※唯いちご


―――――教室
唯「……んー」

唯「ん? ……んーっ」
 「ふぁぁ……」

唯「……あれ……」
 「太陽がオレンジ色……」

唯「……今何時?」

いちご「4時半」

唯「おぉ! こんな時間まで寝てたんだ」
 「早く部室に行かないと」

唯「って……あっ」
 「いちごちゃん! おはよぉ~」

いちご「おはよう」

唯「いちごちゃんはこんな時間に教室で何してたの?」

いちご「忘れ物があったから取りに来ただけ」

唯「そうなんだ~」

いちご「早く部活行けば?」

唯「あ、そうでした!」

唯「っしょ、っと」
 「ふんす! 準備万端です!」

唯「では、部室に行ってまいります!」

いちご「うん」

唯「……」

唯「いちごちゃんは部活は?」

いちご「……」
    「もう引退したけど」

唯「後輩のために練習見に行ったりとかはしないの?」

いちご「たまに」

唯「へぇ~、面倒見がいいんだねぇ~」

いちご「……」
    「部活は?」

唯「おぉ! そうだったそうだった……」
 「じゃあまたね~」

いちご「バイバイ」

唯「……」

タンタンタン...

唯「あっ、なんか今までで一番長くいちごちゃんと話してたかも!」

唯「えへへ~、なんだか嬉しいですなぁ~」

唯「……」

唯(そういえば、いちごちゃんとあんまり話したことないなぁ)

唯(……いちごちゃんって、本当はどんな子なんだろう?)

唯(もっと話してみたいなぁ)

唯(……)

唯(どうすればもっと話せるかな?)

唯「……ん~」

ゴツッ!

