梓「うん。それじゃ行こうか」

純「もうちょっと話そうよ…」

梓「律先輩は『ホル・ホース』」

純「ほう」

梓「律先輩は誰と組んでも、相性バッチリだし」

梓「担当もドラムでNo.1よりNo.2って感じでしょ」

純「なるほど」

純「でも、まさか澪先輩は某両右手の男じゃないよね?」

梓「………」

梓「…違う、よ」

純「ちゃんと否定してよ!?」

梓「唯先輩は『アヌビス神』ね」

梓「やっぱりあの成長性はすごいからね」

純「そうだね」

梓「それに、唯先輩もギー太とよく話をしてるし」

純「…唯先輩はギターに操られてるの?」

梓「憂は…」

ガチャ

唯「あ~ずにゃ~ん!」ムギュー

純「唯先輩!?どうしてここに!?」

唯「あずにゃんに会いたくて、はるばるやってきました!」

純「おお…」

梓「純、この唯先輩が本物だとでも?」

純「梓、せっかく唯先輩が来てくれたのに、無礼は駄目だよ」

梓「ふっ、承知の上の無礼だよ。こいつは唯先輩じゃない、今わかった!」

梓「この唯先輩は憂だ」

純「な、なにィー!!」

唯「ちょっと待って、『憂』!?いったい何を言っているのかわからないよ」

純「証拠はあるのか、梓!?いいかげんな推測は惑わすだけだぞ!!」

梓「この姉妹に共通する見分け方を発見した」

梓「それは…唯先輩は抱きついた時に胸の先に乳首が浮き出る」

唯「えっ!」

純「うそでしょ、梓!」

梓「ああ、うそだよ。だが…、マヌケは見つかったようだね」

唯「アッ!」

ゴゴゴゴゴ

ゴゴゴゴゴ

ゴゴゴ

憂「シブイねェ…」

憂「まったくおたくシブイぜ」

憂「たしかに私はお姉ちゃんじゃねー…本物のお姉ちゃんは今頃大学で寝ぼけているね」

梓「…と、いうわけで憂は『キャプテン・テニール』」

純「長いよ」

梓「先生は『ネーナ』」

純「どうして?」

梓「それはもちろん、ネーナと同じくあのものすごいすっぴんの上にカモフラージュを…」

純「待った。そこまでにしよう、後が怖いから」

梓「ムギ先輩は『フォーエバー』」

純「何故?」

梓「まず、あのあまりにも巨大なパワー」

純「うん」

梓「そして、一般的は異端とされる性癖」

純「…私には何も言えない」


梓「澪先輩は『死神13(デスサーティーン)』」

純「嫌な予感しかしないけど、理由は?」

梓「律先輩曰く、澪先輩の詞は、聞いた人を有無を言わさず『悪夢世界』に引きずりこむんだって」

純「さっきから何も言えない理由ばっかりじゃん」

梓「しょうがないよ、世の中ってそういう物だから」

純「割り切り良すぎる!」

純「ところで、あんたは何なのよ」

梓「私は、『ペット・ショップ』」

純「やっぱり動物なんだ」

梓「律先輩曰く、私はティータイムを阻む、地獄の門番だそうです」

純「私にとってもね」

梓「それから、よく意味がわからないんだけど、狙った獲物をどこまでも追跡する所だって」

純(気づいてないのか…)

※梓はN女子大を目指しています

梓「最後は純ね」

純「覚悟はできてからね、ドンとこい!」

梓「純は『イギー』」

純「ま、まともだ…。いや、理由を聞くまでは…」

梓「純は、イギーみたいにマイペースだし、好き勝手やってるしね」

梓「活躍も普段はそんなにしないけど、いざ始まった時はすごい大活躍だからね」

純「…何かさ、あんまりまともで驚いてるよ」

梓「そう?」

純「イギーかあ…。そう言われると合ってるかもね」

梓「うん、スタンドも『愚者』だし…」

純「何か言った?」

梓「ううん、別に」

純「ところでさ、私も、自分の立場を考えて色々用意してたんだよね」

梓「どんな?」

純「よくもやりやがったなァ これでおもいっきりてめーを恨めるというものだァァァァヒヒヒヒハハハハーッ!」

純「こんなに痛い苦しみははらさなくちゃあいかんなああああバババババーッ!」

純「…とか」

純「この、こえだめで生まれたゴキブリの××××野郎のくせに、おれの例えを!」

純「『ラバーソール』なんかにしようなんてよぉ~~~~~~!!」

純「こいつはメチャゆるさんよなああああ」バギバギ

純「…とか。レスリング部の友達とバックブリーカーの練習もしたのに」

梓「もっと自分を大切にしなよ」

~その頃

菫「♪」

直「待たせてごめん、部活行こう」

菫「うん」

直「何読んでるの?」

直「あっ、『きらら』の最新号だ!ねえ、後で見せてよ」

菫「うん、いいよ」

直「…新連載が始まったんだ?どんな漫画?」

菫「え~とね、ぐれーふらい先生の『まさくぅる!』だって!」

直「どんな漫画!?」




最終更新:2013年03月03日 22:08