大学受験生 3~8月 化学の学習計画表案

このページのタグ:化学 学習計画表 計画
大学受験生3~8月の化学の学習計画表案を考えてみました。
[+]マークをクリックすると、表が現れます。


+個別試験で利用する、化学が得意な人(全範囲の履修が終わった人)
個別試験で利用する、化学が得意な人(全範囲の履修が終わった人)
3月 4月 5月 6月 7月 8月
化学基礎・化学 ・全範囲の総復習。
・理解が不十分・曖昧な単元・分野は、問題集で基本的な問題から解き直す。
・入試標準レベルの問題集に取り組み、典型的な問題の解法を習得していく。
【お薦め書籍】
化学 入試の核心 100題』(Z会)
2014 [実戦] 化学 重要問題集-化学基礎・化学?』(数研出版)
【お薦め講座】 【本科】入試演習理科地歴 理系化学

+個別試験で利用する、化学が得意な人(化学を履修中の人)
個別試験で利用する、化学が得意な人(化学を履修中の人)
3月 4月 5月 6月 7月 8月
化学基礎 ・全範囲の総復習。
・理解が不十分・曖昧な単元・分野は、問題集で基本的な問題から解き直す。
・入試標準レベルの問題集に取り組み、典型的な問題の解法を習得していく。
【お薦め書籍】
化学 入試の核心 100題』(Z会)
2014 [実戦] 化学 重要問題集-化学基礎・化学?』(数研出版)
化学 ・これまでの学習範囲の総復習。
・理解が不十分・曖昧な単元・分野は、問題集で基本的な問題から解き直す。
・化学については学校の授業の進度に合わせて、丁寧に予習・復習に取り組む。
・履修済みの範囲については、教科書傍用問題集レベルの問題がひととおり解けるようになったら、入試標準レベルの問題に取り組み始めるとよい。
【お薦め書籍】
化学 入試の核心 100題』(Z会)
2014 [実戦] 化学 重要問題集-化学基礎・化学?』(数研出版)
全般 【お薦め講座】 【本科】入試演習理科地歴 理系化学

+個別試験で利用する、化学が苦手な人(全範囲の履修が終わった人)
個別試験で利用する、化学が苦手な人(IIまで全範囲の履修が終わった人)
3月 4月 5月 6月 7月 8月
化学基礎・化学 ・教科書を熟読し、1章・1単元ずつ知識の定着・確認を図って教科書の“完全理解”を目指そう。
・問題集で理解度・定着度を確認すると効果的。
【お薦め書籍】 『化学 解法の焦点 理論編(新課程対応)』(Z会)、『化学 解法の焦点 無機・有機編(新課程対応)』(Z会)
【お薦め講座】 【本科】入試演習理科地歴 理系化学

+個別試験で利用する、化学が苦手な人(化学を履修中の人)
個別試験で利用する、化学が苦手な人(化学を履修中の人)
3月 4月 5月 6月 7月 8月
化学基礎 ・教科書を熟読し、1章・1単元ずつ知識の定着・確認を図って教科書の“完全理解”を目指そう。
・問題集で理解度・定着度を確認すると効果的。
【お薦め書籍】 『化学 解法の焦点 理論編(新課程対応)』(Z会)、『化学 解法の焦点 無機・有機編(新課程対応)』(Z会)
化学 ・これまでの学習範囲の総復習。教科書傍用問題集など、基礎的な問題集を解きなおす。 ・学校の授業の進度に合わせて、丁寧に予習・復習に取り組む。
・教科書の章末問題や教科書傍用問題集レベルの問題を解けるようにしておく。
・学習が終わった範囲について、標準レベルの問題に取り組む。
・過去問を1、2年分解いてみて、苦手な分野や出題形式を洗い出してもよいだろう。
【お薦め書籍】 『化学 解法の焦点 理論編(新課程対応)』(Z会)、『化学 解法の焦点 無機・有機編(新課程対応)』(Z会)
全般 【お薦め講座】 【本科】入試演習理科地歴 理系化学

+センター試験のみで利用する、化学基礎が得意な人
センター試験のみで利用する、化学基礎が得意な人
3月 4月 5月 6月 7月 8月
・これまでの学習範囲の総復習。
・教科書傍用問題集など、基礎的な問題集を解きなおす。
・未習範囲がある場合には、学校の授業の進度に合わせて、丁寧に予習・復習に取り組む。
・教科書の章末問題や教科書傍用問題集レベルの問題を解けるようにしておく。
・履修済みの範囲について、センターレベルの問題に取り組む。
・センター形式の問題集にどんどん取り組むと良い。
【お薦め書籍】 『解決!センター 化学基礎』(Z会)
【お薦め講座】 【専科】センター演習コース 化学基礎

+センター試験のみで利用する、化学基礎が苦手な人
センター試験のみで利用する、化学基礎が苦手な人
3月 4月 5月 6月 7月 8月
・これまでの学習範囲の総復習。
・教科書傍用問題集など、基礎的な問題集を解きなおす。
・未習範囲がある場合には、学校の授業の進度に合わせて、丁寧に予習・復習に取り組む。
・教科書の章末問題や教科書傍用問題集レベルの問題を解けるようにしておく。
・復習の際には参考書を併用し、苦手分野を徹底的に補うこと。間違えたところやわからなかったところだけでなく、その周辺の知識もまとめて整理しておくと効果的な復習になる。
【お薦め書籍】 『解決!センター 化学基礎』(Z会)、『シグマ基本問題集 化学基礎』(文英堂)
【お薦め講座】 【専科】センター演習コース 化学基礎

関連項目



このページの最終更新日時:2014/07/23 11:32:32
-
最終更新:2014年07月23日 11:32