唯「あいたっ!」

―――――部室
ガチャリ
唯「みんな~遅れてごめ~ん」

紬「あっ、唯ちゃん」

律「おせーぞぉ、唯ぃ~」

唯「ごめんごめん……」
 「……ついつい熟睡してしまいました」

澪「よくもまぁ、あんなに熟睡できるよな、唯」

律「肩揺らしても全然反応ないもんな~」

唯「えへへ、まぁね!」

律「いや、褒めてねーから」

梓「全く、唯先輩はちょっとぐーたらすぎます」
 「もう少し、3年生という立場をわきまえるべきだと思います!」

律「そうだぞー、唯!」
 「私たちは受験という戦争の真っただ中にいるんだ」

律「ぐーたらしてたらあっという間に命を奪われるぞ」

澪「お前が言える立場じゃないけどな」

唯「あ、そういえば!」

紬「どうしたの?」

唯「今日ね、いちごちゃんと話したんだ」

澪「へー」

梓「いちごちゃん……って、誰ですか?」

澪「あぁ、いちごっていうのはな、私たちのクラスメイトだよ」

梓「そうなんですか」
  「あれ? それなら、話すのは別に珍しいことじゃないんじゃ?」

律「ところがどっこい、いちごはあんまり人と話さないんだ」
 「まぁ話すのが珍しいってわけでもないけどさ、クールですぱっ! とした感じの奴でなー」

紬「そういえば、私もあんまり長く話したことはないかも」

澪「それで? どんなこと話したんだ?」

唯「えっとね、時間とか、部活見に行ってるの? とかかな?」

律「んー、まぁ普通の話だな」

唯「それで、私はいちごちゃんと話して思ったのです」
 「もっといちごちゃんと話してみたいと!」

梓「なら話せばいいじゃないですか」

唯「んー、そうなんだけどさ」
 「普通に話すよりも、何か工夫して話しかけた方が、いろんないちごちゃんが見られると思うのです!」

澪「そうかも、しれないな」

唯「……何かいい方法とかないかな?」

律「んー」
 「やっぱり、いちごって言ったらあの髪だよな」

律「あの髪を弄ってやれば、なんか反応するんじゃないか?」

唯「なるほど~……」

澪「ギターとかもいいんじゃないか?」
 「いちごにギターを教えてあげるとかさ」

唯「おぉ! それもいいね!」

紬「私はやっぱりお菓子が良いんじゃないかな~って思う」

唯「お菓子は間違いないよね!」
 「……」

唯「ちなみに、今日のお菓子は……」

紬「今日はマドレーヌよ♪」

唯「いただきまっす!」

紬「めしあがれ~」

唯「ん~! おいひい!」モグモグ

澪「自然とお菓子にシフトしていったな」

唯「……あ」
 「あずにゃんはいい案無い?」

梓「私ですか?」
 「私は、その、いちごちゃ……いちご先輩と言う方がどんな方か分からないのでなんとも」

唯「それもそうだね」
 「よし、じゃあとりあえず髪、ギター、お菓子という3つの方法で」

唯「いちごちゃんにアプローチしていこうと思います!」

律「おう! 頑張れ!」

唯「がんばりまっす! ふんす!」

澪「いや、別に頑張ることでもないだろ」
 「……それより勉強を」

律「よーし! みんな今日は帰るぞー!」

唯「そだねー、暗くなる前に帰ろー」

澪「話を逸らすんじゃない!」

―――――翌日・放課後・教室
唯(昨日、皆で作戦会議をしました)

唯(いちごちゃんと話す3つの方法!)

唯(……よーし、まずは髪からいってみよーっと)

唯「いちごちゃん?」

いちご「何?」

唯「いちごちゃんの髪ってふわふわで気持ちよさそうだね」

いちご「別に気持ちよくないけど?」

唯「え~? そうかな~」
 「ちょっと触ってもいい?」

いちご「えっ、ヤダ」

唯「はぐっ……! そんなストレートに断られると……わ、私のハートが……」

いちご「嘘、別に良いよ」

唯「えっ! 良いの!?」

いちご「別に……」

唯「わーい♪」

唯(いちごちゃんって冗談? 言うんだ!)

唯「おぉ、やっぱりふわふわ」

唯「これ毎朝セットしてるの?」

いちご「……まぁ」

唯「へぇ、大変だねぇ」

いちご「大変じゃないよ」

いちご「……唯だって大変じゃないの」

唯「え? 何で?」

いちご「前、湿気が多いとくせが出てって話してたじゃん」

唯「あ~そういえば、そうかも!」
 「……そんな話良く聞いてたね~」

いちご「……」

いちご「部活は?」

唯「あっ、あー、そうだね!」
 「そろそろ行かなくちゃまた怒られちゃうかも」

唯「……いしょ」
 「今日は髪を触らせていただきまして、ありがとうございましたっ!」

唯「ばいばーい」

いちご「うん、バイバイ」

―――――部室
ガチャリ....キィ

律「おっ、唯来たか!」
 「……で、どうだった?」

唯「えへへ、髪に触らせてもらいました」
 「ふかふかで、気持ちよかったな~」

律「いや、聞きたいのはそっちじゃないって」
 「どんな話、反応したんだよ」

唯「あっ、そっか」
 「えっとね、いちごちゃん、冗談言ってたよ」

律「えっ、マジか!」

唯「うん! あと、人の話を良く聞いてるなーって思った」

律「へー、結構聞き流してそうだけどな」

唯「そんなことはないみたいだね~」

律「よし、まぁともかく髪作戦はまぁまぁ成功だな」

唯「はい! りっちゃん隊員のおかげでございます! ありがとうございました!」

律「うむ! よくやったぞ! 褒美にムギのお菓子をやろう!」

澪「いや、お前が偉そうに言うことじゃないだろ」

澪「次はどうするんだ?」

唯「次は、澪ちゃんの案で行きたいと思いまっす!」

梓「あぁ、ギターを教えてあげるとかですね」

紬「この案も意外な面が見れそうね」

律「ただ……唯が教えたらグダグダになりそうなんだよな」

唯「り、りっちゃんしどい……」

唯「私だってだてに2年以上ギターやってないもん」
 「初心者に教えるくらいなら余裕です!」

唯「憂に教えてあげたときだって」
 「あっという間にコードをマスターさせることができたんだよ!」

澪(それは憂ちゃんの覚えが良いからだろうな……)


唯「次もまた違ういちごちゃんが見れればいいな!」

唯「えへへ、楽しみだな~」


―――――放課後

唯(ふふふ、今日はギター作戦!)

唯(ギターでいちごちゃんともっと仲良くなってみせまっす!)

