竜王をやっつけた!

律「よーし、第一形態退治完了!」

竜王の姿がしだいに薄れてゆく……。

律「おおっ!薄い影みたいなのが急に巨大化してきやがった!」

なんと!竜王が正体をあらわした!

律「うわーっ、でけーな!メチャクチャリアルだな、これ。ともかく倒すのみだ!」


唯「うわーっ!すっごい大きい!」

澪「すごいな。枠からはみ出してるな。コマンドとかが竜王で隠れてるな」

紬「変身後の竜王は、他のモンスターよりもさらに一段と大きく表示してあるのよ。

  ちなみに、初代FCの変身後の竜王も、コマンドにはみ出すくらい大きく表示されてたみたいよ」


竜王があらわれた!コマンド?

律「まずは攻撃だ!」

りつのこうげき!

竜王に26ポイントのダメージ!!

竜王は激しい炎を吐いた!

りつは50ポイントのダメージをうけた!コマンド?

律「あっぢーぃ!!これ、かなりくるな。…やば、もう回復しないと。次は先制されませんように」

りつはベホイミを唱えた!

りつの傷が回復した!

竜王のこうげき!

りつは42ポイントのダメージをうけた!コマンド?

律「次は小ダメージの炎だから、攻撃だ!」

竜王は燃え盛る火炎を吐いた!

りつは14ポイントのダメージをうけた!

りつのこうげき!

竜王に25ポイントのダメージ!!コマンド?

律「次は、攻撃か火の息だな。火の息が来ますように」

竜王は火の息を吐き出した!

りつは12ポイントのダメージをうけた!

りつはベホイミを唱えた!

りつの傷が回復した!コマンド?

律「よーし、いいタイミングだ。次は激しい炎の番だな。この攻撃サイクルは同じみたいだな」

りつのこうげき!

竜王に22ポイントのダメージ!!

竜王は激しい炎を吐いた!

りつは50ポイントのダメージをうけた!コマンド?

律「あつつつつ…。次は回復だな。残りMPは…56か。ベホイミもあと7回か。ギリギリだな」

竜王のこうげき!

りつは35ポイントのダメージをうけた!

りつはベホイミを唱えた!

りつの傷が回復した!コマンド?

律「なかなか良いペースだな。次は小ダメージだから、攻撃一択だな」

りつのこうげき!

竜王に25ポイントのダメージ!!

竜王は燃え盛る火炎を吐いた!

りつは13ポイントのダメージをうけた!コマンド?

律「これなら、次に竜王が攻撃でも持ちこたえられるな。もう一発いっておくか」

竜王は火の息を吐き出した!

りつは12ポイントのダメージをうけた!

りつのこうげき!

竜王に26ポイントのダメージ!!コマンド?

律「ラッキーラッキー!次は激しい炎の番だが、HPの減りが少ないから、回復は薬草にするか」

りつは薬草を使った!

りつの傷が回復した!

竜王は激しい炎を吐いた!

りつは51ポイントのダメージをうけた!コマンド?


唯「大きくなった竜王はさすがに強いね。激しい炎だとりっちゃんのHPの半分ぐらいのダメージだし」

澪「どうやら、竜王の攻撃にサイクルがあるみたいだな。律のコメントでも次の攻撃を予感しているし。

  激しい炎→攻撃→弱い炎→攻撃か弱い炎→の繰り返しのようだな」

紬「りっちゃんもそのサイクルに合わせて、攻撃か回復かを選んでいるような感じだわね」

唯「うん、すごいよりっちゃん!」


竜王のこうげき!

りつは42ポイントのダメージをうけた!

りつのこうげき!

竜王に28ポイントのダメージ!!コマンド?

律「やばい、次のベホイミでMPが0だ。全然会心の一撃が出てくれないな。こりゃ負けるかもな」

竜王は燃え盛る火炎を吐いた!

りつは14ポイントのダメージをうけた!

りつはベホイミを唱えた!

りつの傷が回復した!コマンド?

律「あとは、ひたすら攻撃のみだ。頼む、会心の一撃よ、出てくれ!」

りつのこうげき!

竜王に25ポイントのダメージ!!

竜王のこうげき!

りつは42ポイントのダメージをうけた!コマンド?

律「次の激しい炎は多分持ちこたえられるが、その次の攻撃まで行くとアウトだな」

竜王は激しい炎を吐いた!

りつは51ポイントのダメージをうけた!

りつのこうげき!

竜王に28ポイントのダメージ!!

律「もう、最後の一刀だ。ここで先制されれば終わりだ。いっけー!」

律のこうげき!会心の一撃!

竜王に123ポイントのダメージ!!

竜王を倒した!

律「決ま…った……、よっしゃーーーーーーぁ!!!」

竜王をやっつけた!


唯「りっちゃん、やったね!」

澪「最後の最後で会心の一撃か。MPを使い切って絶体絶命だったのに、大どんでん返しだな。

  運も実力のうちだが、これは見事だったな」

紬「さすがりっちゃんね」


律「竜王が消えて、なんか落ちたぞ。ひょっとして、これが光の玉か?」

りつは光の玉を竜王の手から取り戻した!

