※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「起こした方が良いかな?」

澪「ZZZ」


唯「気持ち良さそうだな」


唯「このままにしとこう」


澪「ZZZ」


唯「ちょっとくらい抱きしめても良いかな?」


澪「ZZZ」


唯「返事がないのはOKだよね」


唯「えへへ」ぎゅっ


唯「澪ちゃん柔らかい」ぎゅっ


唯「何時もは恥ずかしがって抱きしめさせてくれないもんね」


唯「私は澪ちゃんに沢山沢山抱きつきたいんだよ?」


澪「ZZZ」


唯「可愛い寝顔だな」


唯「澪ちゃん、ギター教えてくれてありがとう」


唯「覚えの悪い私の為に何度も何度も教えてくれたね」


唯「澪ちゃんは私の事どう思ってるのかな?」


唯「私は澪ちゃんの事大好きだよ」


唯「何で言えないのかな?」


唯「部屋に1人で居るとね、澪ちゃんの事ばかり考えて涙がでるんだ」


唯「澪ちゃんが居ないと沢山告白してるのにね」

唯「澪ちゃんを前にすると何も言えなくなるんだ」


唯「でもね、想いを伝えるのは私からが良いな」


唯「駄目な私だけど、それだけは譲れない」


唯「だから神様、もう少しだけ時間を下さい」


唯「もう少しで勇気を出せそうなんです」


唯「大好きだよ澪ちゃん」


唯「振られちゃうかもしれない」


唯「でも、この想いを伝える事は例え振られても絶対に後悔なんてしない」


唯「澪ちゃん、暖かい¨何だか私も眠くなってきちゃったな」





澪「う、うーん寝てたのか?」


唯「ZZZ」


澪「」


澪「な、何で唯が私に抱きついて寝てるんだ¨」


澪「可愛い寝顔だな」


澪「唯、唯は私の事どう思ってるんだ?」


澪「学祭の時、私を励ましてくれてありがとうな唯」


澪「最近、唯の事ばかり考えてしまうんだ」


澪「詞を書く時だって唯の事ばかり考えて¨」


澪「唯は梓みたいな可愛い子が好きなのか?」


澪「それとも律みたいな楽しいタイプか?」


澪「ムギみたいな包み込むタイプも唯には合うかもな」


澪「でも、私は¨」


澪「私は唯の中で一番になりたいんだ」


澪「私、なれるかな?」


澪「唯の一番になれるかな?」


澪「なれるかな?じゃ駄目だよな!」


澪「なるんだ唯の中で一番に」


澪「私、頑張るから」


澪「一番になって想いを伝えるんだ!」


澪「大好きだぞ唯」


澪「昨日、唯の事ばかり考えてたから寝不足みたいだよ¨」


澪「おやすみ唯」


澪「ZZZ」





律「これは一体?」


梓「唯先輩と澪先輩が¨」


紬「抱き合って寝てる¨」


律「なぁ、この二人って」


梓「確実に両想いですね」


紬「そうね、じれったいけど、それが良いわ~」


梓「告白出来るでしょうか?」


律「大丈夫さ、きっとな」


紬「見て、梓ちゃん二人の幸せそうな顔」


梓「この二人は誰にも引き裂けませんね」


律「さて、お邪魔虫は消えるとするか」


梓「本当ですね」


紬「二人とも起きたらびっくりね」クスッ


律「頑張れよ唯」


律「頑張れよ澪」


唯澪「ZZZ」ぎゅっ



おしまい



最終更新:2013年09月01日 20:03