純「やっぱりついてないよ〜。ほらほら、見てよ梓ぁ〜」

梓「ぶふーっ!!? ちょ、ちょっ、パンツずり下ろしながら何見せてんのよ純っ!!」

純「だって〜、おちんちんついてない……」

梓「ついてるわけないでしょー! 純は女の子なんだものっ」

純「その女の子を女にしたのは他でもない梓だけどねぇ……へっへっへ」

梓「そっ、それはお互い様でしょっ!///」

純「あーあ、私におちんちんがついてれば、梓をもっと気持ち良くしてあげられるのになぁ〜不幸だぁ〜!」

梓「なっなななっ、何言ってるのよ……」

純「あ、いっそのこと私が男の子だったらよかったのかな?」

梓「じゅ、純はそのままでいいんだよっ……」ぼそっ

純「ん、何か言った?」

梓「べべっ、別にっ! 私ってついてないなぁ…ってね」アセアセ

純「えっ何が? おちんちんが?」

梓「話を蒸し返すなぁーっ!」


おしまい♪