純ハム「そう言えば梓だった」


唯ハム「あだ名はあずにゃんに決定だね!」


和ハム「あずにゃんか似合うと思うわ」


唯ハム「今日から君はあずにゃんだよ!」


梓「何か変なあだ名とか付けてるのかな¨」


律ハム「明日は朝も少し起きてようぜ」


澪ハム「何でだよ律?」


律ハム「人間が本当に朝おはようって言うか?確かめようぜ!」


和ハム「私も知りたい!」


憂ハム「頑張って起きましょう」


純ハム「おーう」


律ハム「ね、眠い¨」


唯ハム「も、もう少しだよりっちゃん」


澪ハム「想像以上に辛いな¨」


和ハム「あっ!起きて来たわよ」


紬「おはよう皆」


梓「おはよう」


菫「おはよう」


直「おはよう、沢山遊べた?」


憂ハム「本当におはようって言うんだ」


純ハム「人間って不思議だね」


律ハム「だ、駄目だおやすみなさいzzz」


紬「これでビデオは終わりね」


梓「楽しそうだったな」


直「今夜も遊ぶのかな?」


紬「きっとそうよ~」



午後


唯ハム「おトイレすっきりだよぉ」


菫「あっ!唯だよお姉ちゃん」


紬「トイレかな?」


菫「何かじっと見てるね」


唯ハム「ムギちゃんも菫ちゃんも何を食べてるの?」


菫「ケーキが気になるのかな?」


紬「これは人間の食べ物だから無理なの、ごめんね唯」


唯ハム「美味しそうだな~人間になると食べられるのか~」


紬「代わりにひまわりの種あげるわ~」


唯ハム「わーい!ムギちゃんありがとう~」カリカリ


菫「喜んでるね」



唯ハム「今日ねムギちゃんと菫ちゃんが凄く美味しそうな食べ物を食べてたんだよ!」


和ハム「どんな食べ物なの?唯」


唯ハム「ケーキって言ってたよ和ちゃん」


律ハム「ケーキ?見たかったな~」


澪ハム「可愛い名前だよな」


憂ハム「いつか食べて
みたいな」


純ハム「人間か¨良いな~」


和ハム「人間になったら、もっと一緒に居られるのに¨」


律和澪唯憂純「¨」



数年後


唯ハム「う、動けないよぉ¨」


律ハム「目が霞むぜ¨澪?澪?どこだ?」


澪ハム「律、私はここだぞ¨」


和ハム「そろそろ限界なのかもしれないわね¨」


憂ハム「まだまだ紬さん達と一緒に居たかったな¨」


純ハム「寂しい¨苦しいよ¨」


紬「先生!何とか¨何とかならないんですか!」


梓「お願いします!ハム達を助けて下さい!


菫「皆、頑張って!私達が助けてあげるからね!」


直「みんな¨しっかり」


獣医「残念ですが¨最早、手の施しようがありません」


唯ハム「ムギちゃんもあずにゃんも菫ちゃんも直ちゃんも泣いてる¨」


律ハム「よいしょよいしょ¨」


紬「り、律?」


律ハム「泣くなよムギ¨」ペロペロ


紬「律¨」ぽろぽろ


菫「ケーキ¨」


梓「えっ?」


菫「ケーキを最後に食べさせてあげようよ」


直「いつも羨ましそうに見てた¨」


紬「斉藤、とびっきり美味しいケーキを用意して¨お願い」


斉藤「はっ!直ちに」


紬「ほらっ、ケーキだよ¨お食べ」


唯ハム「これがケーキなんだ¨美味しい¨」


律ハム「憧れのケーキ¨」


澪ハム「綺麗でとっても美味しい¨」


和ハム「人間はこんな美味しい物を食べてたのね¨」


憂ハム「ありがとう紬さん¨」


純ハム「こんな美味しい物¨人間って狡いや¨」


唯ハム「も¨う¨駄目だ¨」


律ハム「ハム¨スターに¨生まれて良かっ¨た」


澪ハム「み、みん¨な¨ありがとう¨」


和ハム「逝く時も¨一緒¨よ¨」


憂ハム「み¨ん¨な¨大好き¨だ¨よ¨」


純ハム「今¨度¨は¨もっと長く¨一緒に¨」


和律澪唯憂純「あ¨り¨が¨と¨う¨」


和律澪唯憂純「」


獣医「ご臨終です¨」


紬「そ、そんな¨」ぽろぽろ


菫「うぐっ¨ひっく」


直「嫌¨生き返って¨」ぽろぽろ


梓「泣いちゃ¨泣いちゃ駄目です!」


紬「あ、梓ちゃん¨」


梓「ほらっ、こんなに幸せそうじゃないですか¨」


菫「はい¨」


直「とても幸せそう¨」


梓「泣くのは部屋で一人になってからです」


紬「うん!そうね!ありがとう唯律憂和澪純」


直「私達は幸せだったよ」


菫「貴女達の事は一生忘れない」


おしまい













おまけ


桜高校


紬「あの~合唱部の見学に」


律「軽音部ですか!」


紬「合唱部に¨」


律「軽音部に入りませんか!」


澪「こらっ律」

紬「律?」


律「私は田井中律」


澪「私は秋山澪」


紬(律?澪?)




律「入部希望者だぜ!」


律「平沢唯さん!」


紬(えっ?唯?)


唯「私、この部に入部します!」


紬「あ、あの唯ちゃん?」


唯「何?」


紬「もしかして、妹が居て名前は憂ちゃん?」


唯「ほぇ?何で知ってるの?」


紬「う、うんちょっとね」


紬(偶然よね?)


律「親睦を深める為パーティーしようぜ」


澪「どこでやるんだよ?」


紬「わ、私の家に来て」


唯「わーい!パーティーパーティー」


琴吹家


律「何か懐かしい感じがするな~」


澪「普通、こんな大きな家に来たら驚く筈なのにな」


唯「何か家に帰って来た気分だよぉ」


憂「何なんだろ¨」


紬「ここが私の部屋なの~」ガチャッ


梓「は、初めまして中野梓です」


菫「さ、斉藤菫です」


直「奥田直です」


純「遅れました~」


和「遅れてごめんなさい」


紬(あのモフモフ¨)


紬「純ちゃんと和ちゃん?」


純「は、はい鈴木純です」

和「真鍋和です」



梓「どういう事なんですか?ムギ先輩」


紬「実はね¨」


菫「そんなまさか¨」


直「じゃあ、あの人達は¨」

紬「唯達の生まれ変わりに間違いないわ」


唯「ムギちゃん、どうしたの?」


紬「みんな」


紬「また、会えたね」


律澪唯憂和純「?」


おしまい