純「あー、今日も雨だー」

憂「梅雨だもんねえ」

梓「この時期はギター持ってくるのも一苦労だよ」

憂「お姉ちゃんの苦労がようやくわかったよ」

純「確かに楽器も大変だけど髪の毛の方が大変なんだって」

梓「髪?ああ、修学旅行の時も言ってたね」

憂「うちに泊まった時もだよね」

純「私にとって毎朝洗面所は戦場なのだよ、梓君!」

梓「何そのノリ…」

憂「じゃあ百戦錬磨だね、純ちゃん!」

純「えっへん」

梓「え、そこ威張るトコなの?」

純「しっかし、ホントこの時期はゆーうつだよ。祝日もないから学校の休みも増えないし」

憂「でもほら、6月の花嫁はジューンブライドでおめでたいんじゃなかったっけ」

梓「純だけにね、ぷっ」

純「はぁ、梓…。あんたまでそんな事言うなんて…」

梓「え」

純「もう何回『ジューンブライドだね!』って言われてきたと思ってんの?!
いい加減耳にタコが出来てんのよ!」

梓「…ご、ごめんなさい」

純「だいたい、日本の気候じゃあジューンブライドは向いてないのよ。
だから梓と憂がこの時期に結婚式挙げるのも禁止という事で」

梓「け、け結婚って?!なんでそこまで話が飛ぶのよ!
それにそれは純の都合でしょうが!」

純「え。梓は憂と結婚したくないの?…はっ。まさか浮気?!」

梓「なっ?!」

憂「梓ちゃん、私とは遊びだったの…?」

梓「ちょ、憂まで悪乗りしないでよ」

憂「…でも、私は女神さまに祝福して貰えた方がいいなあ」

梓「憂?」

憂「だって今の法律じゃ同性婚は認められてないし。せめて、ね」

梓「…憂」

純「それでも、別にジューンブライドじゃなくてもいいじゃん」

憂「どうして?」

純「だって日本には八百万の神様がいるんだよ!」

梓「んん?」

憂「そ、それはそうだけど」

純「ほら、なんだっけ、神有月とかいうのがあるのは何処だっけ」

梓「それって、神無月の時はそこに全国の神様が集まってくるって話?どこだったかな…」

純「それそれ!えーと…」

憂「確か出雲地方に集まるんじゃなかった?」

純「そうそこ!えっと神無月だから…そう、10月にそこ行けばいいじゃない!
季節的にもちょうどいいし」

梓「純にとってはね」

純「ま、式とか挙げられるのかどうかは知らないけど」

梓「適当だ!」

憂「ふふっ」

憂「でも純ちゃんはすごいね、そっかって納得しちゃった」

梓「そうだね。ちょっと調べてみよっか、神有月の事」

純「っていうかさ、だいたいこの純ちゃんが味方なんだからとりあえず百人力だって」

梓「…純」

憂「…純ちゃん」

純「ちょ、誰かツッコんでよ!その反応は逆に恥ずかしい!」

憂「えへへー、純ちゃん」

純「なんで抱き着くの?!」

梓「くっ。うっかり感動しちゃったよ…」

純「うっかりかい!」



直「こんにちはー」

菫「遅くなりましたー」

直「はっ。平沢先輩が鈴木先輩に抱き着いて…!」

菫「しゅ、修羅場ですか?!」

梓「違うから。菫も奥田さんも落ち着いて。
奥田さんパソコン閉じて」

憂「純ちゃん、修羅場だって!」

純「なんで憂は楽しそうなのよ」

憂「えへへ。あ、奥田さんとスミーレちゃんのお茶入れなきゃね」

菫「お手伝いします」

梓「…梅雨だねって話してただけのはずだったんだけど」

直「どうしてこんな事になっているのでしょうか」

純「さあ?」

直「あ、六月と言えばジューンブライドじゃないですか、鈴木先輩」

菫「純先輩だけに?」

純「…」

梓「ぷっ」



純「もうそれはいいってばっ!」



おしまい!