【レスキューシンクロ】

デッキの概要

レスキューキャットを用いてシンクロ召喚をし、高い攻撃力と制圧力でビートダウンするデッキ。
シンクロ召喚システムが登場した頃から存在しているデッキジャンルである。
【猫シンクロ】【シンクロキャット】とも呼ばれる。

デッキ構築に際して


モンスターカードについて

効果モンスター(準制限カード)
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、
デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体をフィールド上に特殊召喚する。
この方法で特殊召喚されたモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

効果モンスター(準制限カード)
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
このカードはリリースできない。
このカードは召喚・反転召喚に成功した時、守備表示になる。
1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てる事で、
自分のデッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
そのターン攻撃する事ができない。

チューナー(効果モンスター)
星3/地属性/獣族/攻1600/守 200
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の手札をランダムに1枚捨てる。 上記の3枚のカードはこのデッキにおいて必須カードであり、基本的にフル投入したい。
要のレスキューキャット召喚僧サモンプリーストが準制限カードとなり、かつての展開力は失ってしまった。

重要なのは、レスキューキャットからX-セイバー エアベルンと共にリクルートする獣族モンスターである。
以下に有用性のあるモンスターを挙げる。

N・ブラック・パンサー
相手フィールドに存在する強力な効果モンスターの効果を利用出来る。

デス・コアラ
壁に使える守備力と優秀なバーン効果を持つ。
このバーン効果はダーク・ダイブ・ボンバーを活用する場合に役立った。
これら二体に加え召喚僧サモンプリーストは闇属性であり、ダーク・アームド・ドラゴンの採用が検討出来る。
だが、事故の危険性もあるので、ダーク・アームド・ドラゴンを採用する場合は闇属性重視のデッキを構成すると良い。

コアラッコ
レスキューキャットからリクルートする事で、発動条件をすぐに満たせる。
X-セイバー エアベルンでモンスターを極力戦闘破壊しやすく、特にナチュル・ビーストがシンクロ召喚できる点はポイントが高い。
但し、単体では殆ど何も出来ない能力なので、ナチュル・ビーストに特化しない限りは複数枚採用する価値は低いだろう。

ライトロード・ハンター ライコウ
手札事故になりにくく、墓地肥やしも有効に働く。
王宮の弾圧等を破壊出来る可能性もあるため複数積みたいところだが、呼び出せるシンクロモンスターがレベル5に限られてしまうので難しいところ。
属性の面からカオス・ソーサラーの召喚補助にもなる。
異次元の狂獣
重要な低ステータスモンスターを除外する役目を持つ。 シンクロ召喚は行えなくなるが、コアラッコとの併用でその対象を広げる事が出来る。
主なターゲットであるゾンビキャリアゴブリンゾンビに規制が掛けられた事で優先順位度は大きく下がったが、墓地利用を封じる効果は今でも強力である。
またナチュル・パルキオンに繋げる事が出来る点も評価を上げている。

インフェルニティ・ビーストデス・ウォンバット
攻撃力がX-セイバー エアベルンと並んで高く、露払いの戦闘とシンクロ召喚を同時に行いたい時に便利。
インフェルニティ・ビーストはダークモンスターのための墓地肥やし、デス・ウォンバットナチュル・パルキオンのシンクロ素材になるという利点があるため、デッキによって使い分けよう。
このタイプのデッキで採用が確定しているモンスターは、レスキューキャット×2、召喚僧サモンプリースト×2、X-セイバー エアベルン×3、リクルートする獣族モンスター数枚と、非常に少ない。
その為、残された枠は比較的自由にモンスターを採用できる。
戦闘によって破壊された時に発動するリクルーターは、貪欲な壺との相性も良いが、森の番人グリーン・バブーンの裁定変更により巨大ネズミは若干使いにくくなっている。
そのため、闇の誘惑ダーク・アームド・ドラゴンと相性の良いキラー・トマトを代わりに採用する事も考えられる。
メタを意識してライオウを採用し、これをサポートする形でオネストカオス・ソーサラーの採用も考えられる他、後述のようなタイプ等、手札事故軽減やシンクロモンスター特化など様々なカスタムが考えられる。
墓守の偵察者を3積みして墓守の番兵を1枚入れるとレベル7のシンクロモンスターを出しやすくなる。

