狂戦士の魂

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狂戦士の魂:?

速攻魔法(2008/03月以降 禁止カード)(TF3オリジナル)
自分のバトルフェイズ時に自分フィールド上に存在するこのターン
直接攻撃を行った攻撃力1500以下のモンスター1体を選択し、
手札を全て捨てて発動する。自分のデッキからカードを1枚ドローして、
お互いに確認しモンスターカードだった場合、
そのカードを墓地へ送り相手ライフに選択したモンスターの攻撃力分のダメージを与える。
モンスター以外のカードをドローするまでこの効果を繰り返す。 
  • 解説:TF3オリジナルカード
読みは「バーサーカー・ソウル」。アニメ『遊戯王デュエルモンスターズ』の162話「ティマイオス発動せず」に登場した有名なアニメオリジナルカードである。 
手札を全て捨てるといったコストは大きいが、たちまち大逆転する可能性がある速攻魔法である。
オーバーキルが多発するせいなのか禁止カードになっている。

アニメと違う点は、モンスターの追加攻撃によるダメージではなく、効果によって相手プレイヤーにダメージを与えるということである。
つまりナイトメアを駆る死霊等の効果は、狂戦士の魂の発動前に直接攻撃した時のみとなる。
追加攻撃だった場合、逆巻く炎の精霊により簡単に1ターンキルとなってしまう。
また和睦の使者でダメージを0にされることもない。

発動させるためには、相手プレイヤーを直接攻撃する必要があるため、直接攻撃ができるモンスターと相性が良い。
しかし大抵は攻撃力が低く、その分多く追加ダメージを与える必要がある。

実際にはアニメのように8枚連続でモンスターカードを引くということは稀で、
連続でモンスターカードを引くのは狙わない限りは厳しく、3枚連続で引ければましな方といった所。
それでも運が良ければ相手のライフを0にすることができ、
最低でもモンスターカード以外のカードを1枚引くことができ、墓地を肥やすことができるため、
強いカードなのは間違いないだろう。
このカードをデッキに組むとして特に注意したいのが、【王虎ワンフー】や【デス・ウォンバット】などである。
前者は攻撃1400以下のモンスターを全て破壊されカードの発動自体が困難になったりするし、
後者は効果ダメージ無効にするため、【狂戦士の魂】が無駄になってしまう。
ただモンスターカードだけ入れても負ける確率は高くなるだけなので、ある程度は罠や魔法カードは入れた方がいいだろう。

レインボー・ライフをチェーンされると悲惨なことになる。

なお、モンスターが墓地に送られた時に発動する効果は狂戦士の魂の効果終了後に処理されるため、
コカローチ・ナイトとの無限ループコンボはできない。

残りの山札が全てモンスターカードで、相手を倒す前に全て引いてしまった場合は負けとなる。
ちなみに相手のライフが0になっても処理は続き、そのままデッキが0になってしまった場合は引き分けとなる。

TF4であれば、ハンデデュエルにより不確定ながらアニメのようなオーバーキルを味わえる。
このカード1枚と遺言の仮面1枚、残りは直接攻撃可能な攻撃力1500以下のモンスターで埋め60枚のデッキを作成。
ディスティニードローをこのカードのみに設定。
ハンデを「大」以上にし、なるべく後攻を選ぶ。
即ディスティニードローを発動させこのカードを手札に加えて直接攻撃が通れば、高確率でワンターンキルが完成する。
ただし、何らかの方法で妨害されればほぼ終了。
一応CPUの思考として低攻撃力のモンスターの攻撃は例えカウンター方法があっても通すことが多い。
言うまでもないが遺言の仮面が初期手札にあれば発動させデッキに戻しておくこと。
この手順が失敗する可能性としては、
  • ハンデのため即ライフを削られる。
  • ハンデのため増えている相手ライフを削りきれない。
などなど。運が絡むためハート稼ぎには向かない。

  • 関連カード 
  • ゲーム別収録パック:No.無し
DS2010パックパック-(P)10:?(P)10 未チェック
WiiDT1パックパック-(P)DT1:?(P)DT1 未チェック

DS2009パックパック:無し
PSPTF4パックパック-(P)TF4:UMD連動(3作品) TFオリジナルカード

DS2008パックパック:無し
PSPTF3パックパック?(P):UMD連動(2作品) TF3オリジナルカード