律「竜王が光の玉に変わったような感じだな。光の玉と言っても全然まぶしくないな。何だこれ?」

ピカッ!!

律「うわっ、透かした途端に光りだした!」

光の玉をかざすと、まばゆいばかりの光が辺りにあふれ出す……。

ナ「世界に平和が戻ったのだ!

  今まで毒の沼地だった場所に花が咲き、モンスターが出現しなくなる」


唯「おぉーっ!なんかスゴイね、これ」

澪「画面に映る映像が、ナレーションの通りに変化しているな。

  フィールド上を映している画面が次々に切り替わって、

  その都度、見えてるモンスターが次々と消えて、毒の沼地が花畑に変わっていってる」

紬「このあたりは、オリジナルで演出が入ってるところみたいね。

  こんな感じで平和になりましたよって、動画で見せるみたいな感じだって聞いたわ」



フィールド

律「おおっ、毒の沼地だったところが全部花畑に変わっているな。オリジナル通りだが、

  こうやって見ると、クリアしたんだなってつくづく思うぜ。せっかくだし、色々巡ってみるか」


リムルダールの町

ナナ「やっとロッコに会えたの。もう、いつもトロくさくて嫌になっちゃうわ!

   え?ロッコの持ってた笛が、平和を取り戻すのために役に立ったの?ふ~ん……。

   ロッコったら、トロくさいだけじゃなかったのね……。ぽっ」

ロッコ「ありがとうございました。あなたのおかげで、彼女に嫌われなくてすみました。ほっ……」

律「はいはい、ご馳走様ご馳走様。何ていうか、ロッコとナナのセリフを聞くと、

  ドラクエって昔の世代のゲームなんだなって、つくづく思うぜ」


老人「さて、平和も戻ったことだし、わしは研究の続きをしようと思うんじゃよ。

   何度使っても壊れない、魔法の鍵の研究をな……」

律「鍵が使い捨てなのはドラクエⅠだけだしな。まあ、頑張ってくれ」



聖なるほこら

老人「よくぞやった、りつよ。精霊ルビス様もきっとお喜びのことじゃろう。

   ルビス様はこの地を作られたお方。そなたの事を見守っていたはずじゃぞ」

律「でも、Ⅰにはルビスは出てこないんだよな。でも、名前を出しておかないと、

  Ⅲ→Ⅰ→Ⅱの流れがつながらないんだっけな。さて、次に行くか」


雨のほこら

老人「その節はそなたの力を試させて欲しいなどと、失礼つかまつった。

   そなたこそ、誠のロトの血を引きし勇者!伝説の勇者の再来であった。

   そなたのことは、後々の世にきっと言い伝えられていくことじゃろう。見事じゃったぞ、りつよ」

律「この辺も、Ⅲ→Ⅰ→Ⅱの流れを感じさせるセリフだな。たしかⅢはこの場所に、

  ルビスの塔があったよな」



ガライの町

詩人「ララララー、世界に平和がやって来たあー♪

   ララララー、ありがとうありがとう、勇者りーつー♪

   と、いかがですか?まだ始めだけですが、きっと素晴らしい歌にして見せますよ!」

律「おっ、ガライの詩人の唄がうまくなっている。でも、ここは『ホゲ~!』のままでも面白いかもな」


ドムドーラ

律「いたいた。ここはクリア後に行くとガライがいるんだよな」

ガライ「おや?あなたには私の姿が見えるようですね。私の名はガライ。

    かつて、この地を旅していた吟遊詩人です。

    かつて、ここドムドーラも、それはそれはにぎやかな町でした」

    ほら、こうして目を閉じると、あの頃の情景が浮かび上がってきました」


澪「ひっ!ガライが消えた!」

唯「あっ、BGMが町のBGMに変わったよ。こんな演出もあるんだね」

紬「ここの演出はオリジナル通りなのよ」



城塞都市メルキド

商人「ありがとうございました。怪物たちに滅ぼされたドムドーラの人達も、これで浮かばれるでしょう。

   ユキノフ爺さん、再び世界に平和が来ましたよ!うっうっうっ……」

律「さっきドムドーラに行ったら、ガライの亡霊がいただけだったけどな。

  さて、他には目ぼしいセリフが聞けるところは無いし、ラダトーム城に戻るか」


ラダトーム城

律「せっかくだし、先に澪のところに行ってみるか。っていうか、このプレイでは行けるのかな?

  おっ、王様が下の階でお出迎えだ」

王「これ、りつ。どこへ行こうというのだ?」

律「澪の所に決まってるじゃないか。っていうか、やっぱり行かせてくれないんだな、これ。

  ま、いっか。どうせ下りてくるだろうし。王様、竜王倒して戻ってきたぜ」

王「これこれ、そなたは世界を救った英雄じゃぞ。もっと堂々として、皆の前で真っ直ぐに、

  その顔を見せてくれんか」

律「この融通の利かなさもオリジナル通りだな。仕方ないな」

王「おお!りつ!すべては古い言い伝えのままであった!

