OCGと異なる仕様

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスターの召喚時に手札・墓地のモンスターの起動効果を発動できない

起動効果について、モンスターの召喚成功時に優先権を行使して発動できるのはフィールド上に存在するモンスターの起動効果のみである。
手札・墓地に存在するモンスターの起動効果(サンダー・ドラゴン、馬頭鬼など)を召喚・反転召喚・特殊召喚成功時のタイミングで発動することはできない。
OCGでは手札・墓地のモンスターに関しても召喚成功時のタイミングでも起動効果を発動できる。

上級トゥーンモンスターの召喚

上級トゥーンモンスターの特殊召喚が「リリースの必要な特殊召喚」ではなく、「アドバンス召喚」扱いの特殊召喚になっている(カードテキストはOCGと同じ)
  • スケープ・ゴートで出した羊トークン(アドバンス召喚以外でリリース可)をリリースに使えない(別の素材があればリリースできるようになる)
  • 極限への衝動で出したソウルトークン(アドバンス召喚にのみリリース可)をリリースに使える(別の素材があるとリリースできなくなる)
  • 上記のソウルトークンと羊トークンが存在する場合、ソウルトークンがリリースに使えず羊トークンがリリースに使える(元に戻る)
  • 終焉の焔で出した黒焔トークンしかいない場合、リリースできるのは闇属性のトゥーン・ブラック・マジシャン・ガールとトゥーン・デーモンのみ
  • アンデットワールドが存在している場合、一切特殊召喚できない

  • 自由にリリースできるモンスターを置く
  • アドバンス召喚に使えるモンスターと使えないモンスターを置く
上記を満たすと元に戻る
素材が1体必要な上級トゥーンなら関係ないけど、
素材が2体必要な上級トゥーンの場合「羊トークン×1、ソウルトークン×2」だと仕様が元に戻って特殊召喚不可になる
ただし、アンデットワールドがあると素材が揃っても絶対に手札から特殊召喚できない(蘇生はできる)

最終更新:2010年07月18日 17:51