唯「いちごちゃん!」

いちご「ん……何?」

唯「ほら、見てみて、ギターだよ」
 「私のギター!」

いちご「うん、分かる」

唯「名前はね、ギー太って言うんだ」

いちご「ギー太?」

唯「そう、ギターのギー太」

いちご「あ、そう」

唯「えへへ、かわいいでしょ」

いちご「……」
    「うん、まぁ」

唯「だよねー!」

唯「でもね、皆は可愛い? って首かしげるんだ」
 「なんでだろ?」

唯「いちごちゃんはなんでだと思う?」

いちご「……え、知らない」

唯「だよねぇ……」

いちご「……」

いちご「でも」

唯「ん?」

いちご「……自分が可愛いって思うならそれでいいと思う」
    「人になんて言われても、別に関係ないじゃん」

いちご「だから、唯は、良いと思う」

唯「……そ、そうかなぁ」

いちご「うん」

唯「えへへ、ありがと~」

いちご「……別に」

唯「あ、そうだ」
 「ねぇ、いちごちゃん、ギター弾いてみない?」

いちご「え、別に良い……」

唯「まぁまぁ、そんなこと言わずに」

いちご「わっ……」

唯「このストラップをね、肩にかけるんだよ」

いちご「……」

唯「かけてあげるねー」

いちご「……ありがと」

唯「……いしょ」
 「わぁ! いちごちゃんギター似合ってるよ!」

いちご「……あ、そ」

唯「えへへへ……」
 「持ってみてどう?」

いちご「……」
    「結構重い」

唯「だよね~!」
 「だからね、演奏しているときとか、結構体力使うんだよ~」

いちご「そうなんだ」

唯「そうなのです、ライブは体力勝負なのです」
 「ムギちゃんのお菓子が無ければ、今頃私は灰になってしまっているのです……」

いちご(……high?)

唯「あ、ムギちゃんってね、いっつもお菓子持ってきてくれるんだ」
 「昨日はバウムクーヘンでした!」

いちご「ねぇ、唯」

唯「……ん? なぁに?」

いちご「……ギター弾くんじゃなかったの?」

唯「あ、そうだった!」
 「よっし、じゃあ、早速ギター弾いてみよう?」

いちご「うん」

唯「はい、じゃあピックもって」
 「あ、ピックって言うのは、この三角形の」

いちご「それは知ってる」

唯「ですよねー……」
 「でも、持ち方はさすがに知らないよね」

唯「ピックは、こういう風に指で挟むんだよ」

いちご「……」
    「こう?」

唯「お~! そうそう! 上手いね、いちごちゃん」

いちご「……別に褒められることしてないんだけど」

唯「で、力はあんまり入れないでね」
 「まずは、じゃーんってしてみよっか!」

いちご「……じゃーん、って?」

唯「一番上の弦にピックを当てて、力を入れないでそのまま下ろすんだよ」

いちご「……」

....

...ジャラァーン

唯「そうそう、そんな感じ!」

いちご「……音小さ」

唯「あ、こういうギターはね、アンプにつながないといつも聞いてるみたいな音が出ないんだよ!」

いちご「へぇ、そうなんだ」

唯「……あっ! そいえば……」

いちご「……何?」

唯「ちょっと待っててね!」
 「確か、前に」ガサゴソ

唯「あ、あったぁ!」

唯「これつけると、本当の音が出るよ!」

いちご「それがアンプ?」

唯「そう! ちっちゃい奴だけどね」
 「前にあずにゃんと買い物に行ったときに、見つけたんだ~」

唯「あ、あずにゃんっていうのは、2年生の子でね」

いちご「ねぇ、繋いでみてよ」

唯「あっ……うん!」
 「……よし、これで良いかな?」

唯「もう一回、じゃーんってしてみて?」

いちご「分かった」

....

...ギュァーンッ

いちご「……わ」

唯「ね! いつものギターの音がするでしょ」

いちご「……ほんとだ」ニコ

唯「あっ……!」

唯(いちごちゃんが笑った……!)
 (初めて見たよ~!)

唯(えへへ、笑顔見たのって、私が初めてじゃないかな~?)

唯(……なんだか、嬉しいかも!)