エクストラデッキについて

普通のデッキでは採用されにくいシンクロモンスターを投入できるのがこのデッキの強みでもある。
ナチュル・ビーストはシンクロ素材がほぼX-セイバー エアベルンコアラッコの組み合わせに限られてしまうが、魔法カードの発動と効果を無効に出来るのは非常に優秀。

他にはアーカナイト・マジシャンや、相手の罠カードの発動を手札や場の損失なしで無効にできるナチュル・パルキオンも有力。
それぞれX-セイバー エアベルンと、前者は召喚僧サモンプリースト、後者は異次元の狂獣でのシンクロ召喚が基本となる。
前者の場合はレスキューキャット経由でX-セイバー エアベルンを2体出した後にシンクロすれば、X-セイバー エアベルンのハンデス効果も狙える場合が多い。
この時、守備表示でアーカナイト・マジシャンを召喚しておけば、魔力カウンターが外れた後も壁として機能する。

魔法・罠カードについて

召喚僧サモンプリーストを使用する以上、罠カードの投入をなるべく抑え、魔法カードの割合を多くしたい。
もしも腐っても召喚僧サモンプリーストのコストに出来るので複数枚積んでも手札事故を招きにくい。

  • 有力な魔法カード
貪欲な壺
墓地を増やす事が容易なため、2~3積みしたい。

洗脳-ブレインコントロール精神操作
シンクロ召喚のサポートとして採用圏内。ライオウなどのメタカード対策にもなる。
採用するのであれば、X-セイバー エアベルンの他にもチューナーを採用しておくのも良いだろう。

大寒波
安全に1ターンキルを行うために有効なカード。
王宮の弾圧を潰すことが出来る点は大きい。

月の書
非常に汎用性の高いカード。
王虎ワンフーライオウ等の対策としても有効。

ナチュル・ビーストを主軸とする場合、王宮のお触れ王宮の弾圧の採用も検討したい。
召喚僧サモンプリーストレスキューキャットを蘇生できるリミット・リバースも良いだろう。
あらかじめ伏せておき、こちらの大寒波にチェーンして発動出来れば強力である。
地霊術-「鉄」レスキューキャットで呼び出した地属性モンスターをリリースすることでレスキューキャットを再利用できる。
また、死のデッキ破壊ウイルスは、裏側守備表示の召喚僧サモンプリーストをリリース可能な事を覚えておこう。

派生デッキ

  • 【猫姫】
ローンファイア・ブロッサム椿姫ティタニアルを採用し墓地肥やしを高速化させたデッキタイプ。
【姫猫】と呼ばれる事も多く、どちらが主流かはコミュニティによるが、どちらでも通じるだろう。
序盤から貪欲な壺によって手札増強が出来るのが強み。
椿姫ティタニアルの効果によってナチュル・ビーストや、王宮の弾圧と言ったキーカードを守る事も可能である。
椿姫ティタニアルの攻撃力も十分高いのでシンクロ召喚までのアタッカーとしても使用出来る。
ロードポイズン王宮の弾圧に邪魔される事なく椿姫ティタニアルを特殊召喚する事が出来る。
レベル4なので召喚僧サモンプリーストで呼ぶことが出来、強制転移等で相手に送りつけて殴り、椿姫ティタニアルに繋ぐ、といった芸当も可能なので1~2枚投入しておくのも悪くない。

