澪「何だよ?急に改まって」


律「うん、あのさ…」


澪「うん」


律「怒らない?」


澪「はっきり言えよ律らしくないぞ」


律「あ、あのさ…昔みたいに」


澪「昔みたいに何だ?」


律「りっちゃんって呼んでくれないか?」


澪「はい?」


律「嫌ならいいんだぜ!」


澪「いや、何で急にそんな事?」


律「たまにはさ?なっ?」


澪「何か企んでるのか?」


律「違うって!」


澪「何か恥ずかしいな///」


律「ねぇーお願い!みーおー」


澪「じゃあ、律も私の事」


律「何だよ?」


澪「澪ちゃんって呼ぶんだぞ///」


律「わかった!」


澪「じ、じゃあ言うぞ///」


律「うん///」ドキドキ


澪「り、りっちゃん///」


律「澪ちゃん」


澪「…」


律「…」


澪「…」


律「…」


澪律「///」じたばた ゴロンゴロン


澪「恥ずかしい///」

律「あはは本当に恥ずかしいぜ///」


澪「久しぶりだからな///」


律「なぁ、澪甘えて良い?」


澪「今日の律は甘えん坊だな」


律「みーおー」ギュッ


澪「よしよし」なでなで


律「えへへ~」


澪「でも、急にどうしたんだ?」


律「うん、梓にアドバイス貰ってさ」


澪「梓に?」




  部室


唯「澪ちゃんに甘えたい?」


律「うん、どうしたら良いかなって」


紬「唯ちゃんみたいにするとか?」


律「澪、怒るだろ…」


唯「澪ちゃんは恥ずかしがりやさんだからね~」


律「どうしたら良いかな?」


梓「そんなの簡単ですよ頼めば良いんじゃないですか」


律「簡単に言うなよ」


梓「何でですか?」

律「唯みたいに出来ねぇって…」


梓「唯先輩みたいにする必要なんてないですよ」


律「えっ?」


梓「ちゃんと頼めば甘えさせてくれますって」


律「そうかな?」


梓「大体、何を遠慮してるんですか?幼馴染みじゃないですか」


唯「そうだよ!りっちゃん頑張って」


紬「澪ちゃんとりっちゃんの仲だからきっと大丈夫よ~」


律「お、おう!」





澪「成る程な」


律「私だって澪に甘えたくなる時もあるんだよ」


澪「何時でも甘えて来たら良いんだぞ」

律「澪…」


澪「律は私が甘えたい時、寂しい時、嫌な顔しないで受け止めてくれる」


澪「昔から私を守ってくれてただろ?」

律「澪…みーおー」ガバッ


澪「よしよし可愛いな律は」なでなで


律「えへへ~みーおーみーおー」すりすり


澪「はいはい」なでなで




いつだって君は私を守ってくれた
いつだって私の事を想ってくれていた
だから私も律の全てを受け止めてあげたいんだ




大好きだぞ律



  おしまい