唯「じゃあ、次はコードだね!」
 「コードって言うのは、弦をね、指で押さえてねー」

いちご「あ、それはいい」

唯「……そ、そですか……」

いちご「……私はもういい、ありがと」
    「ギター、返すよ」

唯「あ、う、うん……」

いちご「……私が弾くより」
    「唯が弾いてるところ見たい」

唯「え?」

いちご「弾いてみて」

唯「……う、うん! 分かった、弾いてみるね」
 「何か、リクエストはありますかっ!」

いちご「……ん」
    「じゃあ、あのなんとかタイム」

唯「ふわふわ時間?」

いちご「そう、それ弾いて」

唯「うん、分かった!」

唯「……よっし、じゃあいきまっす!」
 「ふわふわ時間!」

いちご「……歌も入れて」

唯「はいはいっ! 任せて!」
 「……せーの」

ジャカジャカジャン ジャカジャカジャン ジャカジャン

ジャカジャカジャン ジャカジャカジャン ジャカジャン


唯「キミを見てると、いつもハートDOKI☆DOKI~♪」

揺れる思いはマシュマロみたいにふわふわ

いつもがんばる キミの横顔

ずぅと見てても 気付かないよね

夢の中なら 二人の距離 縮められるのにな

あぁカミサマお願い 二人だけの

DreamTime ください☆

お気に入りのうさちゃん抱いて 今夜もおやすみ

ふわふわ時間 ふわふわ時間 ふわふわ時間♪


ジャジャン ジャジャン ジャアーンッ

唯「……ふぅ」

唯「……えへへ、こんな感じかな~」
 「どうだった?」

いちご「……いいんじゃない?」

唯「そうかな? 良かったぁ」
 「頑張って弾いたかいがあったよ~」

いちご「……唯」

唯「ん? なぁに、いちごちゃん」

いちご「……」
    「そろそろ、私部活行かないと」

唯「あ、今日はあるんだ!」
 「ごめんね、なんか引き留めちゃって」

いちご「別に」
    「楽しかったし」

唯「そうかな~? そう言ってもらえると照れますなぁ~……」

いちご「……」
    「じゃあ、バイバイ」

唯「うん! また明日ね、いちごちゃん」

いちご「うん」

いちご「……」

いちご「……夢の中みたい」

――――部室
唯「ただ今まいりましたっ!」

澪「あ、唯」
 「……どうだった?」

唯「えへへ、今日も大成功~♪」
 「いろんないちごちゃんの素顔を見ることができました!」

澪「へぇ、たとえばどんな?」

唯「えっとね~……」
 (……)

唯(……あれ?)
 (いちごちゃんが笑ったこととか、秘密にしておきたい、かな)

唯(……別に、言ってもいいはずなのにな~)
 (何でだろう?)

唯「ギター持ってる姿がすっごくにあってた!」

澪「確かに似合いそうだな」

唯「それくらいかな?」

澪「えっ」

律「それだけかよ!」

唯「えへへ、ついつい教えるのに熱が入ってしまいまして……」

紬「うまく教えられた?」

唯「教えられたよ!」

律「本当かぁ?」

梓「唯先輩、間違ったコードとか教えてないですよね!?」

唯「え、コードは教えてないよ?」

澪「え?」

梓「じゃあ何教えてあげたんですか?」

唯「ピックの持ち方と、弾き方、かな~?」

澪「それって教えたって部類に入るのか……?」


紬「ねぇ、唯ちゃん」
 「次はどうするの?」

唯「次はお菓子作戦で行こっかな~」
 「……ってことでムギちゃん、お菓子お願いしまっす!」

紬「うん! 任せて!」

唯「……いちごちゃんってどんなお菓子が好きなんだろ」
 「聞いておけば良かったかなー?」

律「いちごは……甘いのが好きそうだなー」
 「いちご大福とか、いちごショートとか……いちごとかな!」

澪「見事に名前に引っ張られてるな」

紬「意外に、ビターなチョコレートとか」
 「大人っぽいものが好きかもしれないわよ?」

唯「……うーん……」
 「……まぁ、ムギちゃんチョイスに任せるよ」

紬「うん、わかったわ♪」

梓「結局人任せですか……」

唯「ムギちゃんチョイスははずれが無いので!」

律「そればっかりは、私も同感だ」

澪「まぁ、そうだな」

梓「そうですね」


後に昆布とひじきのプラマンジャが出る事を、彼女たちはまだ知らない。

―――――唯・自宅
唯「……♪」

ジャカジャカジャカ...

唯「……」

ジャラァーン...

唯「んー」

唯「……」

唯(いちごちゃん、お菓子持って行ったらどんな反応するのかな?)

唯(……そもそも、お菓子好きかな?)

唯(最初は、ただの好奇心? みたいなものだったのに)

唯(いつの間にか、楽しくなってるみたい)

唯(……)

唯「えへへ……」

唯(次は、どんな顔を見せてくれるのかな~♪)


―――――
唯(今日はお菓子作戦で行くよ!)