だが通常の【レスキューシンクロ】には無かった弱点として、最上級モンスターを積む事による手札事故が起きる可能性がある。
また、ローンファイア・ブロッサムを初手で2枚以上引いてしまうという事もある。
サンダー・ブレイクライトニング・ボルテックスのような手札コストタイプのカードで凌いだり、いざとなればキラー・トマトを特殊召喚出来るように、タイプを応用する必要がある。
サンダー・ブレイクは後述するツイスターのような使い方も出来るため、是非採用を検討したいカードである。

  • 【アーカナイトビート】
大寒波と相性が良く、小回りの利くアーカナイト・マジシャンをシンクロ召喚しやすくしたもの。スペルは違うが【AKB】と称される部類。
性質上、奈落の落とし穴の効果を受けにくいモンスターが大量に組み込めるデッキタイプであるが、その分上記以外のシンクロモンスターとX-セイバー エアベルンに矛先が向けられるので注意。
チューナー以外の魔法使い族は召喚僧サモンプリーストの他、墓守の偵察者墓守の番兵を採用する。
ライオウなどの1900ラインを止められる高い守備力に加え、優秀な効果を持つため場持ちが良く、手札に来てしまうと使いにくいX-セイバー エアベルンを有効に利用する事ができる。
属性の面で闇の誘惑ダーク・アームド・ドラゴンが使いやすくなっているので、比較的安定したデッキタイプだと言える。
リバース効果故抹殺の使徒精神操作に弱いが、月の書との相性が良い。

墓守の偵察者の効果でデッキからレベル4の墓守を特殊召喚し、レスキューキャットからダーク・ダイブ・ボンバー2体をシンクロ召喚し、効果と直接攻撃で合計8000ダメージを与えることができる。
相手フィールドにモンスターがいない上での条件だが、十分1ターンキルが出来る。
また、レベル4の墓守の代わりに墓守の呪術師を特殊召喚すれば、同じ流れでダーク・ダイブ・ボンバー氷結界の龍 ブリューナクをシンクロ召喚できる。
この場合氷結界の龍 ブリューナクの効果で除去を行うことができる上、上記のコンボと同じく丁度8000のダメージを与えることができる。
もちろん大寒波を発動しているのなら1ターンキルの確率が上がる。

このデッキの弱点

シンクロ召喚型のデッキに共通する弱点として、やはりフォッシル・ダイナ パキケファロ等の特殊召喚封じが一番怖い。
また、次元の裂け目閃光の追放者等を使われると要のレスキューキャットナチュル・ビーストが機能しなくなる。
幸い、大抵のモンスターはX-セイバー エアベルンで十分戦闘破壊でき、魔法・罠カードにはツイスター等を採用すると良い。

まず見ないだろうが、召喚制限-パワーフィルターも怖いカードの一種である。
召喚僧サモンプリーストによるレスキューキャットの特殊召喚が封じられ、レスキューキャットによるN・ブラック・パンサーコアラッコの特殊召喚が出来ない。
また、【アーカナイトビート】型においては主軸のアーカナイト・マジシャンのシンクロ召喚も封じられてしまう。
この点の対策でもツイスターは役に立つので、罠カードを絞る事で思い切って積んでしまうのも効果的。

他にも軸となるモンスターの攻撃力が低いので王虎ワンフー魔のデッキ破壊ウイルス連鎖除外も厳しい。
言ってしまえばマストカウンターとなるので、神の宣告で妨害してやろう。
しかし、このデッキの一番の弱点はなんといっても手札事故である。
レスキューキャットで呼ぶべきモンスターが手札に来てしまった場合、単体では場持ちが期待出来ず、後のシンクロ召喚の幅も狭めてしまう。
どれもディスアドバンテージとなるが、打ち出の小槌リロード手札抹殺手札断殺等を入れる事でこれを回避出来る。
前者2つはレスキューキャットによるシンクロ召喚のサポートにもなり、後者2つは墓地肥やしにも一役買ってくれる。
これらは全て魔法カードなので、もし腐ってしまっても召喚僧サモンプリーストのコストにしてしまえる。