蝉山ひろと

感受性の強い登場人物たちによる、ツッコミ不在の大暴走を描く。
どこかがおかしい発想力で、優しく激しく悲劇的な世界観を作り出す。