唯(ムギちゃんにお菓子ももらったし)

唯(あ、ちなみにお菓子はケーキみたいです)

唯(早速いちごちゃんに声をかけに行こう!)

唯「いちごちゃん!」

いちご「唯」

唯「今日はお菓子があるんだけどね」
 「一緒に食べよ~♪」

いちご「……別に良いけど」

唯「やった~! えへへ、ちょっと待ってね」
 「今日のお菓子は何かな~」

いちご「えっ」

唯「え? どうしたの?」

いちご「……お菓子ってそういうやつ?」

唯「あれ? ケーキとか、そういうのじゃだめだった?」

いちご「駄目じゃない」
    「でも、ポッキーとかそういうやつだと思ってたから」

唯「あ、そうなんだ~」

いちご「私、食べていいの?」

唯「うん、良いんだよ~、ちゃんと二つあるし!」

いちご「ふぅん」

唯「って言っても、私が買ってきたやつじゃないんだけどね」
 「ムギちゃんにお願いして……」

いちご「……あ、そう」

唯「ねえ、いちごちゃん、どっち食べる?」
 「いちごショートと、ガトーショコラがあるみたいだよ」

いちご「……」
    「じゃあガトーショコラ」

唯「はい、どーぞ」

いちご「ありがと」
    「……おいしそう」

唯「そだね! ムギちゃんの持ってくるお菓子はいっつもおいしいんだよ!」

いちご「……へぇ」

唯「じゃあいただきま~す♪」

いちご「いただきます」

唯「はむ……ん~♪」
 「おいひ~♪」

いちご「……ん、おいしい」

唯「ガトーショコラもおいしいの?」

いちご「うん」
    「食べる?」

唯「え、良いの!?」

いちご「別にいいけど」

唯「わーい! じゃあいただきま~す」
 「……はむ……」

唯「うん! こっちも美味しいよ~!」

いちご「私も唯の食べていい?」

唯「あ、どうぞどうぞ」

いちご「ありがと」

いちご「……」

いちご「おいしい」

唯「ね! どっちもおいしいよ! さすがムギちゃん!」

いちご「……」

いちご「……ねぇ、唯」

唯「ん? なぁに?」

いちご「ムギちゃん、ムギちゃんって」
    「……ちょっと、しつこい」

唯「えっ……あ、ご、ごめんね!」

いちご「……」

いちご「……はむ」

唯「……え、えへへ」

いちご「……」
    「私と」

唯「へ?」

いちご「……私といるときは、別の人の名前出さないでよ」

唯「え、ど、どうして?」

いちご「……」

唯「……?」

いちご「……嫉妬するから」

唯「へ? し、嫉妬?」

いちご「そう、嫉妬」

唯「なんで、他の人の名前出てきたら、嫉妬しちゃうの?」

いちご「……」
    「気になってる人が」

いちご「自分以外の人のこと話してるのって、嫌でしょ」

唯「……え? 気になってる、人……?」

いちご「ずっと気になってた」

いちご「二人で話したいと」

いちご「……神さまにお願いしてた」


いちご「二人で過ごしたいと夢見た時間くらい、二人だけで過ごしたい」

唯「……いちごちゃん」

いちご「……唯と、二人だけで」

いちご「……」

唯「……」

唯「あのさ、いちごちゃん」

いちご「……なに」

唯「……私ね、最初は」

唯「いちごちゃんと話して、どんな顔するんだろうなって思って」

唯「それで、また話してみたいなって思ってた」

いちご「……」

唯「でも、今はね」

唯「いちごちゃんと二人で話すのが楽しみで」

唯「……また、話したいって」

唯「この時間が待ち遠しくて」

唯「……仕方がないんだ」

唯「この気持ちって、いちごちゃんの気持ちと、似てるのかな?」

いちご「……」
    「少しは似てるかも」

唯「えへへ、そっか」

いちご「でも、まだ、私のとは違う」

唯「……うん」

唯「そうかもしれないね」

いちご「……もし」

いちご「唯が、私と同じ気持ちになったと思ったら」

いちご「……その時は」

いちご「また、ギター、教えて」

唯「ギター?」

いちご「そう」

いちご「また聞きたいから」

いちご「あの曲」


もう、その時にはきっと

夢では物足りなくなっているだろうけど。


唯「……うん!」


お願い、神様。

            (終わり)