  すなわち、そなたこそは勇者ロトの血をひく者!

  そなたこそ、この世界を治めるにふさわしいお方なのじゃ!

  どうじゃ?このわしに代わってこの国を治めてくれるな?」

ナ「しかしあなたは言いました。もし私の治める国があるなら、それは私自身で探したいのですと」

律「あれっ?ここの部分、主人公のセリフだよな。何で私に言わせてくれないんだ?


唯「りっちゃんのセリフが、勝手に作られて進められちゃったね」

紬「ここはこういう風にしないと、きれいなエンディングにならないからじゃないかしら」

澪「だろうな。律のことだ。良く知っているから、裏をかくようなセリフを言うに違いないだろうし」


王「そうか……。そういうことならもう止めまい。りつよ、気をつけて旅立つのじゃぞ」

ローラ「待ってくださいませ!」

律「おっ、澪が階段から下りてきたぞ」

ローラ「そのあなたの旅に、ローラもお供しとうございます。

    このローラも連れてってくださいますね?」

律「もちろん、No!」

ローラ「そんな、ひどい…」


唯「困ってる澪ちゃん…じゃなかったローラ姫の顔が、ここでも映るんだね。カワイイ」

紬「あぁ、すごくいいわぁ…ハァハァ…」

澪「りつーっ!さっさとYesと言えー!!」

唯「…やっぱり、澪ちゃんはりっちゃんにYesって言って欲しいんだね!」

紬「やっぱりそうなのよね!…キラキラ」

澪「//////…ちが、そういう意味じゃなくてぇ!!!」


律「みんなの前で澪を困らせるのもなんだな。いいぜ、澪。一緒に行こうぜ!」

ローラ「うれしゅうございます」

王「さあ!りつの新しい旅立ちじゃ!」


唯「澪ちゃんをエスコートして進むりっちゃん、なんだか凛々しいね」

紬「あぁ…素敵だわ…。素敵なカップルだわ…」

澪「//////…」


律「おおっ、映像がエンドロールに切り替わった!名場面集みたいな感じになっているんだな。

  唯の映像と私の映像が半々で出ているな」


澪「エンドロール部分は、場面は同じでもプレイヤー視点とモニター視点では映像が全然違うな」

唯「私の映像もりっちゃんの映像も、違うカメラから撮影しましたーみたいな映像だね」

紬「プレイ中の特定の場所での行動は自動録画されていて、エンドロールの時に映し出されるの。

  もちろん、あの場面も…」

唯「あっ、ドラゴンを倒した後、りっちゃんが澪ちゃんをお姫様抱っこしているところだ!」

澪「//////…カーッ」

紬「やっぱりこの場面は素敵だわぁ……はふぅ…」


律「ふーっ、プレイ終了終了!」

紬「りっちゃん、お疲れ様」

澪「律、お疲れだったな」

唯「かっこよかったよ、りっちゃん!」

律「ありがとな」

紬「テストプレイも、唯ちゃんとりっちゃんの頑張りで、クリアのところまでできたから、

  レポートも余すところなく書き込めたし。あとは澪ちゃんの書き込みの内容と突合せて、

  一つにまとめたら完成ね」

律「で、このバイト代はいつもらえるんだ?」

紬「機器を会社に返却して、レポートの会社側の確認が完了したら、

  私の口座宛に4人分振り込まれる予定なの。来週ぐらいになるかしら?」



翌日朝 寮食堂

唯「みんな、おはよー」

紬「唯ちゃん、おはよう。昨日はお疲れ様」

律「唯、昨日はお疲れだったな。あのバイト、楽しかったよな」

唯「うん、すごく楽しかったよ。それにしても、りっちゃんかっこよかったね」

律「まあな。ドラクエなら、どんなゲームのハードでも対応できるって自信がついたぜ」

澪「その分調子に乗りすぎてたけどな。プレイが終わって唯と律が帰った後、

  ムギと二人でレポート内容の突合せをしたんだけど、結構時間がかかったんだぞ」

律「はいはーい、澪しゃん達には感謝してますわよー」

紬「ねぇみんな。またいつか同じようなテストプレイのバイトがあったら、また参加してみない?」

唯「うん、やるやるー」

律「もちろんだぜ。澪もするよな」

澪「う、うん…。でも今度は、プレイヤーもレポート担当も全員で交互にしような」

律「おっ、澪もやる気だな!でも、それがホラーっぽいものだったらどうする?」

澪「そういう極端な方に話を持っていくな!」

紬「まぁまぁ…。でも全員で交互の方が、色々意見も出てくるしね」

律「ムギのその笑顔、気になるなー。また妙な演出のあるものは持ってくるなよ」

唯「りっちゃん、妙な演出って?」

律「いまここで聞くなって。またそのうち教えてやるから」

紬「うふふふふ…」



終わり