梓「え?嘘w律先輩ってまだ経験無いんですかw」

律「は、はあ!?」ドキッ

律「そ、そそそんな訳ねーし!」あたふた

梓「へー?w経験あるんですか?w」にやにや

律「と、当然だろー!?今どき、高校生にもなってさぁ!」あせあせ

律「経験くらいあるに決まってんだろー!?」ドキドキ

梓「そうですよねーw」にやにや

律「お、おうっ!」

梓「それじゃあ聞かせてくださいよ~w」にやにや

律「へっ!?」びくっ

律「そっ、それはだなあ・・・えっと!」あたふた

梓「え~?wどうしたんですか律先ぱ~い?w」にやにや

律「そ、そうだっ!その手には乗らないぜー?」

梓「・・・はい?」

律「そうやって私にだけしゃべらせる気なんだろー!?」

律「梓から話せよ~」(ふう、これで回避できたぜー!)

梓「むっ、そう来ましたか・・・」

律「おうおう!聞いた方から話すもんだぜ~?w」にやにや

梓「はぁ、仕方ありませんね」

律「お、おう?言ってみろよお」(えっ?本当に梓は経験あるのか?)

梓「それじゃあ、私の初体験の話をしますね?」

律「う、うん・・・」ドキドキ

梓「私の初体験は先月の事です。場所はホテルを取ってくれたので、その部屋で」

律「へ、へー?」(うわっ、なんか生々しい)

梓「相手は・・・澪先輩ですw」にやにや

律「・・・えっ?」ドキッ

梓「あれー?wどうしましたぁ?律先輩w」にやにや

律「えっ?あ、き、聞き間違いかな?」

梓「私の初体験の相手は澪先輩です。先月澪先輩がホテルを取って、私を誘ってくれたんですw」

律「・・・え?」

梓「ビジネスホテル、って言うんですかね?それ用じゃない、普通のホテルにしてくれましたw」

梓「ああ、場所なんてどうでも良かったですよねwもっとどんな事をしたかを言いますねw」にやにや

律「ちょっ、ちょっと待ってっ!!?」

梓「なんですかぁ律先輩?w」にやにや

律「えっと、あれ?梓と、澪が・・・あれ?」

梓「あははっ。何でもないなら話を続けますね?w」にやにや

梓「澪先輩、すっごく優しくリードしてくれました。私のぎこちない動きにも『上手だよ』と言って励ましてくれましたしw」

梓「はぁ・・・本当にあの時は最高の瞬間でした///」うっとり


律「・・・。」

律「・・・嘘だ」

梓「はい?w」

律「澪が梓となんて・・・嘘だっ!!」

梓「嘘吐いてどうするんですか~w」にやにや

律「いい加減にしろよ梓?さっきからっ!適当な事言いやがって・・・!!」

梓「嘘じゃありませんよ~wあ、写真見ますか?w」にやにや

律「黙れっっ!!」

梓「どうしましたか律先輩?wそんなに怒鳴っちゃってw」にやにや

律「梓・・・てめえ!!」キッ

梓「あ、もしかしてえ、羨ましいですかあ?w私と澪先輩がした事、律先輩もしたかったんですよね~?w」にやにや

律「・・・ああ、そうだよ」

梓「あはっw」にやにや

律「澪・・・どうしてそんな・・・私じゃなくてっ、梓と・・・」ぐすっ

梓「あははっ!あはははは!!」ケラケラ

律「梓ぁ、てめえ・・・っ!」キッ

梓「やだなあwそんなに睨まないでくださいよ~w」にやにや

律「梓ぁあああああああっ!!」



律「私も誘えよな~。スキーに行くってんならさー」

梓「えへへ、本当は澪先輩が一人旅に行く予定だったんですよ。
そこに私が『澪先輩がどんな旅をしてるのか興味あります』って言って」

律「あー、たまにあいつ一人でどっかブラッと行くよな」

梓「『じゃあ梓もついて来るか?』みたいな話になりまして、それで計画を練るうちに何故かスキー旅行になったんですよ」

律「誘えよ!そのスキー旅行になった段階でみんなを誘えーっ!」

梓「嫌ですよ。せっかく澪先輩と二人っきりで旅行に行ける事になったのに、余計な人たちは誘えません!」

律「私らを『余計な人たち』とか言いやがったな!?」

梓「はぁ・・・本当に素晴らしい旅行でした!澪先輩ともいっぱいお話できましたし!」ふんすっ

律「へいへい。まったく、澪は後輩に人気あるよなー。いや、先輩にも同級生にも人気あんのか?」

梓「桜高生の憧れですからね、澪先輩は!」

律「我が部としても鼻が高いような、そうでもないような、だな」

梓「あ、ちなみにこれが写真です。せっかくなのでプリントアウトしてみました」ピラッ

律「梓、お前・・・」

梓「はい?」

律「雪山でも日焼けするんだな」

梓「ええ、初めてのスキーだったのでこんなに焼けるものとは知らなくて・・・」

律「真っ黒じゃねえか」

梓「雪山の日焼け対策って大事なんですねー」

おしまい!


オマケ

梓「あははっ!あはははは!!ずーっとその顔が見たかったんだよねえ!あずにゃん大勝利ー!」

律「梓ぁ、てめえ・・・っ!!」

梓「ねえ、澪先輩取られて今どんな気持ちー?私に澪先輩取られてどんな気持ち~!?w」にやにや

ドスッ!

梓「ぐえっ!?」

律「・・・こんな気持ち」