるライブの授業は、聞き逃さないようにしましょう。ノートに書き込む際には、用語と人物・時代の背景・別の用語とのつながりなど、他の語句と関連付けることを意識することで、復習する際にも授業の風景が浮かびやすくなり、覚えやすくなります。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 22:20:25)
  • 復習について。ノートを読みながら、授業の内容を思い出しましょう。こうすることで、用語の説明を自分でできる訓練になります。そのあとは教科書で用語だけでなく、前後の文章ごと覚えるように意識すると、リンクして覚えやすくなります。資料集などで図や絵を見るのも効果的です。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 22:28:37)
  • 倫理なんて所詮昔の人の妄想って思えばいんですよ。中二病をこじらせたみたいな。そんな感じで結構受け止め方が変わりますお。 後は授業だけ真面目に理解しつつ聞いてノートとって定期前の勉強でなんとかなります -- 名無しさん (2012-01-09 18:33:57)
投稿者:
コメント:

倫理の学習Q&A

+公民が苦手です。どうしたらよいですか?
公民が苦手です。どうしたらよいですか?

 教科書だけでは内容がよくわからない場合は、解説が詳しい参考書などを併用して学習しましょう。
 教科書のどこがポイントなのかがわからない場合は、ポイントを示した問題集(学研のきめる!センターシリーズ、東進のハンドブックなど)を使うとよいでしょう。
 選択肢のどこを読めばいいのかわからない場合は、Z会の『解決!センター 倫理[新装版]』がおすすめです(←選択肢のどこを見ればいいのかを示してある)。
 全体的にできなくて‥という場合は、サブノートなどで基本知識を一から確認することをおすすめします。

+教科書を勉強するだけでは試験に太刀打ちできないのですが,どうしたらよいですか?
教科書を勉強するだけでは試験に太刀打ちできないのですが,どうしたらよいですか?

 資料集併用で学習を進め、教科書に書かれている事項の周辺知識を押さえていきましょう。センターは基本的には教科書レベルの事項を問うていますが、現実の社会で起こっている出来事を具体例としてあげたりするため、理論を現実の出来事にうまくリンクできない人は、「教科書にはこんなこと書いてなかった!」ということがあります。「理論」と「現実の出来事」を結び付けるパイプを太くするためには、できるだけ多くの問題演習をやることが必要です。予想問題・過去問を用いて、演習をおこなっていきましょう。

+学校のテストではそこそこの点がとれるのですが,模試でよい点がとれません。どうすればよい点がとれるようになりますか?
学校のテストではそこそこの点がとれるのですが,模試でよい点がとれません。どうすればよい点がとれるようになりますか?

 範囲が決まっている問題では点がとれるが、決まっていないと点がとれない…というのは、前に勉強した範囲の内容を忘れてしまっているからだと思われます。地歴公民はやらなければ忘れてしまうので、既習範囲であっても繰り返し学習することが大事です。その際は、一問一答集などを活用するとよいでしょう。一日に何時間も勉強する必要はないので、ちょっとあいた時間(5分でも10分でも)に既習範囲を見直す、というのを定期的に繰り返すとよいと思います。何度やっても忘れる言葉にはチェックを入れておき、試験前に見直すようにするというのも一つの手です。

+正誤文の問題が苦手です。どうすれば得意になりますか?
正誤文の問題が苦手です。どうすれば得意になりますか?

 細かい部分まで正確に覚えていないと正解できないので、用語を単に暗記するだけではなく、用語の意味などもしっかり覚えるようにする、というのが前提です。
 また、選択肢のどこを見ればよいのか、というコツは、問題演習をしていくうちにカンが養われるので、できるだけ多くの問題にあたりましょう。その際、「何となくこれ?」と答えを選ぶのではなく、誤りの選択肢のどこが違っているのか指摘して、自分で正しい語句に訂正する、という方法で学習していくと、力がつきます。

+過去問は何年分やればよいですか?いつ頃から手をつければよいですか?
過去問は何年分やればよいですか?いつ頃から手をつければよいですか?

過去問活用法 をご覧ください。

+思想分野の学習法
思想分野の学習法

 倫理は、「なぜそういった考え方・思想をその人物は生み出したのか?」といった、思想の生まれた背景や内容について学ぶところに面白さがあります。「なぜ」を意識することで、記憶の定着率も格段に上がります。
 学校の授業では、先生が詳しく説明して下さるので、ノートにはそれらの補助的な言葉までメモしておくと、授業の内容を思い出しやすくなります。そして、教科書もよく読みこみましょう。教科書で太字になっている用語を書き出し、それぞれの用語について説明できるように練習すると、理解・暗記としては完璧だと思います。なお、同じ用語でも、時代や場面によって異なる意味で使われることもあるので、正しく使い分けることができるように心がけてください。
 学習のポイントとしては、それぞれの思想の時代背景や考え方の根拠を比較しながら、共通点や相違点を見つけることが大切です。例えば、デカルトの合理論とベーコンの経験論はものの見方においては反対であるが、近代科学の発展という目標においては共通性がみられるなど、比較をすることで思想の特徴をつかみやすくなります。

学習計画表

関連書籍


このページの最終更新日時:2012/01/09 18:33:57
このページの累積閲覧数: -
最終更新:2012年01月09日 18:33