ピンポーン

和「はーい」ガチャ


「ゴーゴーゴーゴー!!」

「「「ラジャー!!」」」


ドタバタドタバタ


「A班、B班は2階に、C班は1階に回れ!!」

「「「ラジャー!!」」」

「各班機材のセットが完了し次第、無線連絡せよ!!」

「「「ラジャー!!」」」

「よーし、各員配置に着け!!!」

「「「ラジャー!!!!!」」」



和「」


和「」

「おっと、これは失礼しました。わたくしこういうモノで」

和「えっ?」



   チームKTBK 隊長 斎藤
                      」

和「……」

和「はっ?」


斎藤「実はこのお宅のお隣がある事件の現場になっているのです」

和「はぁ」

斎藤「したがって我々はここを対策本部として使用させていただきたく来た次第なのです」

和「使用させていただきたくっていうかもう使われてるし……」

 「つまりあなたたちは警察の特捜隊かなにかなんですね?」

斎藤「まあ、そのようなものですな」

和「……」

ピーピー

『C班、機材準備完了!!』

『A班、B班も並びに完了しました!!』

斎藤「よーし、そのまま監視に入れ!」

『『『ラジャー!!!』』』

斎藤「少々お騒がせいたしますが、ご理解の程よろしくお願い致します」

和「……」


ピーピー

斎藤「どうした!」

『こちらA班!コードネームY、JOEに接近!手にVを持っています!』

斎藤「なにぃ!?」

和(というか隣って……)

『C班より報告!Yが手にしているものは我々の想定しているサイズを超えています!』

『おそらくJOEもあのサイズは見たことがないものと思われます!』

斎藤「な、なんと……」

『B班です!JOE、カーテンを閉めました!その際こちらに気付かれた可能性があります!』

斎藤「なっ……撤収!撤収だ!!」

ピロリロリン

斎藤「!!?」

和「メールなってますよ?」


斎藤「……」


From 紬お嬢様
件名 non title
本文

邪魔したらどうなるかわかってるわよね


斎藤「」

和「ど、どうかしたんですか?斎藤さん?……斎藤さん!?」


――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――


『あら?唯、なんか嬉しそうね』

『えへへ~、実は明日イイコトがあるんだよ』

『イイコト?』

『うん!ムギちゃんがうちに遊びに来てくれるの』

『へぇー、そりゃ食いしん坊のあんたにはイイコトね』

『ケ、ケーキ目当てじゃないよ!?』

『じゃあ、他に何があるのよ』

『それはぁ……///』

『?』


――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

おわり


3