――― 公園・ベンチ

向井「」ジャージャージャカジャ

梓「」ジャジャジャジャージャジャ

向井「ここをもっと響かせたいんよね」

梓「…向井君」

向井「なんね?」

梓「やっぱり無理だよ…わたしと向井君じゃ技術が違いすぎr」

向井「KANKEIなぁ~い」

梓「え?」

向井「バンドミュージックに技術とか関係なか。みんなと音を合わせて、たのしー、たのしー、それで良いんじゃないですかね。」

梓「そ、それは向井君には技術があるから…」

向井「技術は一人でも手に入る。…でも音楽に一番必要なものは…バンドミュージックでしか手に入らん」

梓「一番必要なもの?」

向井「俺が思うに、梓ちゃんは見つけとったんじゃないですかね。今は、忘れているのでしょう。あの人らも忘れとるかもしれん。…俺は梓ちゃんたちと音を鳴らして思い出したんですがね。」

梓「ふふっ、ずるいね」

向井「すまんね」

梓「でも…」

向井「自信か?」

梓「うん、このままじゃみんなの中に入っていけないよ…」

向井「ではいいことを教えよう。貸せい」ガチャ

梓「あっ」

向井「フェンダームスタング…」トゥルトゥットゥトゥー

向井「こいつは小さいのに響くんですなー」ギューンンン

向井「小さいのに響くんですわー」ギュイギュイギュイイインン

向井「小さいのに響く…」スッ

梓「むったん…」ガチャ

むったん「…」

梓「向井君…」

向井「なんね?」

梓「曲の続き…作ろ?」


――― 部室・夕方

ガチャ

梓「た、ただいまー…」

唯「あずにゃんっ!!」

律「あずさっ!!どこいってたんだよ!?心配したじゃないかっ!!」

梓「す、すいません」ペコリ

紬「ずぶ濡れじゃない!!早く拭かないと…向井君も!!」

澪「向井が探してきてくれたのか?ありがとう」

向井「黒~い下着が透けて見える」

梓「ちょっとっ!!適当なこと言わないでよっ!!」

唯・澪・律・紬「……」

澪「あ、あの…梓、私たち…」

梓「先輩たちっ!!」

唯・澪・律・紬「ビクッ」

梓「さっきはごめんなさい。もう一度みんなと…バンドがしたいですっ!!」

唯「あずにゃん…」

律「当ったり前だろ!!そんなこと」

澪「梓…一緒につくろ」

紬「ふぇ…よかったあずさちゃ~ん」ウルウル

唯「あ~ず~にゃ~ん!!」ギュッ

梓「もうっ、唯先輩ってば。くっつかないでくださいよ~」

唯「だって、だって~」スンスン

梓「やれやれ」ナデナデ

唯「むったん、あずにゃんを連れ帰ってくれてほんとにありがt」

梓「唯先輩?」

唯「えっ?なに?」

梓「向井君のこと、むったんって呼ぶの禁止です!!わたしのムスタングと被ってるじゃないですか!?」

律「おっ!そういえばそーだなー」

唯「えぇ~、じゃあなんて呼べばいいの?」

梓「とにかく、むったんは禁止です!!」

唯「はい…」シュン

梓「それよりも…」

唯・澪・律・紬「???」

梓「さっき、向井君と一緒にコード進行考えてきました。ジャムりましょう!!」ガチャリ

律「よしっ!!望むところだ!!」

向井「探している焦燥の正体っ!!」

ジャージャージャカジャジャーカジャカジャガガリリリテリッリイボボジャラララジャカジャ

梓(…楽しい、楽しい、楽しい、楽しい、楽しいっ!!!)

梓(この感じだ…今、みんなと共有してる。この場にいるみんなで…確実に、確かなエネルギーを共有してる!!…これがバンドミュージックだっ!!)

梓(むったん…楽しいね!!むったん!!むったん!!)

