理系数学 入試の核心 標準編 改訂版

このページのタグ:入試の核心 数学 書籍

■対象・レベル・用途(※対象・レベルの見方はこちら
日常学習 入試対策
入試基礎 センター 私立 国公立 難関私立 難関国公立

参考書 問題集

Z会出版編集部 編/
本体 1,000円+税/A5判/2色刷り/
本体 232ページ/別冊 64ページ/ISBN:978-4-86066-991-1/
発行年月:2014年3月

ご購入はこちら学参ドットコム



本書の目的

理系入試に必要な事項を標準~応用レベルでの問題演習を通して確認し、頻出・典型問題を押さえる

こんなあなたにおすすめです!

  • 理系学部合格を目指す受験生 ~最後の最後まで使える一冊~
    • 入試基礎演習を終えた、夏~秋以降の実戦演習期
    • 過去問に取り組む前に、必須知識や典型解法をひと通り確認しておきたいとき
    • 入試直前期に、重要なポイントを整理したいとき
  • とくに難関大の理系学部合格を目指す受験生 ~難関大合格のための頑丈な土台を築く~
    • 学校での学習をひと通り終え、入試に向けてより実戦に近い学習を行いたい春~夏の演習期
    • 難関大対策を本格的にはじめる前に、理系入試数学での頻出問題・典型問題に触れておきたいとき
    • 夏休みなどまとまった時間が取れるときに、短期間で集中して実力を養成したいとき
難関大をご志望の方は、本書籍を仕上げたあと、『理系数学 入試の核心 難関大編 改訂版』にも取り組まれることをおすすめします。

※『理系数学 入試の核心 標準編』の現行課程対応書籍です。


本書の構成・特長

本書は、問題編と解答・解説(本体)が分冊になっています。
問題編の巻頭には「チェック表」を設けてありますので、スケジュールを立てて学習を進めることができます。
 問題編 
理系学部の入試問題から標準レベルのものを150題厳選しました。同じ分野の問題3題を1回とした、計画的に取り組みやすい構成です。
入試数学における頻出テーマをくまなく学習することができます。新課程の入試に完全対応し、「整数」、「複素数平面」の章を新たに設けました。
理系入試で合否を分ける「式と曲線」、「複素数平面」、「極限」、「微分法・積分法」といった数学IIIの内容を特に重点的に扱っています。
 解答・解説(本体) 
解答・解説は、考え方解答解説核心はココ!で構成されています。
考え方では、その問題を解くうえでの着眼点を解説しています。
解答では、丁寧な解答を心がけました。また、解答の右に、解答の流れを図解する「Process」を設け、解法のポイントが一目でわかるようになっています。
解説では、その問題のテーマにおける重要事項を確認したり、解答とは異なるアプローチによる解法(別解)を説明したりしています。ここを読むことで、問題に対する理解が深まります。
核心はココ!では、その問題の中で、入試で特によく問われるポイントを、ページの一番下に短いフレーズで示しています。試験直前には、この部分を読むだけでも、はじめて出会う問題に取り組む際の手がかりを整理することができます。

本書のおすすめ利用法

1回あたりの学習時間の目安は1~2時間となっていますから、毎日1回分の演習をすると無理なく学習を進めることができます。
また、入試直前期の演習の場合、1日2回分をこなせば25日間で入試頻出のテーマをくまなく学習することができます。


レビュー

利用された感想や利用法を教えてください。
※“名前”には、大学生の方は、受験入試年度・大学・学部(学科)を、高校生の方は現在の学年を記していただけましたら幸いです。

  • 旧版の方が出来が良かった。 -- 名無しさん (2014-03-23 18:33:31)
  • 1カ所間違いを発見しました。 -- 名無しさん (2014-11-28 02:10:43)
  • p202の最後から2行目の式のlog|2-u|の前に−(マイナス)が必要ですが、抜けています。訂正をお願いします。 -- 名無しさん (2014-11-28 02:14:24)
  • 入試問題の核心は、入試問題に出題されたとき、合否の分かれ目になりそうなレベルの問題が各単元ごとに並べられているので、網羅的な復習に最適です。 -- 2014年 神戸大学医学部 (2015-09-21 18:20:48)
名前:
コメント:

関連項目他

関連項目

関連書籍


外部リンク



このページの最終更新日時:2018/11/02 16:10:29
このページの累積閲覧数: -