…ジャーン

唯・澪・律・紬・梓・向井「………」

澪「す、すごいっ!!」

律「あぁ!!やったな!!」

紬「今までで一番よかったわ~」

唯「あずにゃんスゴイよーー」

梓「凄いです。みんなとのジャムだったから…あの曲がこんなになるなんて。」

律「梓!!曲名は?」

紬「何なの?梓ちゃん?」

梓「えぇ!?そんなまだ歌詞もついてないのに…」チラ

向井「」

梓「向井君…?」

向井「【おおキャンディ】」

梓「」ゴロゴロ



――― そして月日は流れ・3月

梓「先輩たち…行っちゃったね…」グスッ

向井「そーだねー」

梓「い、いつまでも落ち込んでいられないよね。これからは私たちが軽音部を引っ張っていくんだから」

向井「…」

梓「よっし!!泣くの終わりっ!!秀徳、ラーメン食べに行こうよ?今日はおごっちゃうよ」

向井「やめとく」

梓「あっ!?じゃあ、久しぶりにうち来る?昨日、お父さんが高そうなお酒買ってきたんだー」

向井「…」

梓「秀徳?どうしたの?」

向井「…」ガチャ

向井「貴様に~♪伝えたい~♪俺のこの…」

梓「あっ!?新曲??早く聞かせてよ?」

向井「…」ガチャリ

梓「えっ…ちょっとー、続きは?」

向井「センチメンタル過剰やね…」

梓「?? 秀徳、今日ちょっと変だよ。いつも変だけど…」

向井「今日はこれにて…フェードアウトッ」ダッ

梓「変なの…私も帰るか…」


――― 数日後・部室

梓「秀徳のヤツ!!今日も来ないっ!!なにやってんのよ…新歓でやる曲もまだ決めてないのに…」

ガラッ

梓「あっ!!秀徳っ…えっ?」

向井「」

梓「何その恰好?どこかにライヴしにいくの?」

向井「そーだねー」

梓「もっと早く言ってよ。だったら私も一緒に…」

向井「東京でバンド組むことになった」

梓「えっ!?」

向井「だから、これから引っ越すので」

梓「き、聞いてないよ。い、いつ決まったの?学校はどうするの?新歓は?軽音部は?」オロオロ

向井「…すまんね」

梓「そ、そんな…秀徳。バンドミュージック……わたし…また、一人で鳴らすの?そんなんじゃ響かないよっ!!秀徳も…東京で組むバンドで…バンドミュージックで響かせられるの?」

向井「言ったもんね。梓ちゃんには…思い出したって。思い出したから…今度はもっともっと響く…多くの皆さんに響く。梓ちゃんもやろ?思い出したんなら…忘れないのなら響くんじゃないですかね?」

梓「でも…わたし一人じゃ…」

向井「教えたけどね…」ガチャ

梓「あっ…」

向井「小さいのに…」トゥルトゥットゥトゥー

梓・向井「響く」ギュイイインン

向井「わかっとるな…それj」

梓「」ギュッ

向井「」

向井「繰り返さる、諸行は無常、それでも、やっぱり蘇る、性的衝動…」

梓「…冷凍都市の暮らし、アイツ、いつの間にか、姿くらまし…」

向井「…」

梓「…」

向井「…」

梓「…」

向井「…すまんね」

梓「がんばって…」


――― 4月・新入生歓迎会

タッタッタッタッタッタ…

さわ子「ふー、あぶないあぶない。遅刻するとこだったわー。」

ブー  
アナウンス「続いては、軽音楽部によるバンド演奏です。」

ワーワーパチパチ

ざわ子「バンド演奏…か。一人になったあずさちゃん…どんな演奏をみせてくれるの?」

ブー
トコトコトコ
アレーヒトリダケ?? バンドナノニ? ウーバーミタイナノカトオモッテター チッチャーーイ

さわ子「あずさちゃん…」

梓「えー、みなさんご入学おめでとうございます。軽音楽部、部長の中野梓です。」

パチ・・・パチ・・・

梓「現在、軽音楽部はわたし一人で活動しています。みなさんには私の演奏を聴いて、軽音楽の、バンドミュージックの素晴らしさについてぜひ知ってほしい。そして、軽音楽部で一緒に音を鳴らしてほしいと思っています。長い講釈垂れるつもりはありません。聞いてください。【自問自答】という曲です。」

トゥルルットゥートゥートゥトゥトゥルルットゥートゥートゥトゥトゥルルットゥートゥートゥトゥ

ザワザワ…

さわ子「あ、あずさちゃん……」


梓『新宿ぶらぶら武士一回死んで寝て起きたら朝焼けの赤富士…』

さわ子「何だろう…この音…今までのあの子と違う…」

梓『堕落が許される生活に甘んじている…』

さわ子「芯が強くて…荒々しくて…でも、儚くて…」

梓『KEMONOのようなスタイルで風切り、KABUKIMACHI…』

さわ子「何かを失ってしまった?…だけど、ネガティヴなものじゃない…」

梓『鈍感な頭抱え前進する俺、次々と目に飛び込んでくる人々のそれぞれ…』

さわ子「響いてる…確実に…梓ちゃん、あなた…」

梓『陰口叩いて溜飲を下げとる奴らや、徒党を組んで安心しきってる奴らや、さりげなく行われる裏切りや、孤独主義者のくだらんさや、自意識過剰と自尊心の拡大や、気休めの言葉や、一生の恥や、なげやりや、虚無や、繰り返される諸行無常や…』

さわ子「いつの間に…こんな音を出せるようになったの…」

ジャーンジャジャンジャージャジャジャーンジャジャンジャーン

梓『冷凍都市の暮らし、アイツ姿くらまし、冷凍都市の暮らし、アイツ姿くらまし、冷凍都市の暮らし、アイツ姿くらまし、冷凍都市の暮らし、アイツ姿くらまし、冷凍都市の暮らし、アイツ姿くらまし、冷凍都市の暮らし、アイツ姿くらまし…』

ワーワーワー パチパチパチ ウォー ナカノー

アナウンス「軽音楽部でしたー。つづいては…!?」


――― ステージ裏

梓「つ、つかれた~…」

梓「緊張も…、う、うまくできたかな?うん、きっと大丈夫だった…」

梓「よしっ!!このまま、新入部員募集のビラ配りにいっちゃおうっ!!」

ステージ係「あの~…」

梓「はいっ?なんですか?」

ステージ係「実はアンコールが入っちゃいまして…」

梓「え!?」チラ

モウイッキョクーーー  キャーーナカノセンパーイ アンコール ワーワー

梓「凄い…」

ステージ係「大丈夫ですか?お疲れみたいですけど…」

梓「はいっ!!もちろんです!!だって…わたしと」

梓「むったん…小さいのに響くんだもんね」


――― 某日・某所




最終更新:2013年04月15日 20:52